あのはな

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(最終話:第11話)

▼最終話
分かってた。最終話では間違えなくめんま[ CV:茅野愛衣 ]との別れが待っている。そう理解していたはずなんだけど、やっぱりその瞬間を見届けないといけないっていう状況が既に辛い。一連の「かくれんぼ」のくだりは流石にちょっとやりすぎというか、しつこい?という気もしたけど、今までじんたん[ CV:入野自由 ]たちが溜め込んできためんまへの本当の気持ち、いや、正確には自分自身の本当の気持ちを爆発させた今、それは決して大げさな演出とは言い切れないかも。

めんまが陽光にかすむラストシーン。神社であなる[ CV:戸松遙 ]が、つるこ[ CV:早水沙織 ]が、そして堰を切ったようにゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]ぽっぽ[ CV:近藤孝行 ]が心の底に溜まっていた、見せたくない自分の汚い部分をはき出してくシーン。この2つが最終話のクライマックスだ。

ぽっぽの予想外の告白がどう言って良いのか分からないぐらいの衝撃だった。あれだけ冷静だったつるこのあなるに対する嫉妬という意外な感情。4人が涙に暮れる中、それでも涙を見せないじんたん。そんなじんたんの涙が、めんまの願い事だったとはね。じんたんの前に再びめんまがあらわれて、そして出会いがあれば同じように別れもあって。

過ぎていく時間があり、そして止められない時間がある。だからこそ、じんたん達は悩んで落ち込んで、そして一人で抱え込もうとしていた。青春群像という表現でくくってしまうのは簡単だけど、このリアルな感情のぶつかり合いの中に、まるで自分が放り込まれたかのような、そんな濃密な11話。あっという間に終わってしまったな。

▼リアルな人間ドラマ
この作品が単なるお涙頂戴の物語だったとしたら、おそらくここまで話題になる事は無かったと思うし、おれもここまで夢中になる事は無かったと思う。じんたんはもちろん、超平和バスターズの構成員はみんな超リアル。一生懸命に自分を良くしようと虚勢を張るんだけど、その実は自分の本当の心が露見する事を恐れている。ちょっとぎこちないかつての親友同士の会話とか目の合わせ方とか、そういう小さな描写がリアリティを増強してくれる。もし自分が同じ場所にいたらどういう選択をするんだろう?なにが正解なんだろう?答えのでない課題を与えられているようで、それが作品への没入度を高めてくれた。

▼幽霊というテーマ
アニメオリジナル作品だから、始まってみるまでどういう内容か分からない。そしてこのテーマだ。昔好きだった女の子が、幽霊になって戻ってくる。決して新鮮じゃないはずの作品の主題。それなのにどうしてこれだけ夢中になれたのか?キャラクターという大きな要素に加えて、"わかりやすさ"だと思う。いつも感想に書いているこの言葉。小難しい設定をこねくり回す作品と同じくらい、シンプルに笑えたり感動できたりする作品が実は凄いんじゃないかと、最近は思うようになってきた。

▼作画は及第点か
A-1 Picturesの制作はここのところ微妙。その中で考えれば、相対的に「あのはな」は及第点と言って良いと思う。セリフと同じくらいキャラクターの表情や仕草が大切だったこの作品で、大きく目に付く不満はなかったし、全話通してのクオリティも一貫していた。そしてED。これは曲選びの勝利だな。まるでこの作品のためだけに書き下ろしたんじゃないか?と思えるくらい、歌詞がマッチしていた。作品の内容的には2期が作られる事は無いだろうけれど、ノイタミナ枠を今後もこういう作品のために大切に育てていって欲しいと思う。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第10話)

元を正せば、花火を上げればめんま[ CV:茅野愛衣 ]がいなくなるって確証があったわけじゃない。じんたん[ CV:入野自由 ]は、再び現れためんまが、またもや自分の前からいなくなる事に対する気持ちの整理が、明らかに付いてなかった。

そんなじんたんの迷いと戸惑いが、あなる[ CV:戸松遙 ]の心にも大きくのしかかる。めんまがいなくなった事を喜んでしまう自分に嫌悪し、さらにはそのめんまの存在無しにじんたんに近づく事すら出来ない自分に失望する―。

そしてつるこ[ CV:早水沙織 ]もまた、ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]への気持ちを心に持ち続けていた。彼女がそれをあなるに打ち明けたとき、その表情は好きな人を思う気持ちとはまったくリンクしない、何処か遠くを見るような目。(俺は彼女の場合、一度思い切って告白してみるべきだと思うけどね。そうやって自分の気持ちを整理するべき。)

不覚ながら、俺もめんまが消えなかったという事実に少しホッとしてた。だけどそれは、辛い別れを先延ばししただけ。次回で最終話。「超平和バスターズ」の心に平穏が訪れる事を願って。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第9話)

あなる[ CV:戸松遙 ]に「付き合おう」と言ったゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]の言葉はどこまで本気だったか分からない。だけど、そのゆきあつに対するつるこ[ CV:早水沙織 ]の気持ちは、間違えなく本物だ。

これまでも、つるこのゆきあつに対する気持ちには右往左往させられてきた。4話での"女装ゆきあつ"に対する反応で、「もしかしてゆきあつが好きなのか?」と思わせつつ、6話ではフェイクのようにはぐらかされる。そして7話で確信に変わる・・。

きっとこれまでもずっと、つるこはゆきあつに対する感情を抑え続けてきたんだろう。彼女にとっても、めんま[ CV:茅野愛衣 ]の死は複雑な感情を想起したはず。それはあなるがじんたん[ CV:田村睦心 ]に対して抱いたのと同様に。

たぶんつるこも1度その心情を全て出し切ってしまう必要があると思う。クールな性格を"装ってる"今のつるこがいる限り、じんたんたちの関係は相変わらず薄い膜が張ったような状態のままだ。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第8話)

「行かないで!」というあなる[ CV:戸松遙 ]の言葉を振り切るじんたん[ CV:入野自由 ]。男らしくない!とじんたんを責める事は簡単だ。でも、じゃああの場面ではじんたんはどうすればよかった?あのままあなるを抱きしめれば良かったのか?考えても考えても、正解は思い浮かばない。

そしてたぶん、あの場面に正解はない。あなるは今だって、じんたんの心が自分の元にはなくて、めんま[ CV:茅野愛衣 ]に向いている事を知っていた。知っていて、そして敢えて困らせる事を言っている。そんな偽りの気持ちのまま、じんたんに抱きしめられて、あなるは喜んだんだろうか?きっと、今以上に惨めな気持ちになったはずだ。止めどなくあふれてくるあなるの涙には、そんなあなるのどうしようもない切なさが痛いほど伝わってくる。

そしてこの8話で、多くの人が何となく悟ったんじゃないだろうか。「あなるのお願い」が何だったのか、という事に。あなるが日記に書いたそのメッセージを見た時に、俺はたぶんそうなんだろうなと思った。あなるという存在が原因で、じんたんのみならずゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]つるこ[ CV:早水沙織 ]、めんまにぽっぽ[ CV:近藤孝行 ]の心に深く刻まれた傷―。

メンマのお願いは、そんな「超平和バスターズ」のメンバーの心に影を落とす自分の存在を、昇華させて欲しいということなんじゃないだろうか。もしそうだったとするならば、あまりのやるせなさに脱力してしまいそうだ。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第7話)

「本間さんが許さなかった―」、と聞けば、真っ先にめんま[ CV:茅野愛衣 ]の父親の顔が思い浮かぶ。めんまの家に行ったとき、あれだけ歓迎してくれた母親[ CV:大浦冬華 ]とは対照的というイメージが頭に強く残っていた。それだけに、最後の母親の一言は強烈だ・・・。彼女の心の傷は、時が経った今でもまったく癒えることはない。怒りにも似た、やり場のない気分になった。

そしてめんまの反応を見ていると、やはりめんまとの約束は花火なのか?そうすると、この作品のタイトルとも通じる部分がある。「あの日見た花」というのは、植物の花のことじゃないっていう理解もできる。そう思わせるための手の込んだフェイクか?それともこれが本筋か。そろそろストーリーも核心に触れるところまで来ている。

この7話で、それ以上に確信を持ったのはつるこ[ CV:早水沙織 ]ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]に対する気持ちだ。ゆきあつからの深夜のお茶の誘いを断って、さぁ勉強と気合いを入れた後の一言。これを聞いちゃったら、やっぱりつるこはゆきあつの事を単なる友人以上の存在として見ているんだって思う。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第6話)

めんま[ CV:茅野愛衣 ]の実家。出来ればもう2度とそこには行って欲しくなかった。1話でめんまが訪れたその場所でのエピソードは、あまりにも苦しくて苦しくて・・・。あの嫌な気持ちが再び蘇ってくる。いや、だけどじんたん[ CV:入野自由 ]は、少なくともじんたんだけはそれと向き合わなくちゃいけないはずだ。

それでもやっぱり、めんまの涙を見るのは辛い。そしてそのめんまにじんたんが浴びせた言葉はもっと辛い。じんたんの言い方は、まるでめんまの死は自分のせいじゃなくて、あのときのじんたんの言葉に怒りや悲しみを見せようとしなかっためんまが悪いと言わんばかりだ。じんたんだって、そんな自分の言葉の惨めさと情けなさに気づいたはずだ。

髪の毛はぼさぼさだけど、しっかり歯を磨いて学校に行くと決めたじんたん。援交疑惑で奇異の視線を浴びせられるあなる[ CV:戸松遙 ]を庇ったじんたん。どちらも今までのじんたんじゃなくて、いや、今までじゃない訳では無いな。"あの日"のじんたんのように、輝いていたはずだったのに。まだまだじんたんの心には、越えなくちゃいけない壁があるみたい。

一方で、最近出没する変な人ことゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]つるこ[ CV:早水沙織 ]。やっぱりつるこはゆきあつの事は好きじゃないのかぁ。じゃあ何でいつも一緒にいるんだろう?彼女の心は相変わらず深い霧の中だ。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第5話)

あなる[ CV:戸松遙 ]じんたん[ CV:入野自由 ]を好きって事は、本人がその気持ちを認めなかったとしても、もう誰の目にも明らかだったし、オフィシャルサイトの「高校デビュー」からも、処女だって事に驚きはない。

じゃあ、つるこ[ CV:早水沙織 ]ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]への気持ちは?4話の様子から、俺はつるこがゆきあつに対して、「単なる昔からの友達」以上の感情を持っているに違いないと思ったんだけど・・・。う~む、今回のつるこの反応を見ていて、それがよく分からなくなった。

心を閉ざしているようには見えないけど、少なくとも素の自分をさらけ出してはいない。つるこの言葉やしぐさには、冷静な自分を装うとしている彼女の虚栄心が透けて見えるような気さえしてくる。

そしてめんま[ CV:茅野愛衣 ]にむけられたぽっぽ[ CV:近藤孝行 ]の言葉。ぽっぽには悪気は無いはずだし、ぽっぽがそういうヤツだってことは分かってるつもり。それでもやっぱり、泣き出してしまっためんまの姿は痛々しい。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第4話)

ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]がクローゼットをのぞき込んで、そしてそこにはいないはずのめんま[ CV:茅野愛衣 ]に話しかけていたときに、気づいてもおかしくなかったな。俺が「あのめんまは実はゆきあつなのでは?」と気づいたのは、残念ながらそれよりもかなり後だった。

つるこ[ CV:早水沙織 ]は、どうやらその事実にかなり前から気づいていたみたい。暗闇の中、懐中電灯の光に照らされたあのワンピースを着たゆきあつの姿を見たときのつるこの表情は、軽蔑とも哀れみとも違う。少なくともつるこの中では、ゆきあつに対する感情が単なる「昔からの友達」とは違うんじゃないか?端的に言えば、好きってこと。

ゆきあつがじんたん[ CV:入野自由 ]に対して浴びせた言葉。「めんまにとらわれている」というのは、誰が見てもゆきあつ自身の事だったのは明らかだよね。どんなに進学校に通ったところで、結局は自分の人生が思い描いたとおりにならない。めんまの事も含めて。どんなに勝ち組宣言をしたところで、ゆきあつのみじめさが際立ってしまうだけなのに。

そしてじんたんに深入りしだしたあなる[ CV:戸松遙 ]は・・・。俺はあなるはじんたんたちとの距離を元に戻すべきだと思う。今のギャル友から相手にされなくなることとの天秤にかけてもね。あなるのたどたどしい言葉の選び方としゃべり方が、彼女の置かれた複雑な心境を物語っている。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第3話)

じんたん[ CV:入野自由 ]の心の傷を無視するつもりはない。じんたんの気持ちを理解したいとも思う。それでも、今のじんたんのヘタレ具合には納得がいかない。見ててイライラしてしまう。口で偉そうな事を言うのなら誰でも出来る。何故行動で示さない?学校に向かいつつも、結局は逃げ出すじんたんの背中には、弱々しさ以外の何も感じる事はなかった。

そんなじんたん並に、ゆきあつ[ CV:櫻井孝宏 ]という人間も俺にはどうも好きになれない。あれ、気がつけばつるこ[ CV:早水沙織 ]にもそんなに良い感情を抱いていない。

だからぽっぽ[ CV:近藤孝行 ]企画のバーベキューにはちょっと期待していた。居心地の良かったあの時のあの場所で、再び全員が揃えば、何か変わるんじゃないかって。つるこのイメージはちょっと変わったかも。あなる[ CV:戸松遙 ]は学校のときよりも髪型が可愛い。そしてゆきあつは・・・う~む、相変わらずコイツはあまり好きになれない。

今この時間を過ごすかつての仲間たちが集まると険悪で陰鬱な空気を感じずにはいられない。過去のエピソード、とりわけじんたんやめんま[ CV:茅野愛衣 ]の家族に関わる内容は、ことさらに重い。普段は明るいめんまだけが今のところの救いだ。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(第2話)

1話にして既に鬱アニメの称号を手にしたあのはな。それに比べるとこの2話は少し落ち着いたかな。やっぱ1話のめんま[ CV:茅野愛衣 ]が家に帰るシーンは相当にきつかったからな~。思わず目を背けたくなるよな、いたたまれないエピソードだった。

2話ではどちらかと言えばめんまよりもあなる[ CV:戸松遙 ]をフィーチャーしたストーリー。あなるがじんたん[ CV:入野自由 ]の事を好きだったのは明らかだけれど、今もまだ好きってこともやっぱりバレバレなんだよな。

あなるを見てて辛いところは、そんな風に自分の気持ちを素直にじんたんには伝えられないし、そういう素直な自分を一生懸命否定しようと、見た目を派手にしてみたり、ギャル仲間とつるんでみたりしてるけれど、やっぱり見るからに無理をしている。じんたんやぽっぽ[ CV:近藤孝行 ]とゲームをして盛り上がっている時の、あの笑顔こそが彼女の本当の心からの笑顔のはず。

果たしてめんまのおかげなのか、それともじんたんの心の持ちようなのか。外に出る事すら露骨に敬遠していたはずのじんたんが、ある程度は普通に外出してる。一方的にじんたんを攻めることはできないけど、やっぱりもう少しシャキッとして欲しいよな。

あのはな(@フジテレビ) / アニメーション制作:A-1 Pictures

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation