緋弾のアリア

緋弾のアリア(第11話・最終話:第12話)

▼11話・最終話
11話の段階では、やっぱり理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]をすぎに信用しちゃダメだな~、なんて思っていはずなのに。12話で小夜鳴[ CV:野島健児 ]に痛めつけられる理子をみていたら、もうそんな考えはどっかに飛んでしまった。明らかに怪しいはずの小夜鳴が11話では全くその様子を見せなかったから、余計にコイツはおかしいと思ってたんだよね。

そしてクライマックスはブラド[ CV:三宅健太 ]との決戦。気がつけばここまで引っ張ってきたブラドとの戦いも、1クールという時間の中ではあっという間に終わった事になる。それでも、圧倒的なブラドの強さの前に苦戦しながらも最後は3人でブラドを打ち倒す。綺麗な筋書きではあるけれど、それにふさわしいくらい迫力のあるバトルシーンだった。

これで一応、この作品のストーリーには決着が着いた。白雪[ CV:高橋美佳子 ]に至っては、最後の2話、その名前すら出てこないというある意味潔いほどストーリーをしっかり見せることにこだわった。原作ストックがどのくらいあるのか分からないけれど、この終わり方なら十分に2期があってもよさそうだけど。

▼アリアとキンジ
この作品のストーリーは、やはりアリアとキンジ[ CV:間島淳司 ]、この二人がいないと始まらない。この二人が一緒にいる事で事件に巻き込まれ、そしてそれを解決するという必然的な流れが出来上がる。作品全体の流れの中で、自然にこの二人の距離が縮まり、それと同時に違う状況に巻き込まれていく。物語の中のイベントが次々と連鎖的に綺麗に繋がっていくこの軽快な進行のテンポ。バトルシーンのスピード感も相まって、とにかく一気に12話を駆け抜けたという印象だ。

▼それは蛇足では・・?
そんなこの作品、俺が蛇足に思えてならないのはアリアや理子の「リュパン」「ホームズ」の設定。これがないとブラドに虐げられる理子も存在しなくなっちゃうし、自らの遺伝子にコンプレックスを持っている理子自身の設定が揺らいでしまうのは分かる。分かるんだけど・・どうも俺にはこの設定は幼稚に思えてならない。良い具合にフィクションとしての作品の世界観に浸っているところで、その世界観とはかなり違うところに存在している人物の名前が出てくるからだろうか。

▼いろいろとエロい
キンジはアリアでしょっちゅうヒスってたけど、そこは所詮お子さまアリア。作画という点においては、やはり理子や白雪の巨乳組の方がよりエロチック。とは言え、いやらしさという意味のエロではない。セクシーを装う理子と、自分では意識してないのに時折見せる白雪の色っぽさ。このあたりは作画の勝利だ。それを差し置いてもやっぱりアリア、というキンジの性癖はやや特殊ということで。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

緋弾のアリア(第10話)

しかしアレだな、TBSの規制も随分と緩くなってきたな・・。木曜深夜はMBS枠じゃなくて純粋にTBS枠だから、単にTBSの規制が緩んだだけってことなんだろうけど、おかげでこの作品的には無理なくちょうど良い具合にエロい。

とは言え、実は直接見えているよりもチラリズム、もしくは見えそうで見えないのが一番エロいということもあり、キンジ[ CV:間島淳司 ]アリア[ CV:釘宮理恵 ]の脱ぎ脱ぎでヒスってたけど、俺的には「ブラド」の説明を一生懸命に書いているジャンヌ[ CV:川澄綾子 ]のバックショットが・・・。下から上に舐めるカメラワークは、明らかに狙ってるよな(笑)。

9話の感想で「理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]が出てくるとエロい」と書いたけど、それ以上にストーリーのテンポが良くなる。理子に言いように言葉で遊ばれるアリアを見てても面白いし、キンジを陥れようと次々に繰り出してくる"罠"に困惑するキンジにも飽きない。

最後は結局、レキ[ CV:石原夏織 ]が美味しいところをさらっていったけど、小夜鳴[ CV:野島健児 ]の一瞬見せた鋭い視線は、明らかにブラドに関する伏線だろうな。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋弾のアリア(第9話)

武偵高に理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]が戻ってきた。俺の頭の中には"理子はキンジ[ CV:間島淳司 ]アリア[ CV:釘宮理恵 ]の敵"というイメージが強くインプットされていたから、今回の復帰はちょっと意外だ。

そして当のキンジとアリアの反応も意外だった。理子本人はどうやら武偵殺しを否定しているようだけど、二人の理子に対する感情は決してポジティブな物じゃないはず。それでもむき出しの殺意で迎えるわけではなく、とは言え歓迎するわけでもなく。

とは言えだ。理子が出てくるととたんにエロくなるのも事実(笑)。アリアと白雪[ CV:高橋美佳子 ]の二人だけじゃこうもピンク色な雰囲気にはならないぞ。理子は「ハーレムルートは嫌い」とか言ってたけど、もはや完全にそのルートのフラグが立ってんじゃないのか、これは。

それでも理子のキンジに対する数々の誘惑。理子自身が本気でキンジを好きだから誘っているのかと言えば、どう考えてもそうじゃないと思う。キンジもたぶんそれを分かった上での対応なんだろう。しかしだ。白雪に服を脱がせた上で逃亡。こっちはダメだろ、こっちは。そこはヒステリアモードで是非。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋弾のアリア(第8話)

ルパン、ホームズときて、今度はジャンヌ・ダルク[ CV:川澄綾子 ]か・・。まぁこの作品がこういう路線で押してくるというのは、ルパン・ホームズのあたりで分かってはいたけど。その上、白雪[ CV:高橋美佳子 ]が卑弥呼の子孫で・・・。いや~、俺はこの設定、ぶっちゃけ無くて良いと思うわ・・。

それはさておき、白雪とせいば・・じゃなくてジャンヌ・ダルクの剣と剣のぶつかりあいはなかなかの迫力。アリア[ CV:釘宮理恵 ]キンジ[ CV:間島淳司 ]は銃での戦いがメインだから、同じ近接戦でも剣の場合はその重厚感が圧倒的。

キンジが水に潜って白雪のカギを外すシーンでは、水に透けた白雪の黒ブラが!単なるサービスカットかと思いきや、ちゃんとストーリーの伏線として使ってきたか。ヒステリアモードに突入していたとは言え、白雪にもキスしてこれで再びアリアに追いついた。

俺は絶対、白雪がアリアにこのキスの事を自慢すると思ってたんだけど、案の定だったな(笑)。白雪は実に分かりやすくて良い。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋弾のアリア(第7話)

パートナーとして戦う事を決めたはずなのに、すぐに感情的になってしまって自分の考えを上手くキンジ[ CV:間島淳司 ]に伝える事が出来ないアリア[ CV:釘宮理恵 ]。そしてそんなアリアの言葉を信じてあげる事が出来ないキンジ―。何ともじれったい。しかしどうしようもないもどかしさ。だけどアリアのあの説明じゃなぁ・・。キンジの反応も無理はない。

始まりはちょっとした出来事。「葛根湯」を巡るキンジの何気ない一言。キンジの中ではそれを買ってきてるとしたら、白雪[ CV:高橋美佳子 ]しか思いつかなかったのかもしれない。それにしてもだ。今回のキンジはこの葛根湯の件に始まり、白雪のボディーガードに至るまで、とにかく脇が甘い!キンジがここまで気を抜いてなければ、白雪を必要以上に悲しませる事も無かったはずなのにね。

そんなキンジのダメっぷりを理解しているアリアにしてみれば、この展開は予想の範疇だったのか?デュランダル[ CV:川澄綾子 ]の前にピンチに陥ったキンジの前に颯爽と登場。しかしこの演出、理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]の時に続いて、デュランダルまで身近な人間の雰囲気だぞ?理子の件ですっかり身構えるようになってるからかもしれないけれど・・・。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋弾のアリア(第6話)

白!そして黒!白雪[ CV:高橋美佳子 ]のパンツラインナップでございます。何とも潔い品揃え(笑)。あんな場所に置きつつ、しかもあの高さにパンツを入れておくなんて、さては白雪め、キンジ[ CV:間島淳司 ]を誘ってるな?

それにしても、キンジの事になると完全に周りが見えなくなって大暴走の白雪と、キスで子どもが出来るレベルの知識しかないアリア[ CV:釘宮理恵 ]のラブコメバトルがこういう形で勃発するとは・・。理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]の件があって少しストーリーが重くなるかと思っていただけに、今回はちょうど良い息抜きになったな。

そんな中でも、白雪にかかってきたキンジを語るあの電話。"デュランダル"と関係あり、と思うのが自然だよな。もしキンジと白雪が同じ場所にいなかったら?そう考えると、あまり良い心地はしないな。しかしせっかく風呂に入ったのに、そのまま海に落下とは。キンジもすっかりハーレム生活を楽しんでるじゃないか。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

緋弾のアリア(第5話)

空の上、理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]との緊迫のバトル。あれだけ嫌がってはいても、この状況でキンジ[ CV:間島淳司 ]に残された選択は、ヒステリアモードでアリア[ CV:釘宮理恵 ]を助けるという事だけだった。それだけ、キンジにとってアリアという存在が大きくなっていた証拠だ。

オフィシャルサイトの各話紹介で、キンジがアリアにキスすることが堂々とネタバレしていたので、その瞬間の驚きは何も知らなかった前提と比べてしまうと、ちょっと落ちるよなぁ。それでも理子は逃げてしまったし、キンジとアリアがようやくパートナー同士として前に進むきっかけになったとばかり思ったのに・・・。

まさかキンジの前から再び去る事をアリアが告げたとき、キンジがあっさりとアリアを送り出してしまうんだもんな~。アリアが目の前からいなくなって、ようやくその事の重大さに気づくとは。しかしこれで結局キンジはアリアの尻に敷かれしまう事になるんだけどね(笑)。アリアの口から「パートナーに」と言われたときに承諾してれば、少しは風向きも変わったのに。

ところで、理子がルパンの子孫、アリアがホームズの子孫って設定なんですが。これって蛇足じゃない?別に無くて良いと思うんだけど。個人的にはとってつけたようであまり好感はできないかも。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

緋弾のアリア(第4話)

驚いたと言うよりも、信じたくないという心境だ。理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]本人の口から語られた以上、理子が武偵殺しという事実にどんなに疑念を抱いたところで、何か変わるわけでもない。まだストーリーも序盤とは言え、理子のキャラクターは気に入っていただけに、これはショックだ。

自分の兄の命を奪った存在が身近にいたという事実を、キンジ[ CV:間島淳司 ]はどう受け止めるんだろうか?ある日突然、クラスメイトの女の子が武偵殺しでした、と言われたところで、すぐに憎しみや怒りをぶつける対象として見る事が出来るんだろうか?そうであってほしくない、という俺の願望かもしれないけれど、キンジだってそう簡単に割り切れるはずもない。

一方で、アリア[ CV:釘宮理恵 ]の方は?アリアが武偵殺しを追う理由である、母神崎かなえ[ CV:大原さやか ]の存在。母との別れ際、アリアの悲壮な叫びにも似た言葉を聞いている限り、彼女の中で武偵殺しの存在が理子であったという事実は、さほど問題にはならないように感じる。

とは言え、だ。理子とキンジやアリアが殺し合う様を見たかったか?と言われれば、答えはNoだよな・・。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

緋弾のアリア(第3話)

キンジ[ CV:間島淳司 ]アリア[ CV:釘宮理恵 ]の初ミッション。どういう展開になるか楽しみにしていたんだけど、想像以上の緊迫感とアリアの能力に圧倒された。「止まると爆発するバス」は古今東西のお約束。それでもスピード感ある映像も相まって、すっかり見入ってしまった。

思えば理子[ CV:伊瀬茉莉也 ]が普通はそんなところに絶対しまわないはずの胸元からゲーセンのサービス券をくれたところから始まったんだった。そのときはまだ、アリアとキンジの関係は悪くなかったはずなんだけどな~。まぁ分からなくもない。キンジにとって、やっぱり「ヒステリアモード」の自分は触れて欲しくない部分なんだろうし、人に見せたくない汚点なんだろう。

今回の爆弾事件も、俺はキンジがヒステリアモード突入で解決するのでは?と少し期待していた。逆さまにぶら下がってるアリアを上から見れば、当然パンツがよく見えるはずで、状況は整ってたと思うんだけどね。そのアリアもなにやら事情を抱え、そしてキンジもアリアに言えない力を心にしまっている。この二人のもどかしい関係は、もう少しお互いが心を開かないと前には進まないかな。

そもそも今回の事件、キンジは部屋の時計が遅れていたからこそ、爆弾が仕掛けられていたバスに乗らずに済んでいる。普通に考えるならば、明らかに誰かの企みだし、その意味するところもいろいろと考えられる。キンジを助けたのか、キンジのヒステリアモード発動を狙った物なのか。レキ[ CV:石原夏織 ]の射撃能力にも度肝を抜かれたし、これからのストーリーに大いに期待を持たせる要素満載だった。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

緋弾のアリア(第2話)

キンジ[ CV:間島淳司 ]が暮らす男子寮。寮とは名ばかりで随分と広いマンションのように見えますが。二段ベッドが2つあったところを見ると4人用なのか?それにしてもこんな広いところでアリア[ CV:釘宮理恵 ]と一つ屋根の下とは、流石は主人公様なだけはある。

どう見でも冴えない主人公を地で行くキンジに、何故アリアが興味を示すのか?どうやらアリアは「ヒステリアモード」の突入したあのキンジと、普段のやる気のないキンジのギャップに少々戸惑っているらしい。「無理、疲れた、めんどくさい」、何とも素晴らしい響きなんだけどなぁ(笑)。そんなアリアの粘りに負けた、キンジとの1回限りのパーティ。どんな事件に挑む事になるんだろうか。

今回はそんなアリアの行動力もさることながら、白雪[ CV:高橋美佳子 ]の怖さを知った2話でもありました。敢えてアリアがお風呂に入っている時に訪問してくるあたり、明らかに何かを感じ取っているに違いない。ドアを閉める直前のあの視線、あれは明らかに何かあるぞ(笑)。

緋弾のアリア(@TBS) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation