ダンタリアンの書架

ダンタリアンの書架(最終話:#12・第14話)

▼最終話
ヒューイ[ CV:小野大輔 ]が幻書の朗読を始めたとき、「お!?この文章はどこかで聞いたことがあるような・・・」という既視感。そしてすぐに「なるほど、OPの歌に日本語のテロップがあったのはそう言う意味か」と理解した。今回はOPも無かったしね。

作中、常に重要なポジションに良そうな雰囲気で、しかし謎の存在のままだった"書架の少女"。この最終話のエピソードを見る限り、俺はあの少女がダリアン[ CV:沢城みゆき ]の管理する幻書の1つだったんじゃないか?という結論に至った。過去、ヒューイと直接であったかのような振りだったから、既にこの世には居ない、しかし存在した過去のある人なのかも。

そして遂に、最終話にしてラジエル[ CV:矢作紗友里 ]とダリアンがはち合わせ!あれ、ラジエルってこんなに可愛い感じだったっけ?ようやくライバルと言えそうなキャラクターと出会えたところで、物語はお終い。

まだ作品としては続きを作ることはできそうな終わり方だけど、1つの区切りという意味ではちょうど良い終わり方だったんじゃないかな。

▼やや抽象的なストーリー
1話を見て、そして放送前の紹介特番を見て、この作品はマニアックで難解な雰囲気だぞ・・・という予感はしていたんだけど、まさにその通り。そしてそれだけでなく、知識が無い故かもしれないけど、どうにも内容が抽象的に感じた。

最初の頃は一生懸命、作品のストーリーやその核心である"本"の存在を理解しようとしていたんだけど、その本が表現したかったことが何だったのか。そこにどのような意味がこめられていたのか。それを考える余裕は、残念ながら俺にはなかった。時々軽いエピソードもあって、それはそれで面白かったけどね。

▼キャラクターの存在感
作品を主として構成するキャラクターがそれほど多くないこの作品。それだけキャラクターの立ち位置は重要。そのはずなんだけど、段々とダリアンとヒューイの存在感が薄くなっていく。ダリアンは説明ゼリフが多くなるし、ヒューイはストーリーを進行するための道具に近づく。むしろラジエルの方がキャラクターとしては分かりやすいし、彼女サイドのストーリーの方が、エンタテインメント性はありそうな気がする。

▼ダークな世界観
時には晴れた草原を車で駆け抜けるヒューイだけど、この作品の基本はやはり"闇"だと思う。その中に黒い洋服、濃い青の髪の毛のダリアンがいるわけで、どうしても画的に単調な印象はぬぐえず。作画クオリティ的には並と言ったところかな。背景は水彩画をぼかしたような表現だったけど、これもあまり綺麗には見えなかった。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンタリアンの書架(#11・第13話)

本編との関連性が良く見えないまま挿入された、#6・第7話のエピソード。そこに登場した幻書を蓄える存在、ラジエル[ CV:矢作紗友里 ]。ここでようやく、本編と繋がった。

なにやら不思議な詩を書いていたり、飛び方を見ていると考えていることが分かると言っていたり、アイラス[ CV:速水将 ]は幻書の力を使っているのか、それとももしかして、その書いている詩こそが幻書たりえるのでは?という気はしていた。

テレビシリーズのラストは、原作どおりではなくオリジナルエピソードと聞いているけれど、これもアニメオリジナルエピソードなのか?幻書が絡みつつ、難解な世界観ではなく誰にでも分かりやすいエピソード。ヒューイ[ CV:小野大輔 ]の血気盛んな姿は、ちょっと新鮮。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダンタリアンの書架(#10・第12話)

麻薬のような楽譜、幻曲か。確かに楽譜も書物といえば書物。今までのエピソードとは少し趣の異なる今回のストーリー。俺としては音楽に対しても当然のように(?)学はないけれど、ビブリオマニアの世界よりは、まだ多少はとっつきやすかった気がする。

その楽譜を機会に弾かせるっていう発想も凄いけど、それ以上に"魂"の入ったクリスタベル[ CV:中原麻衣 ]っていう"奏者"を生み出したダラリオ[ CV:川田紳司 ]も相当に凄いと思うぞ。

もし彼が、クリスタベルの設計書を書き残していたとしたら。それは間違いなく幻書になるんじゃないだろうか。そもそも、彼が幻書の力なしにクリスタベルを作り上げたってことの方が、この作品的には特異な事象だと思うんだけど・・。ダリアン[ CV:沢城みゆき ]ヒューイ[ CV:小野大輔 ]も、意外と淡泊な反応。

そのクリスタベルが最後に弾いた曲は、果たしてダリアンの言うとおり、ダラリオの調整によるものなのか、はたまた彼女の意志だったのか。絶妙な余韻を残して幕を閉じたエピソードだ。しかしバイオリンを弾いてる画が全く出てこないあたり、作画の省エネ度合いが露骨すぎる。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダンタリアンの書架(#9・第11話)

本の挿絵のような背景と、少し古くなった紙の上に描かれたようなエフェクト。いつもとは違うそのビジュアルに、「あぁ、おそらくは本の中の物語なんだろうな」という察しはすぐに付いた。余談だけど、むしろ最初からこの画の方が、作画の粗は目立たなくて良いんじゃないかと(笑)。

その本の中に現れた巨大な「羽虫」。アイラ[ CV:小林由美子 ]たちの世界では、人を食い殺し街を荒らす巨大は虫なれど、現実世界では単なる羽虫。このギャップを分かっているからこそのダリアン[ CV:沢城みゆき ]ヒューイ[ CV:小野大輔 ]の落ち着きっぷり。

果たして、今回の物語は本に書かれたとおりの内容だったのか?それとも結果として、本の内容どおりにダリアンとヒューイが行動したんだろうか?はたまた、そのイレギュラーなイベントが、本に新たな物語として加筆されたんだろうか?

いつもは難しすぎるか単純すぎるかで、あまり多元的な解釈を楽しむ余地を与えてくれないことが多い本作だけれど、今回は俺でもそんな余韻を楽しむ事が出来た。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンタリアンの書架(#8・第9話・第10話)

「等価の書」、そして「連理の書」。二つの幻書が1つのストーリーに絡むエピソード。等価の書のエピソードは、ちょっとしたクイズみたいな感じで、この作品にしては珍しく重苦しい雰囲気もなかった。

カミラ[ CV:能登麻美子 ]が最後に手に入れたい物は何なのか?それを「命より大事」と言ってはばからないフィエロン[ CV:松本大 ]から、どうやってあのクマ(テディベア?)を手に入れたのか?

蓋を開けてみれば、なるほどな展開。おそらくあのフィエロン、等価の書を我欲のためだけに使おうとして、すぐに死ぬタイプだな。カミラがそこまでダリアン[ CV:沢城みゆき ]を気に入っていたのは意外だったけど。

連理の書のエピソードは、ナンパ師アルマン[ CV:桜井孝宏 ]がちょっと痛い目に遭うお話。死んでも蘇る幻書があれば、そりゃ何でもアリだよな。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダンタリアンの書架(#7・第8話)

#6・第7話のエピソードとの絡みは、結局分からず仕舞いか。何か繋がりを思わせる出来事とか、ちょっとした伏線とかが入るかと思ったけど、今回はおそらく何も無かったんだろうな。もしくは、俺が気づいていないか・・。

今回のエピソードは、比較的分かりやすい内容。手のひらを返すようだけれど、流石にシンプルなエピソードすぎて、今回は少々盛り上がりに欠ける。フィオナ[ CV:伊藤静 ]が純粋な悪人じゃないだけに、そう感じてしまうのかもしれない。

そんなエピソードの中、ヒューイ[ CV:小野大輔 ]ダリアン[ CV:沢城みゆき ]が「探していた物」は、結局のところフィオナが書いた調合のレシピだったってことなんだろうか?

最大のポイントが敢えてぼかしてあった気がするけど、最後に街の広がった"幸せの香り"で幕を閉じられた事が、何よりもフィオナへのはなむけだったんだろう。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンタリアンの書架(#6・第7話)

今回のエピソードは、果たしてダリアン[ CV:沢城みゆき ]ヒューイ[ CV:小野大輔 ]が幻書の処理に奔走していた時代と、時期を同じくしているのか?それとも時系列的には異なっているのか?

最初、ハル[ CV:加藤将之 ]なる"焚書官"の言う「錠前をつけた少女」は、ダリアンの事とばかり思った。だから、ハルとフラン[ CV:小清水亜美 ]は何らかしらの関係がありそうだった。

だけど、フランが"失踪"の話を始めたあたりから、「おや?」という違和感。あの二人が、ましてやそんな犯罪的な行為に関わっているはずもないし・・。という事で、今回はダリアンとヒューイの二人と、この焚書官たちの接点は分からず仕舞い。

ただ、ダリアンと同じく、幻書をその身体に埋め込まれた人間(?)が存在するということ、そしてハルの探していたラジエル[ CV:矢作紗友里 ]なる少女が、少なからず幻書の力を悪い方向に使っている事は理解出来た。単なる番外編エピソードとも思えないこの7話。おそらく、この先のストーリーへの伏線のはず。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダンタリアンの書架(#5・第6話)

「話数表記はそのままに、放送回数を"#"で表記する」という方針になったらしいので、一応それにあわせてみました。なんか余計に混乱しそうな気もするけど・・。

今回はダリアン[ CV:沢城みゆき ]も言っていたとおり、「竹取物語」がモチーフとなっているストーリー。アルマン[ CV:櫻井孝宏 ]が「ヴィオラ[ CV:かかずゆみ ]と結婚するために幻書を探している」と言っていたので、それは何となく察しが付いたけども・・・。

それよりも、アルマンの登場からヴィオラに会いに行くまでの序盤の展開だ。あまりに唐突で駆け足すぎるだろ。そもそもアルマンがあまりにも普通に出てくるから、「あれ、こいつは以前に登場してるんだっけ?」と錯覚する。

幻書の力もあって、メルガル伯爵[ CV:源田哲章 ]を退けはしたけれど、ヴィオラが他の男になびいたのは予想の範囲を超えないオチだったな。今までの積み上げじゃなくて、今回初お披露目の要素ばかりのストーリー。物語を楽しむ環境が整う前に終わってしまった感じだ。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンタリアンの書架(第4話)

死んだはずの「狼たちの帝都」の作者、レニー[ CV:日野聡 ]。その作者から手紙が届き・・・って所までは、よく分かった。ところがその後、レニーの家で出会ったポーラ[ CV:高山みなみ ]の振る舞いは、まるでレニーが生きているかのよう。なんでダリアン[ CV:沢城みゆき ]ヒューイ[ CV:小野大輔 ]も、それに対して何の反応もしないの?

ポーラに招かれた後、作品の解説を始めるポーラに対して、ダリアンの鋭い突っ込み!これがきっかけでレニーと直接会う事はできたけれど、結局ポーラはレニーの書いた作品をイマイチ理解してなかったって事で良いの?なんかもっと重大な真実への伏線かと思っていたのに、あっさりと使い捨てられてしまったな。

ヒューイたちがレニーの死体を発見した時点で、ポーラが血の付いた鎌を連夜持っていたことからも、おそらくレニーは生き返っているに違いない、という事は推測できた。2人で交互に死んだり生き返ったりを繰り返す、というおぞましい展開は流石に想像の範囲を超えていた。

最後はレニーとラティ[ CV:佐藤利奈 ]が二人一緒に死んでいったと考えれば、まぁハッピーエンドなのか?しかし、死ぬ事に耐性が付いて生き返るっていうのはどうなの?今回はどうにも消化不良って感じだな。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンタリアンの書架(第3話)

今回は「叡智の書」、そして「月下美人」という2つのショートストーリー2本立て。ストーリーが長くなるとそれだけ積み重なる事実も多くなるわけで、まだ"ダンタリアンの書架"入門者の俺としては、このくらいの軽いストーリーの方がありがたい。

「叡智の書」ではなにやら思わせぶりな少年たちが登場するんだけど、結局彼らはダリアン[ CV:沢城みゆき ]の分析によると「英知を厚めすぎた結果、失敗を見通せるが故に何もしない」、という道を選んだらしい。幻書で手に入れた力の虚しさを感じた。

「月下美人」は一風変わった本が題材。人の手で記された書物だけでは飽きたらず、人をおびき寄せるために植物が作り出す"本"にまでその欲求を向けていたヒューイ[ CV:小野大輔 ]の祖父と、それを育て続けていたダリアン。強盗を撃退したとは言え、あの植物の中にが入ってるかと思うと・・・。あんまり良い気分はしない。

そしてその2つのエピソードに登場した新キャラ、カミラ[ CV:能登麻美子 ]。ダリアンの悪態をさらりとかわす、何とも華麗なレディーだ。この二人のやりとりは、良い具合に心が安まる。

ダンタリアンの書架(@テレビ東京) / アニメーション制作:GAINAX

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation