ギルティクラウン

ギルティクラウン(最終話:第22話)

▼最終話
終わってしまったか。最終話を見終えて、しかしそれでも心には充足感。吉野弘之&大河内一桜のコンビが作り上げたこの作品の世界観。最後までじっくりと堪能させてもらった。

いのり[ CV:茅野愛衣 ]を助けることが出来なかった[ CV:梶裕貴 ]。だけど決して取り乱さしたりはしなかったと思う。今の集には、いのりの残した"心"が理解出来るはずだし、そのために生きていける強さが兼ね備わっている。

かつての仲間が再び集う時間。綾瀬[ CV:花澤香菜 ]の「みんなは久しぶりだよね」の言葉に、集と綾瀬は恋人同士なのか?そうでなくても、近しい関係なのか?という想像を巡らせてみたり。

[ CV:中村悠一 ]は最期まで格好いいライバルであり続けた。命を救われたダリル[ CV:内山昂輝 ]は、今何をしてるだろうか。最後まで"人"を描き続けた作品だった。

▼これぞアニメーション
美しい映像と、一癖も二癖もある登場人物。そしてSF要素。オリジナルストーリーのアニメ作品として、申し分無い題材を揃えたこの作品。世間的な評判は決して高かったワケじゃ無いと思うけれど、俺は大好きだったな~。

昨今は、ライトノベルやコミックス原作のアニメが多い。それ故、作品の傾向がどうしても似てきてしまう。そんな中、アニメーションで表現することを前提に作られた作品は、「見る」ことでその世界観に没入できるだけのクオリティが求められる。あとは個人の趣味趣向とそれがマッチするかどうかだけど、俺にはジャストフィットだった。

このアニメとは少し時間軸も登場するキャラクターも異なるようだけれど、ゲーム版も今から楽しみ。

▼集の成長のエピソード
集という主人公は、とにかく頼りない。頼りないだけじゃ無くて、その偽善的とも言える思考には腹が立つ。この腹が立つという感情を生む理由、それは何よりも集という人間がリアルだからだ。

ヘラヘラしてるだけの面白みのない主人公やら、八方美人なだけのモテモテ主人公やら、その手の「ノンフィクション」に慣らされている人には、こういうリアルな主人公は受け入れられないのかもしれないし、流行じゃ無いんだろう。だけど俺は、その集のリアルな感情と、心の揺れ動きの描写に、魅力を感じた。

それは集を応援しているわけじゃないし、感情移入しているわけじゃない。かといって、第三者的に俯瞰していたというワケでも無い。無駄に強がったり、人の目を必要以上に気にしたり。誰にでもそういう瞬間があるはずだし、そんな自分の嫌な一面を意識させられるのに、不思議と見入ってしまうんだよな。

▼プロダクションI.Gの十八番
近未来都市、メカ、ロボット。プロダクション I.Gの十八番をこれでもか!と詰め込んだ映像美。リアルな主人公と相まって、この作品の世界観をよりリアルに仕立ててくれる。3DCGと2DCGの共存する映像に違和感があったのは、もうはるか昔のことのように、エンドレイヴとキャラクターが同じ画面を暴れ回る。

普通は話数を重ねるとすっかり慣れてしまうんだけれど、そのクオリティの高さにはとにかく毎回、圧倒された。(※アニメーション制作のリンクが誤っていました。全話修正しました。)

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第21話)

何故なのか―。何故、[ CV:中村悠一 ]真名[ CV:茅野愛衣 ]と二人で永遠の時を過ごすという選択を、したんだろうか。それは単なる狂信的な選択とも思えない。[ CV:梶裕貴 ]はその理由を、涯に問いただすべきだ。涯の口から、その理由を喋らせないとダメだ。

集を涯の元へ送り出すツグミ[ CV:竹達彩奈 ]。そして集に戻ってくる理由をくれる綾瀬[ CV:花澤香菜 ]。二人とも、集の覚悟は絶対に理解している。それでも尚、集に前向きさをくれる。二人とも、本当に強い女の子だと、改めて思い知らされる。

そして今の集。今の集は、いのり[ CV:茅野愛衣 ]が恋をした、あの桜満集その人だ。これまで集という少年の、良いところも悪いところも散々見てきたからこそ、それは自信を持ってそう言える。

 
ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第20話)

真名[ CV:茅野愛衣 ]にその身を浸食されつつあるいのり[ CV:茅野愛衣 ]。もし彼女を救えるとしたら、やはり[ CV:梶裕貴 ]のボイドの力を使うしか、ないんだろうか・・・。

それでも集は、自分が犠牲になると今まで一言も言わない。誰かを助ける、みんなを助けるという集の意志は、常に強くその表情から感じるのに。でもそれこそは、今の集の嘘偽り無い、本当の気持ちなんだと思う。だから俺は、「単なる事後犠牲を美化するだけのストーリー」とは違う物をこの作品に期待しているし、集という主人公は、それを背負うだけの道を歩いてきたと思っている。

全世界を巻き込みつつある、アポカリプスウイルスとボイドゲノムを巡る騒乱。しかし結局は、黒周[ CV:関俊彦 ]修一郎[ CV:井上和彦 ]という二人の天才の「人間的」な感情が引き起こした、まさに人災でしかない。

その事実が全て明るみになって、結果として集の今の感情とのコントラストがより際立った。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第19話)

完全に包囲された葬儀社の、この状況を救えるとしたら、それは[ CV:梶裕貴 ]しかいない。春夏[ CV:藤村知可 ]が命がけで持ち出したボイドゲノムを使えるとしたら、それはもう集しかいない―。

その展開はお約束中のお約束。それが分かっていても、それ以外の展開はあり得ないと分かっていても、綾瀬[ CV:花澤香菜 ]のピンチに現れた集に、思わず鳥肌。いや~、俺こういう展開、大好きだわ。集がここに至るまでに通ってきた茨の道を知っているからこそ、その感動もひとしお。

ボイドを引き受けた集は、[ CV:中村悠一 ]との戦い、そして自らの破滅へと進んでいくことになる。それでも今の集は、それを決して怖がってはいない。散々、人から嫌われる事、自分が痛い目に遭うことから逃げ回っていた、あの集が。

世間的にはあまり評判が良くないらしいギルクラだけど、俺としてはこの展開はツボ中のツボ。あとは、最後に集がどんな選択をし、そしてどんな最期を迎える事になるのか。作品全体としてのデキは、そこにかかってる。いよいよ、フィナーレが近いぞ。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第18話)

これが本当の[ CV:中村悠一 ]の姿なのか、それとも何かが変わってしまったのか―。亞里沙[ CV:遠藤綾 ]の"逆襲"は、涯に対する尊敬とあこがれ、そして恋愛感情が引き越した結果だった訳だ。

しかし、17話でも感じたように、俺はもう彼女には失望しているし、彼女の行き先が明るい訳がないと勝手に思い込んでいる。彼女にとっては自らの居場所を求めての行動、しかし結果として、彼女は自分の居場所を失うことになると思う。

一方で、ボイドの力と右腕を失い、そしていのり[ CV:茅野愛衣 ]をも失おうとしている[ CV:梶裕貴 ]。俺はウジウジ主人公は大嫌いだけれど、今回ばかりは、何もやる気が起きない集の気持ちは、よ~く分かる気がする。

そんな状況でも、いや、そんな状況になったからこそなんだろうか。何の後ろ盾もない今の集が、本気で涯にケンカを売ろうとしている。それって凄い事だと思う。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第17話)

[ CV:梶裕貴 ]は、その行いの報いを受けるべきだった。果たして本当にそうなんだろうか。しかし少なくとも、集が直面している今の状況は、少なからず集自身が招き寄せた、因果応報と受け止めるしかない。

何でだろう。集に感情移入していた訳じゃないはずなのに、今までの自分を押し殺し、そして[ CV:嶋村侑 ]を失ってまでしてようやくたどり着いたはずの場所。全ては[ CV:中村悠一 ]が"王"になるためのお膳立てだったかと思うと、ただひたすらにやるせない。

しかしこの事態を招き入れたのが、亞里沙[ CV:遠藤綾 ]というのは、正直言ってガッカリだ。会長の座を追われはしても、決して自らのプライドを売り渡すような安い人だとは思ってなかったのに。ましてや自分の"女"を利用するなんて・・・。彼女もまた、相応の報いを受ける日が来るんだろうか。

ストーリーが出口のない袋小路に突き進んでいくような、そんな閉塞感。いったい誰が打破してくれるだろう・・。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第16話)

何が正解なのか、そんなことはもちろん俺には分からない。だけど[ CV:梶裕貴 ]が決して、自暴自棄から「ランク制」を敷いている訳では無い事は、少し安心した。彼にとってはこれが「正しい選択」なんだろう。

しかし気になるのはいのり[ CV:茅野愛衣 ]の異変だ。まるで集の心の闇をそのまま吸い取ってしまったかのような、あの悪魔のささやきは?そして亞里沙[ CV:遠藤綾 ]は・・・まさか殺されてはいないよな?

アルゴ[ CV:勝杏里 ]という想定外の、そして葬儀社のメンバーとの再会も、集の決断は揺るがない。だけどそれは、谷尋[ CV:水島大宙 ]の虚言を支えにした、ホントに脆い心としか思えない。

集が「みんなを生きてここから脱出させたい」という気持ちは本心だと思う。じゃあ谷尋は何を考えている?彼の思考に頼った今の状況、それこそが危険を感じる。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第15話)

見ていられない。思わず目を背けたくなる、だけど受け入れなくちゃいけない事実。優しい[ CV:梶裕貴 ]が好きで、そしてこんな状況にあっても、集の事を信頼して、応援していた[ CV:嶋村侑 ]―。彼女にこんな結末が待っていたなんて・・。

谷尋[ CV:水島大宙 ]の提案したランク制。結果として集はそれを受け入れなかった。その結果が今回の悲劇に繋がったとは俺は思わないし、仮にランク制をそのまま導入していれば、それはそれで違った悲劇を招いていた可能性だってある。だけど今の集には、そんな言葉が届く訳もない。

祭だって、権力を振りかざす集の姿なんて見たいはずがない。だけど、今の集にとっては、祭を失った事を自分の中で無理矢理に納得させるためには、「自分を悪者にして追い込む」ことくらいしかできないんだろう。俺は集を攻めることは出来ない。俺だって集がどうすればいいのか、全然分からない。怒りと悲しみを、何が違うところにぶつけることしか出来ないと思う。

この15話の脚本は、ルルーシュでもお馴染みの大河内一桜氏。彼の脚本には、人の感情がこれでもかと詰まっている。そのクオリティの高さは流石だ。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第14話)

ボイドによるランク付け。谷尋[ CV:水島大宙 ]の提案は、残酷なようでこの状況では俺は"アリ"だと思う。むしろ正解と言ってもいいくらいじゃないだろうか。

[ CV:梶裕貴 ]が今の谷尋をどう思っているかは分からないけど、俺は未だに彼を100%信用している訳じゃない。だけど、リーダーとして選出された集を支えるのに、これだけ頼もしい軍師はいない。谷尋の場合、言い意味でも悪い意味でも、打算的な思考ができるから。

これだけ混乱している状況では、「みんなに納得してもらえる説明」が出来るリーダーよりも、むしろ力や恐怖で押さえつけるリーダーの方が適任だと俺は思う。それが谷尋の考えが「正解」と言った理由。少なくとも自分より力の強い物に対して、多くの人は逆らわない。後はそこにリーダーの能力さえあれば、最終的には多くの生徒が生き残れるはず。

それにしてもツグミ[ CV:竹達彩奈 ]のボイドは、これまた随分と少女趣味なことで(笑)。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギルティクラウン(第13話)

強気でどんなことに物怖じしない綾瀬[ CV:花澤香菜 ]の性格。こういう状況だと、それが結果的により一層、自分を追い込んでいるように感じる。"自分はこうでなくちゃいけない!"っていういわば自己暗示が、結果的に誰かを頼ったり甘えたりすることを許さない。

ところで、気がつけば[ CV:梶裕貴 ]のボイドが凄まじい進化を遂げているじゃないですか。今までは自分が使うことしかできなかったし、何よりも取り出された人はその間の意識も記憶もない。

集にとっては、友だちをまさに"利用している"という罪悪感が重くのしかかっていたけれど、それがなんと本人に渡せるときた。本人も綾瀬に「吹っ切れた」と言っていたけれど、俺もこの集の能力の変化は、これから先の集の意識に大きなプラスだと思う。

そんな訳で、学生だけが集まった学校という舞台に、迫り来るGHQ。気がつけばリヴァイアスみたいな展開に。こんな時こそ、[ CV:中村悠一 ]みたいなリーダが求められる一方、いのり[ CV:茅野愛衣 ]を含む葬儀社のメンバーは、集に期待をしているはず。さて、どうなる。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation