戦国乙女

戦国乙女~桃色パラドックス~(最終話:第13話)

▼最終話
「おい、それで終わりかよ!」と突っ込まずにはいられない展開。結局、シロ[ CV:佐々木望 ]は何者なんだ?ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]マサムネ[ CV:平田裕香 ]の飛ばされた過去の異世界。色々と設定がありそうでいて、ほとんど何の種明かしも無いまま終わってしまったな。

甲冑を巡っていろいろあったものの、この最終話で強く印象づけようとしていたのは、やっぱりノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]が目覚めた真の強さかな。そして、それを気づかせてくれたヒデヨシの存在。あんまり人間性を掘り下げるような作品ではなかったと思うけれど、一応最終話には見せ場を用意してあった。個人的にはそれほど盛り上がってはいないけども・・。

▼ムラのあるシナリオ
作品の要となる1話、そしてその導入部。何よりもその時点で「こりゃつまらないぞ・・・」という印象を与えた事が全ての失敗。徐々に持ち直していったとは思うけれど、それでも平均点には届いてない。原作がパチンコってことは、キャラ原案はあるけどストーリーはおそらくアニメ用に書き起こしてるはず。ゼロからのストーリーテリングの難しさは十分に分かるけれど、せっかく縛りの少ない題材なんだから、もっと工夫して欲しい。「この先どうなるんだ?」っていう期待感は、全体を通してかなり薄かった。

▼キャスト変更とキャラ
原作となったパチンコ台メーカーのWebサイトを見ていると、このアニメ化にあたってキャストを全部入れ替えた事が分かる。しかしラインナップだけを見れば、明らかにパチンコ版の方が豪華声優人っていう言い方が当てはまる。まぁアニメ版が悪いとは言わないし、むしろフレッシュ感はあったけれど、何か色々と勘ぐりたくなる。そのキャラクターは実在した武将を全員女の子にした上で、おそらくは実際の人物のイメージを相当にぶっ壊したキャラ設定になってるはず。俺は日本史全くダメなので逆に「そういうキャラ」ということですんなり受け入れたけど、逆に詳しい人とか好きな人にはどう見えてたんだろう?

▼色使いは派手
パチンコはあの小さい画面の中で見ている人に適度なインパクトと興奮を与えないといけない。となれば、自然と色使いは派手になる。そしてそのままそれをアニメに持ってくると・・・。流石にちょっと画のバランスが悪い。目がチカチカまではいかないけれど、何もそんなにカラフルにしなくても。作画としては普通。キャラデザが特に俺の好みとはちょっと違うベクトルなので、特筆すべき点は無かった。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第12話)

甲冑を装備して完全に自我をコントロール出来なくなったイエヤス[ CV:明坂聡美 ]。あれだけヘマをやっても側に置いていたハンゾウ[ CV:渡辺明乃 ]を、あっさりとなぎ払う。これはさぞかし極悪非道な言動が・・・と思いきや、なんか微妙にエロくなってますが。

流石に甲冑の力は凄まじくて、イエヤス相手にノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]ミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]たちが全員で何とか寄り切ったという感じ。なんともいかつい城が建っていたはずの土地は、すっかり更地に。ここまで派手な戦闘シーンは初めてじゃない?なかなか見応えがあって、面白かった。

イエヤスがすっかり正気を取り戻し、一応この件は一件落着。それでも、最後に思わせぶりな甲冑のカット。これは最終話に向けた伏線か。そして何かやってくれそうな雰囲気だけ漂わせていて、まったく役になってないシロ[ CV:佐々木望 ]。コイツは何なんだ・・・。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第11話)

10M近い崖から落ちて普通に歩けるとか、たいそう横行に飾ってある"宝玉"の存在があやふやとか、もう随所にツッコミどころ満載の演出だったけれど、エンターテインメントということで良しとするか。

俺はてっきりイエヤス[ CV:明坂聡美 ]ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]マサムネ[ CV:平田裕香 ]と同様に、この時代・世界の人間じゃないと思ってたけど、"妖術使い"って設定なのね。説明ゼリフが無いと全く伝わってないんですが・・。あの巨大な魔法少女ステッキみたいなのは、そういうアイテムか。

マサムネの説明によると、どうやらこの世界は、本来、マサムネが来る予定だった時代とはちょっと違うらしい。女だけしかいないのもその影響?そしてここのところ、あまり出番が無かったシロ[ CV:佐々木望 ]がなにやら思わせぶりな行動を取り始めた。

マサムネのカミングアウトである程度この世界の状況が分かった。しかしヒデヨシの知ってる人がたくさん出てくるあたり、夢オチ(ヒデヨシの作りだした世界)という恐るべきお約束だけは、勘弁してくれよ。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第10話)

ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]ミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]の名前を聞けば、日本史にほぼ興味も知識もない俺でもすぐに思い浮かぶのは"本能寺の変"。その避けて通れない本能寺を舞台にしたエピソード。

ミツヒデの謀反の原因は痴情のもつれ?となればおそらく今まで誰もとなえていない新しい説なんじゃないかと思いつつ、演出とは言えこれだけ普段と違うミツヒデの異変に誰か(といってもノブナガとヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]しかいないけど)気づいてあげて。

結果、ノブナガを酒で眠らせて寺に火を放ち、そして自分も死のうとしていたミツヒデ。燃えさかる寺の中に、自分の身を省みずに飛び込んでいったノブナガ。これでミツヒデが目を覚ましてくれて良かった。キス(?)の回数をしっかり数えていたところで、これはもう謀反シナリオは回避できたことを確信。ひとまず良かった。

それもこれも今回はマサムネ[ CV:平田裕香 ](伊達先生)の企みだったんだけど、この人はどうやら私怨で動いている模様。その動き、イエヤス[ CV:明坂聡美 ]には悟られていたみたいだけど、ノブナガはどうも完全に我が道を行っているようだ。豪快と言うべきか、鈍感と言うべきか・・。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第9話)

何もそこまで卑屈にならなくても・・・と思うくらいに、ミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]の被害妄想が凄い事になってる。冷静で分析力があるところをノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]も評価していたはずなのに。こと、ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]とノブナガの事になると、その洞察力は全く機能せず。

最初のうちは、ノブナガもヒデヨシのことばっかりかわいがらないで、少しはミツヒデもかまってやれば良いのにと思っていたけれど、ある種のヤンデレモードに突入しつつあるミツヒデを見てると、流石に同情の余地が薄くなってくる。

ミツヒデとノブナガの間に出来つつある溝に目を付けたのは、新たに登場の西国・・・なんだっけ?三姉妹だっけ?三人衆か。その三人衆のモトナリ[ CV:松木未祐 ]。しかしモトナリにしても、モトチカ[ CV:沖佳苗 ]ソウリン[ CV:野中藍 ](この人は知らない)にしても、随分と適当に遊ばれてるな~(笑)。

何にも知らない、そして興味のない俺が見る分には、ある種のギャグとして十分に許容できるとしても、ホントに歴史が好きな人は、これってどうなん?

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第8話)

これまではラブコメの域を出ない範囲でヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]を疎ましく思っていたミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]だけど、流石に今回は心中穏やかとはとても言い難いようだ。そもそも女しかいないこの世界では、女同士の恋愛は普通のこと?ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]がヒデヨシをどう思っているか、それによっては立派な三角関係だ。

しかし「トンデモ戦国女子絵巻」とはよく言ったものだ。もしこれで、ミツヒデがノブナガの元を離れる、すなわち謀反を起こすという事になったとすれば、その理由が「実は痴情の乱れ」ということになる。いや~、その発想はなかったわ(笑)。奇しくも同じく信長と光秀の関係を描く「へうげもの」と放送時期が重なったけれど、それぞれの作品を見ているときに、思わず逆の作品の世界が浮かんでしまう。

ところで、マサムネ[ CV:平田裕香 ]がヒデヨシと同じ世界から来たということは、今回の薬の件で確定したわけだ。そもそも彼女はヒデヨシの担任ということらしい。じゃあなんでそのことを言わないで隠してる?イエヤス[ CV:明坂聡美 ]もなにやら怪しげな術を使っていたし、この二人はまだまだ裏がありそう。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第7話)

今回はメインキャラクター総登場。ストーリー的には半分オマケ的な位置づけか?イエヤス[ CV:明坂聡美 ]ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]を狙っているということがはっきりと分かった。いや、今までもバレバレだったけどね。何故かバニーの衣装が出てきたり、「百合物語」がホントに百合の物語だったり、時代考証完全無視の設定が意外と小気味よかったり。

おそらくはこの作中、唯一の男性キャラと思われるシロ[ CV:佐々木望 ]の興奮度合いも何処かおかしい(笑)。いつも女だらけの所にいるんだから、ある程度免疫はついてても良いはずなのに。こいつは百合属性あるのか?そう言えば、何でこの作中には男が出てこないのか。その理由は未だ不明だな。ちゃんと説明する気があるのか、それともうやむやで終わるのか。

ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]とノブナガのイチャイチャに嫉妬するミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]がいて、いつも通り張り合ってるシンゲン[ CV:國立幸 ]ケンシン[ CV:伊瀬茉莉也 ]がいて。ストーリーとしては安定していつも通りって感じだな。可もなく不可もなく。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第6話)

「想出乙女」のサブタイトルどおり、各キャラクターの回想で世界観を補完するストーリー構成。最初はミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]。回想が始まったポイントが実に分かりにくくて、ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]が相撲を取ってる最初の場面は、それが理解出来なかったぞ。

ミツヒデの場合は、やはり有名な史実のとおりにノブナガに反旗を翻すのかどうか?という点が一番のポイントだよね。ヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]のことを快く思っていないのはもちろんの事、そのヒデヨシをかわいがるノブナガに対しても、少し不満があるような無いような?

後半はそのノブナガの回想。ノブサダ[ CV:くじら ]という存在が今のノブナガという人格の形成にかなり影響を与えた事はもちろんだけど、それ以上にヒデヨシとはフィーリングが合うんだな~という印象だ。

今回はこれだけで終わりかな~と思いきや、マサムネ[ CV:平田裕香 ]が実はヒデヨシと同じ時代、同じ世界から来た存在(ヒデヨシの先生なんだっけ?)である事が発覚。おそらく一人くらいはそういう人間がいるだろうとは思っていたけど、マサムネだったか。思わせぶりにミツヒデを煽ってるあたり、何か考えがありそうな様子。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第5話)

どうやらイエヤス[ CV:明坂聡美 ]のターゲットは、ノブナガ[ CV:豊口めぐみ ]の集めている「伝説の深紅の甲冑」らしいです。う~む、何とも普通。あれだけ思わせぶりな行動をしておいて、結局の狙いはそこですか。

しかしそのネタばらしに選ばれたストーリーが、幽霊との怪談話とは・・。「もうネタが切れました」とでも言わんばかりの内容、なにも5話に持ってこなくても良いのに。一応、ケンシン[ CV:伊瀬茉莉也 ]を登場させるためのエピソードだったようだけど、あまりにぶっ飛んだ内容で、どう解釈して良いやら。

そんな内容の薄い(言ってしまったw)5話を盛り上げてくれたのは、ミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]!恐がり設定については珍しくもないけれど、流石にあそこまで大仰に騒いでくれると、笑いを取りに来てるんじゃないかと思うくらいだ。自分の話の途中で怖くなって悲鳴をあげるとか、どんだけだよ。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国乙女~桃色パラドックス~(第4話)

遂にヒデヨシ[ CV:日高里菜 ]の携帯がお亡くなり。そもそもこの訳の分からない世界に来てから何日経ったのかよく分からないけど、普通に考えてある程度の長期間、圏外のままだったら電池はあっという間に無くなってると思うんだけど。

そしてオフィシャルサイトのキャラ紹介にあるイエヤス[ CV:明坂聡美 ]の"別の一面"が垣間見えた。明らかに癒し系のキャラでボケ担当だとばっかり思っていたのに、意外と人間関係でも楽しませてくれるのかも。シンゲン[ CV:國立幸 ]ケンシン[ CV:伊瀬茉莉也 ]の決闘は微妙だったけど・・。

そして誰もが史実、明智光秀の謀反を連想させるミツヒデ[ CV:喜多村英梨 ]のささやかな反抗。微妙に史実をからめてくるのか?とか思ったけど、よくよく考えたら、俺はそれ以上の史実を全く知らないので、そもそもこの登場人物が一堂に会している事自体がフィクションなのかどうかも理解できていないことに気づいた(笑)。

戦国乙女(@テレビ東京) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation