デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランド(最終話:第12話)

▼最終話
丸太[ CV:朴ロ美 ]の探し求める"赤い男"の正体、マキナ[ CV:本多貴子 ]のたどり着いた"適合者リスト"と仕掛けの意味、その陽気な振る舞いがむしろ不気味なトト[ CV:沢城みゆき ]。これだけ材料を用意しておいて、果たして最終話でどれだけ料理出来るのかと思いきや、1つも料理しないまま、こうもあっさりと終わるとは。

分割2クールっぽいのは見え見えだけど、番組中でもオフィシャルサイトでも今のところ告知は無し。分割2クールそのものを否定する気は無いけれど、これって知らずに見たら誰も最終回だと思わないんじゃないの?俺としてはもう少しこのやりっ放し感を何とかして欲しかったなぁ。[ CV:梶裕貴 ]水名月[ CV:野水伊織 ]なんて、そこそこ重要な登場人物だったはずなのに、最終話に出番すら無いし。

そんな状況でも、ようやく1つ区切りが付いたと言えるのは、丸太の根性だな。シロ[ CV:花澤香菜 ]への謝罪の意識からの行動かもしれないけれど、あの状況で弦角[ CV:森川智之 ]の前に立ちふさがるなんて、以前の丸太では想像出来なかった事だ。

▼丸太、しっかりしろ!
とにもかくにも、普通の人よりも純粋すぎる丸太の性格。ことデッドマン・ワンダーランドにおいては、その性格は明らかにデメリットでしかない。そして困った事に、この男はなかなか自分の状況を受け入れて、そして今すべきことは何か?という冷静な思考に移行できない。そんな状況には無いことは分かっていつつも、最初は丸太がウジウジしてるのを見せられて、かなりストレスが溜まったな~。最終話にしてようやく成長の様子が見えた丸太。さぁこれから!というところで、終わっちゃった。

▼極限の非日常
「デッドマン・ワンダーランド」という閉鎖的な空間を舞台としているだけに、ある意味で何をやっても許される。そんな設定にもかかわらず、"表の世界"との微妙な距離感を演出してくれたことで、よりリアルに「恐ろしい場所」というイメージが知らず知らずのうちに植え付けられていた。度が過ぎると興ざめしてしまうだけに、この絶妙なリアルティの演出は良かったと思う。

▼とにかくグロい
デッドマンの使う「罪の枝」がそもそも血液を使うということもあるけれど、カーニバル・コープスにしても、その罰ゲームにしても、とにかうえげつない。最終話で剣ヶ峰[ CV:小野大輔 ]が弦角に腹をぶち抜かれたシーンは、思わず目を背けたくなってしまったくらい。修正入ってて良かったと思った作品なんて、初めてかもしれない。それでもこの作品には、このレベルの描写は必須だったと思う。丸太の置かれた境遇に、より深く没入して作品を楽しむためにもね。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第11話)

千地[ CV:加藤将之 ]のズッパシな特訓で、"丸田ガン"をより一層強化した丸太[ CV:朴ロ美 ]。とは言え、シロ[ CV:花澤香菜 ]に「弱いじゃん!」と痛いところを突かれてもがいていた時と比べて、急激に強くなった訳じゃない。

それにもかかわらずシロと輿緒[ CV:伊藤久美子 ]のピンチで貧血気味の自分を省みず突撃。この辺が丸太らしいといえば丸太らしいんだけど・・・。やはりもう少し賢くならないとダメだな、丸太は。その点は六路[ CV:福山潤 ]を見習うべきだ。

しかし輿緒もなぁ。あの状況で弦角[ CV:森川智之 ]と喋ったら、バレるって考えるのが普通なのに。シロの事を放っておけない時点で、彼女ももう少し冷静さと、ある種の残酷さを身につけないと。ましてや対峙する事となった相手が剣ヶ峰[ CV:小野大輔 ]。剣ヶ峰に気がありそうな輿緒が、本気で戦えるとはとても思えないけど・・。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第10話)

少年マンガの主人公って、たとえどんなに頼りなくてなよなよしたヤツだったとしても、何か他の人には絶対に譲れない強い"何か"を持っていたりするもんなんだけどねぇ・・・。今回の丸太[ CV:朴ロ美 ]シロ[ CV:花澤香菜 ]に対する一件、そして六路[ CV:福山潤 ]に目をつけられたときの怯えた表情。どう頑張っても、丸太を擁護する要因が見あたらない。

そんな情けない丸太と比べてしまうからだろうか。千地[ CV:加藤将之 ]がやたらと格好良く見えてしまう。いや、事実として千地は相当に格好良い。そして何よりも強い!どう考えても丸太では歯が立ちそうになかったアンダーテイカーの2人を瞬殺。痺れるじゃないか。

そして久方ぶりの登場となったマキナ[ CV:本多貴子 ]春日[ CV:堀川千華 ]。千地の活躍で六路が拘束された今、彼女たちが泳がされている可能性は低くなった。となれば、どこまで真実に迫れるのか、非常に気になる存在だ。ただし、今回はマキナのおっぱいインパクトの方が大きかった気がしなくもない。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第9話)

丸太[ CV:朴ロ美 ]たちが、多くの仲間の命と引き替えにここまで何とか守ってきたメモリーチップ。それをあっさりと燃えさかる炎の中に投げ込んでしまうシロ[ CV:花澤香菜 ]―。あまりの一瞬の出来事に、何て言葉を発したらいいのかも分からない。

確かあの部屋には「火気厳禁」って書いてあったよな。ということは、おそらく武器・弾薬のたぐいなのか、揮発性のある薬品なのか、その手の物が置いてあったはず。となれば放っておいてもそうそうに爆発したはずで、となるとあのメモリーチップが小型の爆弾って決まった訳じゃないし・・・。あの数カット、まるで時間が急にゆっくりになったかのように、次々といろんな事を考えた。

ところで、俺はどうやら剣ヶ峰[ CV:小野大輔 ]の事を相当に誤解していたようだ。どうやら彼は、本当に額面どおりの人間として評価して間違いなさそう。何よりも状況を判断して理解するスピードが速い。あの状況で六郎[ CV:福山潤 ]の裏切りもすぐに悟っていたし、映像が細工された事もすぐに理解した。

それだけにこのまま剣ヶ峰が再起不能になってしまう状況は、出来れば避けたいけど・・・どうだろう。後はマキナ[ CV:本多貴子 ]がどういう動きをしているか、今回は出番無しだっただけに余計気になる。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第8話)

怪しい怪しいと疑いの目だけを向けてきたスカーチェイン。いかにもお人好しな剣ヶ峰[ CV:小野大輔 ]じゃなくて、六路[ CV:福山潤 ]の方がビンゴだったか。玉木[ CV:諏訪部順一 ]じゃなくて弦角[ CV:森川智之 ]の方と通じていた。

ということは、当然ながら今回の剣ヶ峰のもくろみは全て筒抜けということ。相も変わらずのお人好しな丸太[ CV:朴ロ美 ]は、剣ヶ峰の過去のエピソードを聞かされただけで、もう気分は反体制派。悪人じゃないが故の丸田のこの流されやすい性格には、流石にちょっと閉口だよなぁ。そろそろ用心するという事を覚えて欲しい。

このままだと玉木と弦角にあっさりと制圧されそうなデッドマン組だけど、おそらくマキナ[ CV:本多貴子 ]の動きは、誰も察知できてないと思うんだよね。剥切[ CV:中博史 ]の首でボーリングというおぞましい行為で悦に入る玉木。寝首をかかれないようにせいぜい用心しておく事だ。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第7話)

「スカーチェイン」か・・・。未だにお人好し度100%な」丸太[ CV:朴ロ美 ]は、剣ヶ峰[ CV:小野大輔 ]をおそらく信用したんだろうな。

無理もない。水名月[ CV:野水伊織 ]の罰ゲームを「髪の毛」に仕立てがあげたのが本当に彼の力だとしたら、確かに今の丸田の精神状況からして、まさに救いの神だ。だけどな~。剣ヶ峰にしても輿緒[ CV:伊藤久美子 ]にしても、G棟の囚人であることは間違えないわけで。やはり今までの経緯からも、俺はそう簡単に信じられない。

そんな丸田の前に登場したのは、「超坊主」を名乗る[ CV:森川智之 ]だ。こいつは・・・何者?オフィシャルサイトでは対デッドマン部隊という所属が書かれているので、少なくとも彼はデッドマンではなさそう。その割には相当強いけど。

さて、罰ゲームを髪の毛で免れた水名月だけど、今回は2回も脱がされた上に丸田のラッキースケベの餌食という扱いに(笑)。いやしかし、なにやら丸田の事がちょっと気になる?シロ[ CV:花澤香菜 ]剥切[ CV:中博史 ]のきな臭い動きとはまるで対照的。

ところで、あの"赤い男"のコスチューム。おそらくは「エースマン」をモチーフにしているんだろうな。丸田の記憶にあるシロとの想い出とのギャップに、やるせなさを感じる。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第6話)

この刑務所には、常人がいない事は理解していたつもりだった。ましてや"G棟"にいるデッドマン。頭では分かっていても・・・ねぇ。丸太[ CV:朴ロ美 ]はもちろんのこと、あれだけのブリッ子をやられたら誰だって騙される。もちろん、水名月[ CV:野水伊織 ]のことだ。[ CV:梶裕貴 ]の妹と分かった時は、感動の再会が待っているかと思っていたのに、この兄にしてこの妹ありだ。

しかし野水伊織も頑張った。ぶっ飛んだ性格ということはさておいても、いったい何回マ○コマ○コ言わせれば気が済むんだ(笑)。結果として今回のバトルは丸田が勝ったんだけど、当然ながら負けた水名月には"罰ゲーム"が待っているわけで・・。今回も千地[ CV:加藤将之 ]と同様に痛いヤツなのか?それともここはやはりエロか?

5話では明らかにシロ[ CV:花澤香菜 ]が"赤い男"であったかのような、衝撃的なシーンがラストにあった訳だけど、その真実は今回は明らかにされず。それを目撃してしまった羊が果たして丸田にそれを告げるときは来るんだろうか?明らかにこの刑務所が設立された理由、裏の目的と絡んでいそうなシロ。登場人物が増えてきて、展開のスピードも上がってきたし、良い具合に面白くなってきたと思う。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第5話)

丸太[ CV:朴ロ美 ]との「死肉祭」に敗れた千地[ CV:加藤将之 ]。もう確実に命は無いと思われたその千地が、目を取られただけで済んだととらえるべきなんだろう。それにしてもテレビアニメの限界に迫る極限のグロ描写。思わず目を背けたくなるくらい、強烈な痛みを感じたような気がしてしまう。

しかしそんなインパクトも、暴走したシロ[ CV:花澤香菜 ]の能力の前に、すっかりどこか奥へ引っ込んでしまったかのようだ。巻き起こる風と共にバラバラになって散らばる看守の死体。罪の枝。そして何よりもその笑い・・・。その可能性すらまったく思いも付かなかった、シロ=赤い男を疑う余地のない事実。これはあまりにも強烈。

そんなシロの暴走を見てしまった[ CV:梶裕貴 ]。丸田の事を思いだしてみれば、ここで羊もシロに殺されそうになるのか、それともその能力を植え付けられるのか。常々書いている気がするけれど、俺はここ、デッドマン・ワンダーランドにおいては羊の生き方は決してい間違えじゃないと思っている。果たして羊はこの事実をどうやって丸田に伝えるのか

本来の羊の性格を知っていれば、羊の言葉なんか誰も信用しないだろうけれど、れいによって丸田のお人好しが炸裂しているので、もし羊がこの事実を運良く生きて丸田に伝える事が出来たなら。丸田はどういう反応をするんだろうか。少なくともにわかには信じられないと思うけども・・。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第4話)

千地清正[ CV:加藤将之 ]。「罪の枝」と呼ばれているその力を使う千地と、丸太[ CV:朴ロ美 ]が憎むべきターゲット「赤い男」はやはり別人だったか。

一見すると悪役に見えた千地だけど、シロ[ CV:花澤香菜 ]の胸に異様に照れたり、丸田との"本戦"を前に礼儀正しい男を演出してみたり、巧みな演出で単なる悪人から、ちょっと良いヤツになった。

とは言え、そこは「死肉祭」の名称が示すとおり、おそらくは丸田と千地の戦いは、原則としてどちらかが命を落とすまで終わる事はないんだろう。となれば、死を迎える可能性が極めて高いのは千地。赤い男の手がかりを知るには、そして罪の枝のより確かな使い方を学ぶには、千地は丸田と極めて相性が良さそうな男に見えるんだけど・・・。なんとかこの千地と組する事は出来ないんだろうか。

いやしかしだ、少なくともこの千地に関しては善人には見えない。犯罪者としてデッドマン・ワンダーランドに収監されているとすれば、安易に信用するのはちょっと危険かもしれない。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドマン・ワンダーランド(第3話)

このデッドマン・ワンダーランドにおいては、[ CV:梶裕貴 ]の行動と裏の顔の方が、むしろ自然に見えてくる。そりゃそうか。丸田[ CV:朴ロ美 ]は犯罪者でも何でもないんだから。だけど、そろそろそのお人好しな性格を少し改めて、そして最低でも生き抜いていくために周りを疑う事から始めた方が良いような気がする。

今の段階ではおそらく玉木[ CV:諏訪部順一 ]もまだ予期していなかったであろう、丸田と"赤い男"の再会。そしてG棟に収監されている「ズッパシ」な男。この二人、俺はたぶん別人だと思うんだよね。玉木がレチッドエッグと呼んでいた赤い男の方は、何かよく分からない装置に入っていたわけだし。つまり赤い男、そして警備ロボットを破壊した男、そして丸田。あの力を使える人間が、少なくともこのデッドマン・ワンダーランドに3人はいることになるな。

そしてオフィシャルサイトによれば、このG棟にはまだ水名月[ CV:野水伊織 ]という、一見してこのデッドマン・ワンダーランドに不釣り合いな女の子も収監されているようで。血生臭い展開が続く中、少しは癒しの時間もあるんだろうか?いや、G棟にいるという事は、間違えなく血生臭い方と関係あるんだろうな・・。

デッドマン・ワンダーランド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:マングローブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation