神様ドォルズ

神様ドォルズ(最終話:第13話)

▼最終話
果たして、禍津妃に猛然と向かっていった玖吼理は、誰の意志をくみ取っていたのか?サブタイトルの「隻・枸雅匡平[ CV:岡本信彦 ]」から連想するのは、やはりあの時の玖吼理は、匡平を隻として認識していたのでは?という確証に近い推測。

しかしな~、最終話といいつつこれは完全にストーリーを途中で放り投げて終わってしまったも同然。一応、匡平と日々乃[ CV:茅野愛衣 ]がくっついたという点においては、1つの区切りがついたとは言えるけれども、結局阿幾[ CV:木村良平 ]や空守村、隻を巡る因縁は何一つ解決されないまま。

最後にちょっとだけ、玖吼理(耳?手?がない?)と共に例の4本足の案山子と戦う匡平。これはどういう意味?このシリーズ構成は、確実に2期ありきで作ってると思うし、最後のテロップもそれを臭わせてはいるものの、今のところはその告知もなく。Blu-rayの売れ行き次第ってところっぽいな。

▼前半は耐えるアニメ
最終話で何も片付いていない以上、最終的に面白いと言える作品なのか?という判断をしようがない。確実に言えることは、前半のストーリーはかなりの低空飛行。よってこれを如何に耐えて、そして後半の「匡平の語る過去の出来事」にたどり着けるか。これがポイント。

この作品の物語は、結局すべてそこから始まっていると言って良いと思う。だけど、その内容は頑なに匡平が語ろうとしない。「何があったんだ?」「これじゃ意味が分からん」この2つのバランス、どっちかに傾きすぎても"夢中になれる面白さ"から遠ざかっていく。神様ドォルズの場合、やはり前半は「意味が分からん」方に傾かざるを得ないと思う。

▼キレキャラ匡平
主人公ってのは、何か自分に無い物を持っていて、それが魅力的だからこそ、あこがれの対象になったり、そこに自分を重ねてみたくなるもの。しかしだ。匡平の場合は・・・。はっきり言って残念キャラとしか。どう考えても内弁慶で引きこもるタイプなんだよね、匡平は。しかも何か上手くいかない事があると、すぐヒステリックになる。そんな匡平と一緒に過ごしてきた詩緒[ CV:福圓美里 ]が可愛そうだ。

最後の方はだいぶマシになってきたんだけど、阿幾と昔話をして本気で笑い合っていたのには正直引いた。阿幾の殺してきた人の数、奪った命の数をもう一度考えてみるべきなんじゃないの?

▼3作品平行のしわ寄せ
ブレインズ・ベースにやっぱりTVシリーズ3本はキツいんじゃないの?特に日々乃の作画が超絶に不安定だった。まぁそもそも、胸をデカくキャラデザインしすぎってのもあるんだけど、その胸の大きさに比べて顔と身体のラインの細さが異様にアンバランス。逆にそれ以外のキャラは、結構安定したんだけどな~。詩緒も可愛かったし。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ドォルズ(第12話)

東京に出てきた匡平[ CV:岡本信彦 ]が好意を持った日々乃[ CV:茅野愛衣 ]。田舎町に都会からやってきた瀬能先生[ CV:鍋井まき子 ]に惹かれた匡平。時間と場所は違えど、まさにデジャヴ。そしてまたもや匡平の目の前で・・。

そんな状況に匡平がプッツンしないワケもなく。もうこうなると誰も匡平を止められないか?もしや「隻」としての匡平が再び覚醒するのか?そんな期待とも不安とも言える気持ちで、日々乃を助けに「禍津妃(マガツヒ)」に飛びかかる匡平を見守っていた。しかし迂闊だったな。完全丸腰で、玖吼理の援護も期待できない状況で、案山子相手にかなう訳もない。

しかし、匡平が後頭部を強打され、意識を失いかけると同時に玖吼理が覚醒。だけどこの状況はヤバいんじゃないの?もし玖吼理が匡平への一撃が原因で覚醒したとすると、おそらく詩緒[ CV:福圓美里 ]にはもう制御できない。同じくまひる[ CV:花澤香菜 ]の制御下にない禍津妃と対峙することになったら―。

ここは空守村と違って人の多い都会。惨事になるのは目に見えている。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神様ドォルズ(第11話)

独善的で他人の気持ちなんて全く考えてないとしか思えないまひる[ CV:花澤香菜 ]。彼女を見ていると、「ホントにまひるが誰かの命令とか指示で動くか!?」という疑問の方が先に立つけど・・。しかし彼女にも1つだけ弱みがあるんだよな。それが匡平[ CV:岡本信彦 ]だ。

詩緒[ CV:福圓美里 ]ですら知らない、匡平の隻としての能力。日々乃[ CV:茅野愛衣 ]は「怖い」っていう言い方をしているけれど、俺は匡平が玖吼理を操る様子を見てみたいと思っている。

幼い頃、精神が未熟な頃の匡平ですらそこまで玖吼理をコントロールしていたのなら、果たして今の匡平ならどのくらいの技量を見せつけてくれるのか?はたまた、未だに未熟な面を見せる精神的な弱さのせいで、返って昔よりも下手くそになってるんじゃないか?

もちろん、玖吼理の操作に悪戦苦闘する詩緒の可愛さは忘れちゃいない。今回はせっかく作ったクッキーをボロボロにされたり、テーブルに顔面から突っ込んだり、何かと不憫だった。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ドォルズ(第10話)

匡平[ CV:岡本信彦 ]の回想にしばしば登場していた"もう1つの光景"。これもやはり阿幾[ CV:木村良平 ]が絡んでいたか。そしてそこにいたのは、ようやく平穏を取り戻しつつあった匡平たちの東京での生活を引っかき回しに来たまひる[ CV:花澤香菜 ]だ。

このまひる、性格的な面でもそうだし、必要以上にプライドが高くて自分の世界に酔いしれているあたり、かなり危険人物な香りがする。それでいて"隻"ときてる。もちろん、その場にいた村民を皆殺しにして、平然と生活してる阿幾もかなりヤバいけど、まぁ阿幾の存在はどうやらこの作品では特別らしいので・・。

そんな重苦しいエピソードはそれとして、詩緒[ CV:福圓美里 ]は相変わらずの癒しキャラだな~。桐生[ CV:小林由美子 ]に「お姉ちゃん」と呼んでもらえ無いどころか、逆にバカにされて、すっかりご機嫌ななめ。分かりやすくて実に可愛い(笑)。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神様ドォルズ(第9話)

久羽子[ CV:沢城みゆき ]に引きずられながら回収され、その後どこで寝泊まりしているのかと思ったら。阿幾[ CV:木村良平 ]が久羽子の家にお世話になっているとは・・。あぁいううるさい女は嫌いそうなんだけどな(笑)。

それにしても本人が言うとおり、確かに化粧っ気も無いしがさつで掃除もろくにしてない感じだけど、久羽子が"いい女"なのは間違いない!俺は認める。あんな羨ましい状況で何の興味も示さないとはなぁ。それだけ瀬能先生[ CV:鍋井まき子 ]の存在が、阿幾にとって大きいって事なんだろう。

そんな阿幾のきな臭い動きとは裏腹に、今回も詩緒[ CV:福圓美里 ]が良い具合にストーリーを柔らかくしてくれる。日々乃[ CV:茅野愛衣 ]匡平[ CV:岡本信彦 ]靄子[ CV:高垣彩陽 ]と二人きりなことを気にしないところで、「一人脱落♪」って、何かおかしいぞ(笑)。

しかし世の中は実に上手くできていて、日々乃脱落と思いきや、新たなライバル?まひる[ CV:花澤香菜 ]がかなりかき回してくれそうだ。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神様ドォルズ(第8話)

7話匡平[ CV:岡本信彦 ]の陰鬱な昔話を聞かされたあとだけに、スカッと海で気分転換!と思いきや、台風接近でまさかの大嵐。詩緒[ CV:福圓美里 ]の水着はお預け。

そんな息抜きもそこそこに、日々乃[ CV:茅野愛衣 ]阿幾[ CV:木村良平 ]と遭遇。そりゃ匡平のあの話を聞いた後じゃ、そんな表情にもなるよな。

とは言え、果たして日々乃が同じ話を阿幾から聞いていたらどうだっただろうか?とふと思う。もちろん、阿幾が自分の身の上をベラベラと喋るような人間じゃない事は分かっているし、多くの人の命を奪ったという事実は変えられない。それでも、俺の感覚としては、匡平にそこまで肩入れするほどの人間的魅力を感じないのもまた事実だ。

ところで、今回は久々に詩緒のいろんな表情が見られて、ついつい顔が緩んでしまったじゃないか。兄妹なのに「浮気者!」とか言われるなんて(笑)。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ドォルズ(第7話)

かつてこんなに後味の悪い回想があっただろうか。匡平[ CV:岡本信彦 ]阿幾[ CV:木村良平 ]、そして瀬能先生[ CV:鍋井まき子 ]の過去。誰の視点から見ても、何一つ"良い想い出"として刻まれる事はないであろう、かつての出来事。

匡平にとっては、自分が恋した相手、瀬能千波野が既に阿幾と深い仲にあった事、そしてその阿幾が千波野を殺したと思い込み、怒りを爆発させた事。どれを取っても、惨めとしか言いようがない。そして問題児とされながらも、阿幾の方が匡平よりも人を引きつける魅力があるってことを、匡平は少なからず察していたんじゃないのか。

隻を辞めて、言い換えれば詩緒[ CV:福圓美里 ]に押しつけ、空守村から逃げ出してきた匡平。俺の目には、そう映る。そして今まであまり印象が良くなかった匡平に対するイメージが、この1件でさらに悪くなった。こんなに人として惨めで情けない主人公もある意味で珍しい・・・。

救いは小さいころの詩緒が、今と変わらず一生懸命で可愛かったこと。なんで匡平をそんなに慕っているのか、不思議でしょうがない。彼女の視点からの回想も見てみたいところだ。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神様ドォルズ(第6話)

ようやくだ。次回、ようやく匡平[ CV:岡本信彦 ]が自身の過去について、その重い口を開く。日々乃[ CV:茅野愛衣 ]に促されたとき、コイツはまたキレるんじゃないか?と思ったけど、そこは流石に大人だったか。

空守村が近づくにつれてその表情が相当に険しくなっていた匡平。家族との再会も、桐生[ CV:小林由美子 ]の存在を知った匡平にとっては、苛立ちの原因でしかない。ま~た匡平の激情に日々乃と詩緒[ CV:福圓美里 ]が振り回されるんじゃないかと思ったけど・・・・。

靄子[ CV:高垣彩陽 ]由良子[ CV:山口理恵 ]のおかげで、少し救われたかな。匡平に阿幾[ CV:木村良平 ]の事を聞いた時の反応は、あからさまに沈んでいたけどね。

そのあたり、靄子と阿幾の関係なんかも、おそらくは次回以降の過去の真実で明らかになるはず。ようやく作品の核が見えてくるかな?

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様ドォルズ(第5話)

匡平[ CV:岡本信彦 ]の故郷、空守村。一見するとのどかな山間にある田舎の村って感じだけど・・・。その実、明らかになにかきな臭い。"アマテラス"なる案山子の存在は、間違えなく匡平が故郷を追われた理由に繋がっていそうだ。

4話では、その抑えの効かないブチ切れで阿幾[ CV:木村良平 ]をボコボコにして日々乃[ CV:茅野愛衣 ]をドン引きさせていた匡平だけど、さすがは血を分けた兄妹。今回は詩緒[ CV:福圓美里 ]が本領発揮。

とは言え、詩緒の場合はまだまだ精神的に未熟なところが見て取れるし、それを御してあげるのが兄である匡平の役割のはずなのに、どうにも匡平の言葉には人の心に届くような力が無いんだよな。それはすなわち、匡平の自分に対する自信のなさの現れのように思えてならない。

しかしだ、さりげなく抱き合ってる匡平と日々乃を引っぺがそうとする詩緒とか、すっかり弱気になって匡平に甘えてるのを指摘されたときの詩緒とか、相変わらず詩緒が可愛い事は確かだ。疑いようがない。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神様ドォルズ(第4話)

回を重ねる毎に、匡平[ CV:岡本信彦 ]の見苦しい行動が目に付く。一見して穏やかに見えるだけに、キレた時の匡平とのギャップが、嫌悪感に近い感情に繋がってる。阿幾[ CV:木村良平 ]に殴りかかった匡平に、少なくとも同情する気持ちは全く無かった。

それだけ匡平の過去に阿幾が大きな傷をつけた、とりわけ今回阿幾が口走った"先生"という単語は禁句のようだ。しかしその過去がよく見えてこない以上、主人公であるはずの匡平には感情移入出来ないし、まして平気で人殺しをする阿幾なんてもってのほか。もう詩緒[ CV:福圓美里 ]を愛でるしか、やる事が無いじゃないか。

しかし単なるゲストキャラかと思っていた久羽子[ CV:沢城みゆき ](くうこ)が、意外にもストーリーに絡んでくるキャラになるとは。彼女の好奇心は分からないでもないけど、少なくともその行動は相当に危ない人だぞ(笑)。

神様ドォルズ(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金