夏目友人帳

夏目友人帳 肆(最終話:第13話)

▼最終話
三世子[ CV:潘めぐみ ]の家で過ごした夏目[ CV:神谷浩史 ]の小学生時代。夏目が今まで、向き合ってこなかった自分の過去。

夏目の「空気が読めない」その性格に、なんともじれったい気分にさせられる。なんでもっと上手く生きられないんだ?っていう、怒りにも似た感情。"家族"の空間に突然現れた夏目の存在に、戸惑い反抗する三世子。何もかも忘れたくなるようなそんな出来事も、今の夏目には「自分の一部」と言える。夏目のその言葉を聞いてしまうと、腹を立てていた自分が恥ずかしくなるな。

「参」と「肆」の実質2クールとなった今回の夏目友人帳。夏目と妖怪の心の交流のエピソードで癒されていた1期と2期から大きく飛躍して、ドラマ性にさらに磨きがかかったストーリー。最終話は、そのエッセンスがギュッと凝縮された、濃厚な味付け。

夏目が三世子に鍵を返したとき、三世子は果たして夏目になんて声をかけたんだろうか?表情からして、「たまには、遊びに来てよ」的な内容だろうか?そんな想像を巡らせる余韻もまた、実にこの作品らしい。

▼一流のヒューマンドラマへ
3期同様、妖怪の存在は、ストーリーでは相対的に小さく見える。それはやっぱり、夏目の心の中に「人間」との関わりが締める割合が増えたから。だからといって、妖怪とのエピソードが薄くなった訳じゃ無い。

総じて言うと、ストーリーに"幅"が出てきてるんだと思う。夏目友人帳という作品が1期・2期と築き上げてきた土台は崩さずに、そこに上手く上積みされていったことで、ストーリーに深みが出てきた。夏目が妖怪のことや自分過去のことを語るモノローグにも、言葉に重みを感じる。もちろんこの3期、4期だけでも楽しめると思うけれど、未見の人は是非、1期・2期からをお勧め。

▼過去と向き合う
やっぱり人間、イヤだったことはさっさと忘れたい。自己嫌悪の感情も含めて、それが自分だって言い切れる夏目に、尊敬の念すら覚えた。もちろん、夏目だって過去を思い出して楽しい気分になってる訳じゃないんだろうけど・・。やっぱり"今"が充実してきたっていう精神的な充足感が大きいのかな。

そしてそんな夏目を、いつも以上にニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]が見守ってくれていたような気がする。ただしこれについては、なにぶん相手がニャンコ先生だけに気のせいかもしれない(笑)。

▼今期は作画も安定
「参」の時はブレインズ・ベースの同時制作進行作品の影響もあり、少々怪しかった作画クオリティだけど、今期は文句なしのハイクオリティ作画復活。自分には縁もゆかりも無い、フィクションの世界の風景なのに、何故か夏目の回想は懐かしさを感じてしまう。

そして極めつけは、最終話で夏目が自分の家に戻った時だ。がらんとした夏目の家の風景を見て、不思議とそこには懐かしさや温かさを感じなかった。もしかして、夏目はこの家のこと、あまり覚えてない?そして案の定、夏目の記憶はかなり曖昧。この一体感は、じつに気持ち良い。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第12話)

過去の夏目[ CV:神谷浩史 ]を知る蒼井家の娘、三世子[ CV:潘めぐみ ]。その印象が良くなかったに違いないであろう事は、容易に想像が付いた。

だから、夏目の"見た目"だけでちょっと浮かれていた三世子が、またすぐに手のひらを返すんじゃ無いかって事は、容易に想像出来た。想像は出来たんだけど、なんとももどかしい。夏目は「妖の危害が蒼井家に及ぶくらいなら、自分がどう思われていようとその方が良い」と思ってしまっている。それが分かるから、このやるせない気持ちをどこへぶつけたら良いのか分からない。

そんな俺の憤りは、しかし最後にふっとどこかへ消えていった。三世子って女の子の事を、少し偏見の目で見ていたのかもしれない。「どうせ普通の人には理解出来ない」という思い込み。たぶんそれは、昔の夏目が持っていたのと同じ感情。気がつけば、夏目はそれを克服して、もっと先に行っているじゃないか。夏目友人帳がこれまで積み上げてきたストーリーを、改めて振り返らされた気がする。

そして今回ばかりは、ニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]に着いてきてもらって大正解。なにやらきな臭い雰囲気だ。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第11話)

どうしても避けては通れないレイコ[ CV:小林沙苗 ]はさておき、夏目[ CV:神谷浩史 ]の両親の話は、夏目のモノローグでも決して出てくることは無かった。そして今回のエピソードだ。

夏目の中にある「忘れたくない」という気持ちと、「忘れてしまいたい」という気持ちの葛藤。もちろん、ニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]のあの表情は、それを分かっていたんだと思う。同時に、塔子[ CV:伊藤美紀 ]もね。

夏目が過去の"自分"を振り返る機会は増えてきたけれど、"家族"を振り返る機会はこれが初めて。その事実だけでも、ホントに夏目が変わったな~と思うし、感慨深いと思う。田沼[ CV:堀江一眞 ]の助けもあっての出来事だけれど、そういう友だちが夏目の周りにいるってこと自体が、夏目の成長の証拠だと思う。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第10話)

名取[ CV:石田彰 ]の後押しがあったとは言え、あの状況でよく夏目[ CV:神谷浩史 ]豊月[ CV:緑川光 ]を最後までやり通したよなぁ。むしろ俺の方が、いつばれるのかとハラハラしっぱなしだった。

結局、夏目が豊月の封印を解いたところで力尽きてしまったので、あの後、夏目が見た豊月と不月[ CV:東地宏樹 ]の会話が、実際に名取やニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]の前でかわされたのかどうかは分からない。そこを様々な想像で補う自由をくれる、これが夏目友人帳の真骨頂だよな。

俺は夏目が暮らしているような、「里山」の風景にはあんまり馴染みはないし、いわゆる伝統的な神事にもこれまでずっと縁が無い暮らしをしてきた。それでも、今回みたいなエピソードを見ると、理由は分からないけれど郷愁にかられてしまう。この作品のエピソードは、日本人の心に染みついている何かを呼び起こしてくれる。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第9話)

[ CV:雪野五月 ]ですら感じる夏目[ CV:神谷浩史 ]の変化。そして他人への関心とは無縁の場所にいたはずの夏目ですら気づく、名取[ CV:石田彰 ]

まさか、夏目と名取の関係がこうも様変わりするとは。"迷い"という自分との戦いからようやく解放されつつあって、今回も「山を守るのは人間のためでもある」と言ってはいるけれど、おそらく夏目の本心では、そんな損得勘定は一切無いはず。「困っている妖を助けたい」―。たぶん夏目の気持ちは、その一途な心だけ。

それにしても、今回はニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]、全く役に立ってないぞ。御輿の上では爆睡してるし、夏目に襲いかかってきた、なにやらニャンコ先生楓の妖には、油断したすきに夏目を吹き飛ばされ。

柊に「デブ猫」呼ばわりされても、これは否定できないほど、今回はていたらく(笑)。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第8話)

七瀬[ CV:土井美加 ]ミカゲ[ CV:木内秀信 ]との思い出を語るころ、夏目[ CV:神谷浩史 ]小天狗[ CV:うえだゆうじ ]に連れられて、ミカゲが封印された"曲玉"を探していた。

結局、七瀬の思い出話によると、七瀬自身はレイコ[ CV:小林沙苗 ]には直接会ってないみたい。そしてミカゲが再び七瀬と再会することもなく、夏目が七瀬からそのエピソードを聞くこともなく。

もし、今の七瀬とミカゲが出会ったら、いったいどんな話をするんだろうか?もしあのとき、レイコと七瀬が直接出会っていたら、レイコは七瀬に何て言っただろうか?フィクションの世界での、さらなるフィクション。この想像を楽しませてくれるシナリオのクオリティ。これぞ夏目友人帳だ。

4期は夏目以外のキャラクターの視点でのストーリーが結構多くて、しかも俺にとってのストライクなエピソードばかりだ。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第7話)

次回予告にチラッと映っていたあの女子高生、まさかのニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]!変身ネタは6話でおしまいかと思いきや、一応"伏線"になっていたってことだな。

しかしその外見、どう見てもレイコ[ CV:小林沙苗 ]だよな~。ステキな顔がデザインされたお面からチラッと覗いた鋭い視線は、ちょっと印象が違う気もしたけどね。

夏目[ CV:神谷浩史 ]がもう少しうろたえるかと思ったけど、あのときの夏目は田沼[ CV:堀江一眞 ]の事でいっぱいいっぱいだったから、それどころじゃなかったのかも。

とは言え、夏目がこれまで遠ざけてきた物に、今回、田沼は触れてしまった。もちろん、それで田沼が夏目と疎遠になる訳は無い。分かってはいるんだけど・・。むしろ夏目の方がおかしな遠慮をしてしまうかもなぁ。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第6話)

普段の夏目[ CV:神谷浩史 ]がどんな人間かよ~く知ってるからこそ、今回の夏目友人帳は大いに笑った。いつもこういう笑いとは無縁な作品だからこそ、たまにはこういうエピソードもアリだよな。

その笑いの震源地は、もちろん夏目型ニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]だ。意図的なのか天然なのか、夏目本人では絶対にあり得ないぞんざいな言葉遣いと横柄な態度!そしてそんないつもとは違う夏目に完全にノックダウンされてたのが[ CV:沢城みゆき ]。これは一歩間違えたら確実に付き合うことになってたぞ(笑)。

さて、そんな笑いの絶えない展開も、後半に入ると少しずついつもの夏目友人帳に。なによりも田沼[ CV:堀江一眞 ]が、「夏目のために」と奮闘してくれそうという事実が、夏目にとっては一番心を痛めていそう。そんな夏目の気持ちを知りながらも、それでも夏目のためにっていう田沼を見ていると、状況は良くないにもかかわらず、どこか安心してしまう自分がいる。

しかしやはり田沼だけでは心許ない。ここは是非、[ CV:佐藤利奈 ]にも助けてもらうべきだ。(どうやら次回予告を見ていると、田沼も俺と同じ選択をするようだ。)

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏目友人帳 肆(第5話)

夏目[ CV:神谷浩史 ]の中学校時代―。何となく想像はしていたんだけど、それでも俺が思っていた以上に、人との付き合いに戸惑いを感じていたんだな。そしてそれと同じくらい、妖怪との付き合いも苦手だったみたい。

Aパートでは、そんな夏目の姿をユリコ[ CV:伊藤静 ]というゲストキャラの視点で描き、そしてBパートでは夏目の視点でおさらい。最後には、ユリコ視点のエピソードで綺麗に締める。

ありふれた展開だと、「夏目とユリコがバッタリ再会」とか「ユリコが夏目に会いに行く」っていう流れになりそうだけど、この作品は決してそれがない。たまたま偶然に、お互いがお互いをちょっとしたきっかけで思い出す。その出来事は、お互いの心の中に"思い出"として残っている。この何とも言えない余韻。俺がこの作品を大好きな理由は、まさにこれだ。

もし、今夏目がユリコと再会したなら。黒鎌の妖怪[ CV:西松和彦 ]と話すことがあったら。果たしてどんなエピソードが出来上がるのか、想像を巡らせると自然と顔が緩む。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏目友人帳 肆(第4話)

単なる"いい話"という言葉でまとめてしまうのはあまりにももったいない、ヨビコ[ CV:中野裕斗 ]の追憶の日々。これぞ夏目友人帳の真骨頂とも言うべきエピソード。

夏目[ CV:神谷浩史 ]の妖怪に対する気持ちと、ヨビコのヨウコ[ CV:高梁碧 ]に対する気持ち。そしてヨウコのヨビコに対する気持ち。いろいろな想いが時代を超えて、それに触れた人の心を温かくしてくれる。

俺は最初、あの手紙の中身はストーリー上で直接明かされる事は無いのかもしれないと思っていた。あの手紙には、長々とヨウコの言葉が綴ってあるんじゃないかと思っていた。だけど違った。そこにあったのは短いけれど、後悔の日々を送ってきたヨビコには救いの言葉が残されていた。

的場[ CV:諏訪部順一 ]のような人間ばかりじゃない。今回の夏目とヨビコ、そしてカリカミ[ CV:佐々木健 ]のような関係こそが、多くの妖怪と人間に夏目が見てもらいたい物に違いない。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation