異国迷路のクロワーゼ

異国迷路のクロワーゼ(最終話:第12話)

▼最終話
すき焼きの材料を買い出しに、ギャルリへ繰り出す湯音[ CV:東山奈央 ]クロード[ CV:近藤隆 ]。そして二人を見送るオスカー[ CV:田中秀幸 ]。そしてタイトル。最終話があっという間に終わったかのような平和な日常。ということは、きっとこの後、一悶着あるんだろうなぁというイヤな予感。

案の定、何度も繰り返される湯音とクロードのすれ違い。湯音の気持ちも分からないでもないし、クロードにしてみれば自分の一番触れられたくない部分を無神経にえぐられたような気持ちだったと思う。今回はどっちもどっちかな~。最後はクロードが自分の言葉で、自分の口でちゃんと湯音に父親のことを話しているのを見て、クロードも大人になったと実感。

そして最終話にして、遂にネコと戯れる湯音の姿が!鮮やかな赤系の湯音の服の色と、黒ネコとのコントラストが実に映える。アイキャッチでもネコと別れを告げ、遂に本編では湯音とネコ絡みは無しかと思っていただけに、ネコに満面の笑みを浮かべる湯音に大満足。

ところで、湯音もクロードも聞いたあの鈴の音。あれは結局、何だったんだろう?

▼可愛いだけじゃない
湯音っていう女の子可愛さ、そしてパリの華やかさ。まず最初に、表向きの綺麗さに惹かれる。だけど、実際のストーリーは決して綺麗な物だけを並べた展示会とは一線を画している。クロードにも湯音にも、そしてカミーユ[ CV:矢作紗友里 ]にも。それぞれが複雑な過去を背負っていて、その過去の上に生きている。当時を知るわけではないけれど、19世紀のパリに生きる人たちのリアルな生活感と心。華やかさとその影の部分を、決してどちらかに媚びることなく丁寧な構成で描ききった作品。

▼素直で頑固
湯音の性格は、おそらく現在の日本人が「昔の日本人ってどういうイメージ?」という問いに対して、導き出す答えの典型なんじゃないだろうか。決してクロードという雇い主に文句を言ったり、不平不満を言うことはない。だけど、一度決めたことは頑なに譲らないし、自分の信念だけは決して曲げない。それが湯音の可愛い所でもあるし、「おいおい、そこはクロードに譲歩しておけば良いのに・・・」と思う事も多々。だけどそれが湯音であり、この作品から目が離せない理由なんだよね。ただ単に可愛くて愛でるだけの対象ではない。それが湯音の魅力。

▼美しいビジュアル
最後までこのクオリティで持たせられるか?という不安を、見事サテライトはクリアしてくれました。湯音の行動範囲があまり広くないこともあり、背景もかなり緻密に書き込まれているし、湯音の着物のテクスチャもかなり凝っていて、その鮮やかさには一瞬ハッとする。アリス[ CV:悠木碧 ]やカミーユの高貴な雰囲気とか、クロードの店の小汚い感じとか、作品の雰囲気を作り出すのに申し分無い作画だった。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第11話)

湯音[ CV:東山奈央 ]の口から、時々その名前が出てくる姉汐音[ CV:能登麻美子 ]。単なる"仲の良い姉妹"としか思っていなかった汐音の存在が、湯音にとってはあまり語りたくない想い出だった。

それでもクロード[ CV:近藤隆 ]に汐音とのエピソードを語ったのは、決してクロードの命令だったからでも、"命の水"の力を借りたからでもないと思う。湯音にとっては、自分自身の弱さや人に見せたくない部分と真剣に向き合う、そんな好機だったんだと思う。

果たして、それを聞いたクロードがどう思うだろうか?グラン・マガザンに行くことを認めなかった理由は、どう考えても自分自身の嫌いな部分と向き合いたくないがため、言ってみれば八つ当たりだ。そんなクロードの気持ちをくみ取り、そして自分の事を知ってもらいたいという気持ちから、クロードに本当の事を話した。

いつもはふわふわしてる湯音だけど、こういう時の強さは凄い。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第10話)

遂に湯音[ CV:東山奈央 ]がネコと戯れる時が!・・・・来なかった。本編では何度となくネコにときめく湯音だけど、どうしても戯れるところまで行かない。惜しい!動くネコ(絵)を見て、ネコミミ装備してしまうくらい、ネコ好きなのに。

今回はクロード[ CV:近藤隆 ]の外出につき、湯音が留守を預かることに。クロードは「また迷子になるから」なんて言っていたけれど、どうやら今のギャルリでは、その心配はなさそうだ。いつのまにか、俺も知らないうちに、湯音はすっかりギャルリの一員として受け入れられているじゃないか。

そして珍しく、クロードの仕事へのこだわりと情熱を見る事が出来た。湯音が父親の話題を出したときには「これはタブーなのか?」っていう反応だったけれど、そうじゃないんだろうな。クロードにとっては、寡黙ながら仕事へのこだわりはハンパ無かった父親に対して、あこがれと尊敬の気持ちが今も凄く大きいが故、自分と比べられるのがイヤなんだろう。

今回、ギャルリドロアの店内を彩った幻灯機の明かり。残念ながら、この感動は現代に生きる俺にはなかなか伝わりにくい。それでも、あの場の雰囲気と熱気。これは確かに伝わった。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第9話)

子どもの頃のクロード[ CV:近藤隆 ]カミーユ[ CV:矢作紗友里 ]のエピソード。次回予告を見る限りではまだ終わりではないみたいだけど、どうもあのまま気まずい関係を解消することなく、年月が経ってしまったように見える。

カミーユが口にした「野良猫」と「飼い猫」という言葉に、何か彼女が既に背負っていた運命のような物の重さを感じてしまう。カミーユ自身、自分が飼い猫だってことはおそらく十分に理解していたんだろうな。だけど、クロードにはそれを意識するような所がない。それも含めて、自由気ままな野良猫。

もし時代が時代なら、二人は友だちになれたはずだし、その先の関係もあったに違いない。こういうところに、この作品の持っている世界観の重さを感じる。それがリアルでもあるし、今回のようなエピソードはちょっと心が沈んでしまう。

しかしだ、そんな沈んだ気持ちを思いっきり浮上させてくれるのがアリス[ CV:悠木碧 ]湯音[ CV:東山奈央 ]の二人なんだよね。特に今回は、アリスの大騒ぎも妙に心地よかった。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第8話)

アリス[ CV:悠木碧 ]の姉、カミーユ[ CV:矢作紗友里 ]。穏やかな表情でいつもアリスを見守っている彼女。これだけ見ていれば、自由奔放なアリスとは対照的に、物静かなお姉さんっていう印象だよな。

どうやらクロード[ CV:近藤隆 ]とは、ただならぬ過去のエピソードがありそう。クロードがブランシュ家を避ける理由はどう見てもカミーユだと思うし、事実、今回のカミーユとクロードの会話には、過去の二人の仲の良さからは感じられない冷たい空気が。

そして驚かされたのは、カミーユの湯音[ CV:東山奈央 ]に対する当たりだ。クロードに気に入られている湯音がしゃくに障ったのか?それともクロードに問いかけていたように、湯音の育ちを見るために、ワザと意地の悪い言い方をしたのか?

およそ今までのカミーユからは想像出来ないような、キツイ視線と冷たい言葉。だけどここは湯音が1枚上手だったな。おそらくカミーユもそれを認めたからこそ、最後はいつものカミーユに戻ったんだと思う。なんだかんだ言っても、アリスの姉だけあって、カミーユも凄く芯の強い女の子なんだと思う。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第7話)

ちょっとした些細な言葉や振る舞いが、湯音[ CV:東山奈央 ]クロード[ CV:近藤隆 ]に猜疑心を植え付けてしまう。それだけ二人の距離がググッと縮まってるってことだと思うし、ちょっと距離を置いて二人を見ているオスカー[ CV:田中秀幸 ]の視点から見えれば、大した問題には見えない気がする。

同じ日本人としては、「他人の不幸など我関せず」な雰囲気漂うパリの街は理解しがたいし、湯音の行動には共感を覚える・・・と格好良く言い切りたいところなんだけど・・。正直、クロードの説教にも一理ある気はしてしまう。何でわざわざ火中の栗を拾うようなことをするのか?なんか湯音に諭されているようで、我ながら情けないと反省。

しかしそんなタイミングで湯音がぶっ倒れちゃうもんだから、そりゃクロードも気が気じゃないよな。「何か隠してるんじゃないか?」っていう疑心暗鬼も当然。だけど、そんな疑いの気持ちはもうこれからは必要ないだろう。ちゃんと「親愛な人との挨拶」を済ませた湯音とクロードにはね。

それにしても、今回のアリス[ CV:悠木碧 ]は実に頼もしかった。最初だけ。氷風呂を運ばされた皆さんはご苦労様でした(笑)。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第6話)

湯音[ CV:東山奈央 ]の可愛さと、アリス[ CV:悠木碧 ]たちの華やかさ。そんな光の裏に必ず潜む影。どの時代、どの国にも必ず存在したそんな位部分を、今回のストーリーでは少なからず意識させられる。

その理由は、カミーユ[ CV:矢作紗友里 ]だ。いつも毅然としていて凛としているけれど、その言葉はとっても穏やか。そんな彼女が湯音の「鳥カゴ」という表現に見せたどこか悲しげな表情。アリスの賛美の言葉を聞く度に、心が晴れない様子。さらにはクロード[ CV:近藤隆 ]に対しても、どうやら特別な感情を抱いているみたい。

とは言え、あくまでも主役は湯音。今回も湯音の可愛さは否定のしようがない。特に写真を撮っているまさにその瞬間、目の前に現れた猫に思わず飛びつきたくなったのを一生懸命我慢している湯音。アイキャッチではようやくネコと戯れ始めたけど、本編でもネコと戯れる湯音をもっと見たいぞ。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第5話)

湯音[ CV:東山奈央 ]のやる気は、どうしてもこの異国の地、パリでは空回りしてしまう事が多い。今回もそう。それでも、もちろん湯音に悪気があるわけじゃない。多少の失敗をしても、前に進もう進もうとする湯音の強気な部分は、ものすごいエネルギーだと思う。

それが分かっていても、やっぱり沈んでる湯音を見るのは辛いなぁ・・。浮浪児[ CV:儀武ゆう子 ]には精一杯の笑顔と真心で接客したのに、クロード[ CV:近藤隆 ]の言葉どおり、彼には裏切られる事になるし。

そんな苦難を経験した湯音だけど、アラン[ CV:藤本たかひろ ]とも知り合えた。そして、ギャルリで迷っていた湯音を捜し当ててくれたクロードを見る湯音の目は、単なるご主人様への感謝の気持ちは少し違う?これからも湯音にはとにかく前向きに挑戦して、いろんな事を経験して欲しいね。

そして「あぁ毎回違うんだ」くらいにしか見てなかったアイキャッチなんだけど、どうやら湯音とネコが戯れる一連のストーリー仕立てになってるようだ。今更気がついた。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第4話)

湯音[ CV:東山奈央 ]アリス[ CV:悠木碧 ]、遂に初遭遇!クロード[ CV:近藤隆 ]は成り上がりの象徴のようなブランシュ家を相当に嫌っているようだけれど、そこは律儀な湯音のこと。なんだかんだでアリスの家にお呼ばれ。

しかし分かっていたとは言え、このアリスの奔放で猪突猛進な性格には驚いた。とにかくそのあふれるエネルギーは凄いものがあるな。最初は湯音を"モノ"としか見ないような、ちょっと性格的に問題のあるお嬢様かと思っていたけれど、今のところは湯音を傷つけるような事は言ってないし、ひとまずは大丈夫そう。

それでも、今のままアリスが考えを変えないのであれば、おそらく湯音とアリスは最後まで主従関係で終わってしまうだろうな。心を許しあう友だちまでは、たどり着けない気がする。湯音を帰すまいとするアリスを遠巻きに見守っていたカミーユ[ CV:矢作紗友里 ]の表情に、姉としての心配が表れていたような気がする。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異国迷路のクロワーゼ(第3話)

湯音[ CV:東山奈央 ]の着物を買ったカミーユ[ CV:矢作紗友里 ]、そしてそれをもらい受けたアリス[ CV:悠木碧 ]。少なくとも大事に扱ってくれそうな人が買ってくれたのは良かったけど・・・。このアリス、湯音を見たら大はしゃぎで大変な事になるだろうな~・・。

今回も、湯音が過ごすギャルリでの日常がストーリーの中心。それでも何でこんなに心穏やかな気持ちになれるのか。湯音の笑顔パワーは凄いな。アイキャッチで湯音がネコと戯れる姿が描かれていて、いつかこんなシーンが見られるのかと楽しみにしていたんだけど、そのシーンが遂に!

クロード[ CV:近藤隆 ]に言われた店番を気にしながら、ネコに触りたいという気持ちが交錯して・・・ってところで今回はネコが行っちゃいました。残念。そんなクロードとの距離もだいぶ縮まってきて、最初の頃に比べると湯音もだいぶ生き生きしてきた気がする。そして湯音の表情もね。

ところで、おそらく毎週更新されているであろうオフィシャルサイトの番宣プチアニメ。FLASHアニメだけどこれが相当に出来が良くて、既に最初から湯音とアリスが普通に仲良く絡んでるし、内容も面白い。見ておいて損はない。

異国迷路のクロワーゼ(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation