たまゆら

たまゆら~もあぐれっしぶ~(最終話:第12話)

▼最終話
[ CV:竹達彩奈 ]とカメラ。父親と彼女とを繋ぐそのアイテムはたまゆらでは空気と同じくらいに「あって当たり前」の存在だった。カメラのない1日。それがこんなに違和感を感じるとはね。

珠恵(お母さんね)[ CV:緒方恵美 ]と楓、2人でのお出かけってのもまた新鮮。カメラと写真をきっかけにいつも父親の面影を追っている楓だけど、こういう繋がりもあるんだよね。自分の記憶にその場所をとどめるっていう、ある意味で誰もが何気なくやっていることなんだけど、やっぱり特別な感じがする。

カメラの故障に始まり、かなえ[ CV:茅野愛衣 ]の卒業、そしてそれぞれの目標に向かって楓から離れていく―。そんな一抹の寂しさを感じる展開の後だからこそ、やっぱりしみじみと感じる人との繋がりの心地よさ。

このしんみりとスローペースで浸透してくる感覚。これがたまゆらの魅力だって改めて感じた最終話だった。

▼別れの印象濃く、されど―
この2期は出会いと別れ、その後者にストーリーがフォーカスしていたように思う。だからどこか寂しさとかもの悲しさを感じてしまうんだよね。楓のちょっとした言動にもそれは現れていて、それはかおる[ CV:阿澄佳奈 ]たちも感じていたんじゃないだろうか。

だけど単なる悲しい別れのエピソードじゃなくて、登場人物の心の繋がりをテーマとしてしっかり包み隠さず描き出すっていうこの作品の趣向が、単なる一時の寂しさを越えた出来に仕上げてくれたんだと思う。卒業式という舞台にあっても、「これからも楓とかなえは一緒に写真を撮っているんだろうな」って思わせてくれる。

▼1期から揺るがないBGMクオリティ
いつも作品に没頭してしまい、ハッと気づくことが多いんだけど、これだけず~っとBGMが流れ続けてる作品も珍しいよね。ここぞ!というタイミングで敢えて気づかせるBGMの使い方もあると思うけど、この作品はそれとは真逆の演出。

楓のキャラクターや落ち着いたシナリオとも相まって、毎回心安まるしホッとする。"癒し"って言葉を簡単には使いたくないけど、やっぱりこの作品にはこの言葉がピッタリのような気がする。

▼2期はHD放送に
1期のSDアプコンには心底ガッカリしただけに今期のHD放送は「待ってました!」と言いたいところなんだけど・・・作画クオリティは並、もしくはそれ以下の事も多かったかなぁ。せっかくの背景も韓国の下請けに出してしまっては、果たしてその雰囲気を本当に映像化できているのか甚だ疑問。

内容がものすごく良いだけに3期を制作するのであれば、もう少し映像クオリティを磨いて欲しいと思う。これは切に。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第11話)

[ CV:竹達彩奈 ]とは二度と会えない―。かなえ[ CV:茅野愛衣 ]がそんな悲壮感を漂わせてるもんだから、知らないうちに随分と感傷的になっていた気がする。

単なる日常アニメなら、「これからも楽しい写真部の活動が続くよ♪」的な幕引きもあるんだろうけど、たまゆらの場合は敢えて出会いも分かれも描かれる。それが時には悲しい気持ちになったりするわけだけど、それ故にこの作品には思い入れが深くなるんだよね。

「私たち展」を見ていると、みんなそれぞれが目標をもっていて頑張ってるんだな~っていう気持ちと同時に、みんな卒業すると別々の道を歩んでいくんだな~っていう寂しい気持ちもわき上がってくる。そしてもあぐれっしぶも間もなく最終話。

しんみりした気持ちになってしまうのも、やっぱり人の出会いを大切に描いているが故だと思う。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第10話)

かなえ[ CV:茅野愛衣 ]の質問にしどろもどろになっちゃうくらい、[ CV:竹達彩奈 ]にとって"将来"っていう物は、まだものすごく漠然としていて遠い存在なんだろうな。

だけどそんな危なっかしい楓でも、「やる!」と決めたことに対する行動力は凄いと思うんだよね。あの柔らかそうな物腰ながら、芯の強さがある。たとえ自分の写真が良く言われなくても、(9話夏目[ CV:緑川光 ]ね。)ちょっとやそっとじゃ折れない。

そう考えると、かおる[ CV:阿澄佳奈 ]麻音[ CV:儀武ゆう子 ]のりえ[ CV:井口裕香 ]も、自分の将来のことはしっかり考えてるんだよね。かなえが焦る気持ちも分かる気がする。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第9話)

[ CV:竹達彩奈 ]の父親の友人とはいえ、夏目[ CV:緑川光 ]という男は、おおよそこの作品の世界観には似つかわしくないほどのイヤなヤツ・・。

とまぁ俺なら完全にレッテルを貼り付けるところだけど、楓が単なる癒やし系ヒロインと違うところはここ。やっぱりちゃんとその人の内面を見ようとしてるんだよね。いつもふわっとして何処かに飛んでいきそうな雰囲気のある楓だけど、今回はものすごく頼もしく見えた。

そんな楓の撮った今回の写真。夏目の存在のおかげでいつもより出来上がりが気になるよね。このドキドキ感、これがかなえ[ CV:茅野愛衣 ]が言ってる部長の写真の魅力なんだろうな。今更ながらそれも実感した。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第8話)

まずはももねこ様[ CV:福井裕佳梨 ]が竹原に無事帰ってきててホッとした(笑)。

さて、今回は花火の撮影。俺はカメラとか全然詳しくないけど、夜の写真を撮るのほど上手くいかない事はない。どうしてもぶれちゃうし、デジカメの夜景モードみたいなのを使っても、綺麗に撮れたためしがない。だから今回のテーマがどれだけ大変かは何となく分かる。

しかもだ!みんな浴衣に草履なのに、さすがに今回ばかりはさよみ[ CV:大原さやか ]も空気読んでくれと本気で思ったわ。結果的に[ CV:竹達彩奈 ]かなえ[ CV:茅野愛衣 ]専用の撮影スポットが見つかったことは認めるけど・・・。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第7話)

汐入は[ CV:竹達彩奈 ]にとってもう1つの故郷。父親との思い出の詰まった街―。なんだけど、やっぱり気になるよな。ももねこ様[ CV:福井裕佳梨 ]、思いっきり着いてきてますけど!

普段、微妙に絶妙な距離をとってるだけに、同じクルマの中に乗ってると思うとちょっとワクワクするんだけど、まさか誰も気づかないとは・・。しかも広島から横須賀でしょ?一晩でよく着いたよなぁ。俺だったらこの距離を運転し続ける自信はない。

今回、特に印象的だったのは線香花火をしているときの楓の表情。あれは明らかに無表情で、そこにポジティブな感情は感じられなかったよね。だから、楓が父親との思い出を少しずつ回想していくと同時に、徐々に顔が緩んでいくのを見て、凄く安心した。

そしてももねこ様が無事に発見されて、さらに安心した(笑)。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第6話)

この作品の回想演出には特徴がある。基本的には登場人物、[ CV:竹達彩奈 ]たちの口で語られる"言葉"だけで描かれていることが多い。俺はこの作品のスタンスが凄く好きだし、今回はその最たるエピソード。

はるみ[ CV:矢作紗友里 ]の言葉で語られる楓の父親の面影。そして瀬戸内海の風景。たぶん楓自身も、その言葉から自分の父親の在りし日の姿を想像して、そして懐かしさと嬉しさ、ちょっとばかりの寂しさに浸っていたんだと思う。

今回のエピソードで描く光景は、おそらく見ている人によって全然違う物だったはず。それでも、最後に残るのは楓が父親だけじゃなくて、ほんとにたくさんの周りの人から愛されている楓っていう女の子の人間性に心温まる。1つのエピソードとして言うことのないクオリティだ。

ところで、楓のあの口癖は父親譲りだったのか(笑)。思わぬオチまで用意されていたな。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第5話)

コンテストへの参加。このままだともしかしたらかなえ[ CV:茅野愛衣 ]が写真を嫌いになってしまうんじゃないか?そんな不安を感じるくらい、かなえの本心が見えなかった。未だに写真に対する本当の気持ちを、その内に隠してるんじゃないのか。

かなえがデジカメで撮った写真をその場ですぐ消しているところをみてしまったのも、そんな不安に追い打ち。だけど今回でようやくその不安がなくなった。やっぱりかなえも写真を撮るのが好きなんだよね。それは[ CV:竹達彩奈 ]と同じ。

同じ被写体をカメラに収めても、人それぞれ違った作品に仕上がるのと同じで、写真が好きだからと言ってみんながみんな、楓みたいに前のめりじゃなくちゃいけないわけじゃない。フィルムとデジカメ、それぞれ良いところがあるんだから、それを上手く活かせば良い。

そういうことをかなえも納得したんじゃないだろうか。そして俺もね。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第4話)

[ CV:竹達彩奈 ]のサクラの位置を知っていたのは、どうやらももねこ様[ CV:福井裕佳梨 ]のようだ。なにせあの満足げな表情(笑)。

楓がサクラの木を見つけるのはもう少し後で―。俺は勝手にそう思っていたんだけどな。あの写真が手元にあって、そしてあのたくさんのサクラの中に自分の木があって。敢えて想像上の物にしておくことで、逆にやる気になるというか、自分の中で"良いように"偶像化できるんだよね。

だけどこれは俺の勝手な逃げ理論だったのかもな。よく考えてみれば、今回のステージだってそうだけど、楓がそういう現実から目を背けるような事をするわけがないし、サクラの木を見つけたからと言って気が抜けてしまうようなこともあるはずないんだよね。

楓たちが自分のサクラを植える日のエピソード。これは見てみたいようで、敢えて想像にとどめておきたい気もする。

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまゆら~もあぐれっしぶ~(第3話)

[ CV:竹達彩奈 ]もやるときはやる!それはもちろん、楓が本当に心の底から写真が好きって気持ちを持ってるからだし、三谷さん[ CV:茅野愛衣 ]に対する気持ちも、何一つ嘘偽りないことは言うまでもない。

そんな楓をさりげない言葉で後押ししてくれるお母さん[ CV:緒方恵美 ]。すげ~いい人だよ。直接的に風を諭すわけでもなく、楓のマイペースだけど芯の強いところをちゃんと分かった上でのアドバイス。さすがだ。

ところで、三谷さんの持ってるカメラはもしかしてデジカメ?俺はカメラは全く詳しくないから分からないんだけど、「PENTAX Q」で検索するとデジカメが出てくるんだよね。これはいよいよ、たまゆらにもデジタルなアイテムの登場か?

たまゆら~もあぐれっしぶ~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金