放浪息子

放浪息子(最終話:第11話)

▼最終話
余韻―。最終話のエンディングは、この作品が作り上げてきた世界観がフィナーレを迎える瞬間と、倒錯劇「ぼくは、おんなのこ」が、今まさに始まろうとするその瞬間、両方の余韻をいつまでもいつまでも漂わせる。エンドテロップを作中に重ねることなく、まるで映画のような暗闇の背景に浮き上がらせるその演出は、お見事!と言うしかない。

いろいろあった修一[ CV:畠山航輔 ]だけれど、気がついてみれば自分が「男の子」である現実を受け止め始めていた。そこに至るまでは紆余曲折があったけれど、改めて安那[ CV:堀江由衣 ]に「好き」という気持ちを伝えた時の修一は、間違えなく男の子だったはず。今もう一度、安那が「キス、したいの?」と聞けば、修一の答えは決まっているはず。

その一方で、よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]とかさおり[ CV:南里侑香 ]は、まだいろいろな感情を引きずっているように見える。どこにぶつけて良いか分からないその感情をもてあましている。そんな彼女たちも、おそらくこれからの修一を見続けていく事で、少しずつかもしれないけれど、何かが変わってくるはず。

原作が連載継続中ということもあり、ストーリーとしては完結を迎えることなくアニメは放送終了を迎えた。それでも、"この先"を予感させる最終話のストーリーはこの物語を締めくくるに十分な出来だったし、敢えて原作にすぐ手を出さず、この先の出来事を想像して楽しむのもアリだと思う。

▼流行りの男の娘?
原作者の志村貴子さんについて言えば、俺の中では「青い花」(連載継続中、欠かさず読んでおります)でお馴染み。その志村さん原作の放浪息子、連載開始は2002年だそうで。アニメとしてこの作品を受け入れる土台が、2010年にしてようやく出来上がった、ということだろう。だから決して、イロモノとしてアニメ化されたわけではない。それはこの全11話を見ていれば自明だ。ストーリー展開に少々唐突なところがあって、キャラクターの心理描写がストーリーを展開させる大きな要員になっているから、気を抜いてみていると完全に置いてかれます。これは志村さんの作風なんだけど、人によっては評価を下げる要因になったかもしれない。

▼深く掘り下げた心理描写
上に書いたとおり、この作品においてストーリーの進行に欠かせないキャラクターの心理描写。今、そのセリフを言った瞬間に修一やよしのは何を考えているのか?モノローグで心理描写をしているように見せているけれど、その実はもっと違う事を考えているんじゃないのか?好きとか嫌いとか、明確な回答が出ない部分で、常に悩み、自問自答する修一たち。表面だけでは決して伝わる事のないこの作品の面白さ。中学生という微妙な年齢をリアルに生きている感覚が、この作品の登場人物からは伝わってくる。

▼デジタル制作ならでは
この作品では、全編にわたってエフェクト処理がされていて、全体的に水彩絵の具で色を付けたような不思議な色調。この淡くてちょっと霞ががったような雰囲気が、とにかく放浪息子の世界観にピッタリ!昔のセルアニメでこれを実現するのは、おそらく困難だったと思う。これぞまさしく、制作のデジタル化の恩恵だ。その制作を手がけたのは、AICが新たに立ち上げた制作ライン、AIC Classicだ。流石に本数を増やしすぎじゃないか?と危惧していたんだけど、少なくともこの作品については100点満点。作品の雰囲気を壊すことなく、最初から最後まで丁寧に仕上げてくれた印象だ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (3)

放浪息子(第10話)

「女の子の格好をする事が好きな男の子」を取り巻く、ちょっと変わった、だけど平和な日常。そんな日常があっという間に、あっけなく崩れていく。サブタイトル「10+11」のとおり、今回は10話と11話の2話分をオンエア1話分に再編集した特別編とのこと。それ故にあっという間に過ぎていく時間、そして修一[ CV:畠山航輔 ]の変化。劇的すぎて着いていけない。保健室登校?安那[ CV:堀江由衣 ]とも別れちゃったの?(ノーカットの10話と11話はBlu-rayでとのことです。もともと放送は全11話予定なので、これも予定通りのはず。)

そんな環境でも、髪の毛を伸ばして背も伸びて雰囲気がちょっと変わった修一は、"倒錯劇"のために学校へ。よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]との関係も、[ CV:井口祐一 ]との関係も、大きく変わってはいないんだろうか?だとしても、今の修一を動かしているのはそれだけじゃないはずだ。

修一にとって、女の子の格好をして学校に行く意味は、単なる興味とか好奇心ではかった。自分の存在意義そのものだった。それを否定されたんだから、学校に行けなくなっても無理はない。だけど、土居[ CV:吉野裕行 ]に自分の心を思いっきりぶつけた。修一にとって大きな転機を迎えた夏休みとなりそう。

全11話のこの作品、次回でいよいよフィナーレか。修一は自分の性のギャップにどういう答えを出すのか。よしのは?さおり[ CV:南里侑香 ]は?連載継続中の原作をどのように着陸させるのか、見物だ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (2)

放浪息子(第9話)

あっという間に土居[ CV:吉野裕行 ]を見る目が変わった。8話で初めて登場した土居は、修一[ CV:畠山航輔 ]よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]とは住む世界の違う人、普通の人だと思っていた。だけど違った。

元々、土居が修一に対してそういう気持ちを心の何処かで持っていたのかもしれない。ユキさん[ CV:本田貴子 ]との出会いが、その蛇口をさらに緩めたきっかけになった事は確かだろうし、修一も土居の言葉に自分の本当にやりたい事、心の内で秘めていた願望に突き進む。よしのの男子制服、千鶴[ CV:千葉紗子 ]への相談。修一のモノローグ、「だけど、高槻さんは―」

今回の修一の行動は、いろいろな物が積み重なって、そしてあふれ出した結果だと思う。だけど、修一はたぶん自分の行動を後悔していないし、多くの人から軽蔑の目で見られたとしても、おそらくそれを気にする気持ちよりも、これが本当の自分!という気持ちの方が大きいんだと思う。修一がよしのに抱いていた感情は、あこがれであると同時に劣等感に近い物だったのかもしれない。

この作品の登場人物を見ていると、常に深く深く考えたくなってしまう。深く考えすぎなのかもしれないけど、やっぱり表面的な言葉ではこの作品の面白さは見えてこない気がする。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (1)

放浪息子(第8話)

(女装して)デート中の修一[ CV:畠山航輔 ]安那[ CV:堀江由衣 ]。そこに遭遇したのはよしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]さおり[ CV:南里侑香 ]・・・。この組み合わせはマズいんじゃないの?しかも4人でカラオケとは・・・。

"修一が好き"という理由で最近仲が良い気がするよしのとさおり。ベリーショートからちょっとだけ伸ばしたよしのの髪の毛はさおりの「前の方が好き」という言葉を受けてだろうか。よしのの"男の子"としての気持ちは、もしかしてさおりに少しずつ傾き始めているのか?しかし、カラオケルームの気まずい雰囲気はいかんともしがたく、特にさおりの不機嫌っぷりが・・。なんせよしのがバラしちゃうんだもんな~。よりによって安那に。

安那の「妹みたい」という言い方も気になる。修一本人が全く気にしてないのはちょっと鈍感すぎ?とも思うけど、安那の「してみたいの?」という言葉にうなずいていたら、きっと安那は修一にキスしてた。ちょっと不思議な距離感なんだけど、安那にとっても今の修一との関係は心地よいものなんだろうな。

微妙なバランスに見えるこの不思議なグループの中に、あんまり良い空気を持ち込みそうにない土居[ CV:吉野裕行 ]。妙に現実感のある土居の行動にちょっと不安を覚える・・。変にかき回して、修一やよしのが傷つくことになるんじゃないか。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪息子(第7話)

6話の感想で、「修一[ CV:畠山航輔 ]安那[ CV:堀江由衣 ]の間に何か起こりそう」とは書いたけれど、ここまでとは!しかも真穂[ CV:水樹奈々 ]のちょっとしたセリフから、二人が付き合う事になった真実が発覚!いや~、びっくりした。

告白シーンは回想で補完されたけれど、修一の告白も完全に勢いだったのに加えて、安那の受け答えがまさに彼女の性格を表しているようで凄く面白い。安那は回りくどい言い方とか、すごく嫌いなんだろうな。好きって言われて、「ありがとう。それで?」とう返しはなかなかできるもんじゃないぞ(笑)。

修一が安那と付き合う事になった事実を知ったよしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]は、やっぱり落ち込んじゃうかな~?と心配していたんだけど、拍子抜けするくらいにケロッとしてる。じゃあ本当にノーダメージ?いや、それだったらさおり[ CV:南里侑香 ]に修一と安那が付き合ってる事を言う?同じダメージを与えようとしたからじゃないか?と考えるのが普通だよね。

でもさおりにとっては、もうはっきりと分かるくらいに強烈なパンチだったようで。そこまで修一が好きだったのかと、改めてよく分かった。ところで、そんなさおりが髪の毛も束ねず、ちょっとけだるそうにソファーに横たわりながら「愛人になりたい・・」とつぶやくシーン。中学生とは思えない、何とも色気あるシーンだ。

そしてどうやら、さおりとよしのは休戦になりそうな雰囲気。まだ二人ともダメージは抜けきってないと思うけど、まずは一安心かな。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪息子(第6話)

文化祭、そして"ロミオとジュリエット"も無事に終了!修一[ CV:畠山航輔 ]さおり[ CV:南里侑香 ]に「格好いいね」と声をかけた時の緩やかな笑顔。そして「私の名前はあなたにこそふさわしい!」というあのセリフを言うときに、よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]をキッと射貫いたように見つめたあの表情。どちらも凄く印象的だった。

そして心配の種だった[ CV:井口祐一 ]のジュリエット。何とか無事にやり遂げたか。もちろん、みんな誠の本心を知らないからというのは分かるんだけど、それにしても残酷な言葉を平気で投げかけてくるよな~。誠も今回はよく頑張った。自分の本当の気持ちに嘘を付かなかったから、さおりも誠を認めてくれたんだと思う。その花束は二宮[ CV:水原薫 ]のだとすぐ分かったけど・・。

さて、今回ちょっとその動きが気になったのは読モ3人組の一人、安那[ CV: 堀江由衣]だ。敢えて修一の劇を見ずに帰ってしまった。ちょっとだけ修一のこと、気にかけてる?って素振りがあったのに、お化け屋敷の前でちょっと顔を合わせただけ。ここまでの流れを考えると、ちょっと不自然?いや、むしろ自然?

次回予告の彼女の表情を見るに、何か修一と安那の間で起こりそうな気配だ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪息子(第5話)

修一[ CV:畠山航輔 ]のロミオになるのは、果たしてよしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]なのか、それともさおり[ CV:南里侑香 ]なのか―。そんな息をのむ瞬間を楽しむことすらさせてくれない税所先生[ CV:中井和哉 ]の空回りっぷりがハンパじゃない・・・。まさかの抽選とは。

それでもロミオを引き当てたさおり。そしてジュリエットは[ CV:井口祐一 ]。う~む、そうきたか・・。修一と作り上げてきたはずの脚本が次々と外野によって汚され、それでも引き当てたロミオの役なのに、ジュリエットは修一じゃない。いつも冷たい表情をしているように見えるさおりだけに、表面的にはその感情をうかがい知る事は出来ない。

だけど校庭で作業をしている修一を見下ろして、思わず口に出たあの有名なセリフ。あれこそは彼女の本心だと思うし、誠も当然ながらにそれを悟ったんだろうな~。誠の場合はさおりが好きとか嫌いとかじゃなくて、純粋に「女の子のカッコで公の舞台に立てる!」という事実に喜びを感じているんだと思うけど。

その誠については今のところセーフだけど、修一は二宮[ CV:水原薫 ]のおかげでその趣味がバレた・・・。バレた割には意外と喜んでる?実は誰かに言いたくて、可愛い服を着た自分を見てもらいたくて仕方ないんだろうなぁ。千鶴[ CV:千葉紗子 ]のワクテカっぷりが凄かった(笑)。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪息子(第4話)

修一[ CV:畑山航輔 ]の告白を断ったはずのよしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]。彼女は、どうして修一との距離をそんなに近いまま保っていられるのか?その理由、何となく分かってきたような気がする。

あくまで俺が思うになんだけど、たぶんよしのは修一のことを嫌いじゃない。むしろ好きだと思う。一緒にいて楽しい、心を許す事が出来ると思っているはず。じゃあなんで修一を振ったのか?彼女にとって、男の子である修一の告白を受け入れるという事は、自分が女の子であることを認めることなんだと思う。それは彼女のアイデンティティにとって、許されない事態だよね。

じゃあもし、"よしの"という名前を挙げた修一が、女の子として告白をしてきたら?そしてそれは、よしの自身を男の子と認識した上であれば?それは現実にはあり得ない事。文化祭の劇の脚本とキャスティングの行方が気になる。

一方では完全に空回りしているさおり[ CV:南里侑香 ]。修一の部屋で脚本を書くはずが、何故かそこには[ CV:井口祐一 ]。「なんでいるの!」、俺もすげー思った(笑)。でも彼のアドバイス、意外にも相当に的確だよね。大人だ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪息子(第3話)

さおり[ CV:南里侑香 ]修一[ CV:畠山航輔 ]に対する気持ちが痛いほど伝わってくる。だけど彼女は、それを素直な自分の言葉に乗せて、修一にぶつける事が出来ない。そして自分に気持ちを向けてくれない修一の態度に、よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]の存在に苛立つ。

修一を自宅に招くときの、照れながらも思い切って誘ったさおりの表情。結んでいる髪の毛を下ろして、クローゼットに並んだ洋服から、修一に似合う服を選んでいる時の嬉しそうな表情。普段からいつも素直な自分を出していれば、もっと人気者になれそうなさおり。だけどたぶん、彼女はそんな媚びを売るような自分自身が嫌いなんだろうな・・。クールなようでいて、彼女の心は思春期らしい危ういバランスで保たれているかのようだ。

一方でよしのは、いよいよ女の子から女に変わり始めた自分の身体に嫌悪。修一はそんなよしのの身体をうらやみ、そしてよしのは修一の身体をうらやむ。それが単なる中学生の爽やかな恋愛という関係ではなく、それぞれ"倒錯"した性へのあこがれという事実。そこにはゴールや解決策があるんだろうか?それが簡単には見えないからこそ、修一やよしのの表情はいつも何か思い悩んでいるように見えてしまう。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (1)

放浪息子(第2話)

どうやら原作は小学生時代から物語がスタートしているらしく、1話の展開はアニメオリジナルのようだ。キャラの区別が付けにくいな~なんて思ってもいたんだけど、もうそんな心配は2話で完全に消滅だ。強烈なインパクトを持っているキャラは千鶴[ CV:千葉紗子 ]なのに、修一[ CV:畠山航輔 ]の周りの登場人物が、とにかく自然にスッと頭に入ってくる。

そして修一を取り巻く複雑な人間関係も徐々に理解が進む。今回の主役はさおり[ CV:南里侑香 ]。普通、こういう女の子って孤立して、もう自分ではどうしようもない所まで行ってしまいそうなんだけどね。よしの[ CV:瀬戸麻沙美 ]にしても、かなこ[ CV:南條愛乃 ]にしても、中学1年とは思えないほど大人だよね。

修一にフォーカスした展開は少なかったけれど、「女の子みたい」と言われて赤面する修一を見て、思わず「可愛い」と思ってしまった・・。そしてよしのの部屋、普段着。とても女の子には見えない。修一はよしのの事をどういう気持ちで好きになったんだろう?男の子みたいに格好いいから?それとも女の子として?よしのの微妙で、そして揺れている心情の描写も実に繊細。よしのの性格や外見とのギャップが、かえって印象的にさせてくれるのかもしれない。

思春期まっさかりの少年・少女という難しいテーマだけれど、思わず見入ってしまう展開が続く。この先も楽しみだ。

放浪息子(@フジテレビ) / アニメーション制作:AIC Classic

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation