戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギア(最終話:第13話)

▼最終話
「はい、どうぞ泣いてください」的なお膳立てには、絶対に乗らないぞ!と心に決めていたのに、未来[ CV:井口裕香 ]の前に再び[ CV:悠木碧 ]たちが姿を見せた瞬間、グッと来た。

フィーネ[ CV:沢城みゆき ]との最終決戦。勧善懲悪の正義の鉄槌を下す訳では無く、最後はフィーネの心をも解きほぐす。このシーンに、響というキャラクターが凝縮されていた。未来に背を向けて空へ飛び立った時の響の歌声には、心がスーッと吸い込まれるような気さえした。

ストーリーは一応の完結だけれど、やろうと思えば2期が作れそうな雰囲気ではある。どうだろ、俺はこれで打ち止めで良いとは思うんだけれど・・。

▼壮大な世界観
"歌"をテーマに世界を救うストーリー。まぁ壮大な設定。一方で何となく底は見える。描きたいテーマも、描かれるであろうエピソードも、作品の設定を聞いた時点で、想像出来てしまう。結果として、この作品は俺の想像を超えてくることはなかった。

「歌で人の心を繋ぐ」って言うテーマ自体は素晴らしいと思うけれど、誰でも思いつくだけに、それを凌駕するストーリーや世界観が必要になってくる。その点、「マクロスF」なんかは凄く良く出来てるし、俺も夢中になった。この作品にマクロスFと同様の夢中になれる面白さがあったのかと問われると、俺にはNoだな。

▼歌のクオリティは文句なし
ストーリーは残念なデキだったけれど、劇中歌に関しては文句なしでしょ!歌いながら戦うっていう発想も良かったし、その戦いと歌のリンクが実に良く出来ていて、サビでノイズをぶっ飛ばしてくれたりすると、もう一気に爽快感MAX。

キャラクターデザインはストライクゾーンをかするどころか、俺からすると大暴投と言っても良いくらいに守備範囲から外れているので、なかなか感情移入しづらい。それを吹っ飛ばしてくれるくらい、歌の部分のデキは良かったな~。CDも結構売れたと思うし、音楽関連の商品セールスはまずまずなんじゃない?ただ、Blu-rayとかはどうだろうか・・。

▼バトルシーン
キャラクターデザインが好みでない以上、この作品の映像の見所はやはりバトルシーンということになるかな。ただ、「歌」っていうテーマがありながら、結局バトルシーン自体は、普通に武器を持って戦う場面がほとんど。これは惜しいよなぁ。

大量のノイズがわらわらと向かってきて、それをちぎっては投げちぎっては投げ、という最近の何とか無双シリーズを連想させるような展開は、ちょっと大味かもしれない。クリス[ CV:高垣彩陽 ]とフィーネくらいしか、めぼしい敵がいなかったから、仕方ないんだけど。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第12話)

クリス[ CV:高垣彩陽 ]が倒れ、そして[ CV:水樹奈々 ]がカディンギルと共に散る―。誤解を恐れずにいうならば、これで[ CV:悠木碧 ]にとっての舞台は整った。

OPやEDの演出を含め、いよいよストーリーもクライマックス!という盛り上がりを見せているんだけど、どうもイマイチそこに乗り切れない。翼がフィーネ[ CV:沢城みゆき ]の攻撃をかいくぐり、カディンギルに突撃する場面も、それを美化して賞賛する気にはなれなかった。

それほど複雑な背景がある訳でも無く、ストーリーとしてはわかりやすい内容なので、場面場面では、思わず見入ってしまうような瞬間もあるんだけどね。なかなかその緊張感が続かない。ストーリーのテンポが悪いワケじゃ無いんだけど、ちょっとばかり"綺麗すぎる"のが原因かもね。

もっともっと、響や翼の心の奥深くの憎しみとか怒りが、表に出てくると違うのかもしれない。 

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第11話)

カディンギルがリディアンの地下にあったとは・・。未来[ CV:井口裕香 ]の見つけた「ゲーム」の方に、まんまと釣られてしまった。了子[ CV:沢城みゆき ]がいつもどこで仕事をしていたか、少し考えれば自ずと答えは出たはずなのに。

それにしても、弦十郎[ CV:石川英郎 ]の強さは、実に惜しい!了子みたいに感情につけ込んでくるタイプに弱いだけに、ノイズと戦えるのなら、圧倒的な戦力となってくれそうなのに。おそらく本人も、相当に歯がゆい思いをしてるんだろうなぁ。

今回も、あのままだったら緒川[ CV:保志総一郎 ]が相当にヤバそうだったから、天井をぶち抜いて(弦十郎側からは床ね)弦十郎が現れたときは、思わずホッとした。

さて、フィーネがその姿を公にしたことで、戦いはクライマックス。クリス[ CV:高垣彩陽 ]の絶唱を聞いた瞬間、凄まじい緊張感と悲しみに一瞬で場が支配される。そして何も出来なかったもどかしさだけが、後に残ったシーンだった。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第10話)

これで了子[ CV:沢城みゆき ]=フィーネは確定。これは想定通りだったので、驚きはない。そして「カディンギル」だ。ひとまず「東京スカイタワー」の防衛には成功したものの、普通に考えるとそれは違うと思う。

何よりも、クリス[ CV:高垣彩陽 ]の話を信用するならば、フィーネが何かの目的を達するためにそれを作り上げたと解釈するのが自然。となると、元から存在している構造物は明らかにその対象から外れるはず。

それよりも、俺は未来[ CV:井口裕香 ]の言っていた「ゲーム」の方が気になる。もし「カディンギル」なる物が仮想空間にあり、そして不特定多数から何かを集めることで、その本来の効力を発揮しようとするものだったらどうか?

となると、スカイタワーのノイズは完全な陽動。弦十郎[ CV:石川英郎 ]は敢えて誘いに乗っているんだろうか。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第9話)

[ CV:悠木碧 ]を受け入れることで、さらに強くなった[ CV:水樹奈々 ]。危なっかしさが消え、ノイズと戦っているときは頼もしくすらなってきた響。怖いくらいに順風満帆。

そろそろストーリーも転換期なんじゃないかと思っていたけれど、今回はまだ序章。それでも、これまで「歌」に対して必要以上に思い入れが強すぎた響が、歌に対して素直に向き合えるようになっているっていう事実は、[ CV:高山みなみ ]を失った頃からは、想像も出来ないくらいの転換ではあるな。

そして次に転換を迎える事になりそうなのは、やはりクリス[ CV:高垣彩陽 ]だろうな。雰囲気としては、響たちの味方になってくれそうな気はするんだけど、今のところかつての翼並みに頑固だからなぁ。こっちはもう少しかかりそうな感じだ。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第8話)

[ CV:悠木碧 ]との気まずい空気、そしてクリス[ CV:高垣彩陽 ]との出会い。未来[ CV:井口裕香 ]にちょっとばかりいや~なフラグが立ってるんじゃないか?

7話の未来の態度を見ていると、もしかして本当に響に愛想を尽かしたとしても、おかしくないくらいだった。だからストーリーとしては「一騒動合ったけれど、前よりも絆が強くなった二人」というお約束の展開なのに、未来と響の笑顔を見た時の安堵は、かなり大きかった。

未来のフラグもクリアされ、これで響は未来に事実を隠す必要もなくなった。[ CV:水樹奈々 ]とのコンビも、今なら安心して見ていられる。クリスもフィーネの元を離れ、少しずつ心を取り戻しているよう見える。

これで舞台は整った。そろそろフィーネ、そして了子[ CV:沢城みゆき ]が本性を表してきそうな気がする。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第7話)

"フィーネ"と了子[ CV:沢城みゆき ]は同一人物―。

これはもう既定路線だと勝手に思い込んでいるんだけど、流石にここまであからさまな演出になると、「もしかして、ホントに別人なのか?」という気もしてくる。俺みたいに勘ぐりすぎた人を敢えて混乱させるシナリオかとも思ったけど、流石にこの流れで了子とフィーネが無関係と思う人はいないよな?

一方で、[ CV:悠木碧 ]未来[ CV:井口裕香 ]の関係は、俺が思っても見ない方向へ。未来ってもっと人の心を分かってあげられる子とばかり思っていたけれど、ちょっと買いかぶり過ぎだったのかなぁ。

未来のためにこれまで必死に戦ってきた響の気持ちを思うと、未来の態度にはどうしても納得がいかない。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第6話)

終始、嫌な予感がプンプン臭っていた。この展開は、未来[ CV:井口裕香 ]に死亡フラグが立ってるんじゃないか。[ CV:悠木碧 ]とのすれ違いと、孤独感。そしてヤンデレモードへ。

公園の前で響と鉢合わせした瞬間、これは本格的にヤバいと思った。すぐ側までクリス[ CV:高垣彩陽 ]が来てるのも分かっていたし、彼女が響を強烈に敵対視しているのも分かっている。となれば、一触即発。すぐに激しい戦闘が始まるのは目に見えている。

そんな不安でいっぱいだったから、飛んできた車を響がはじき飛ばしたところで一安心。そして未来との距離を取って戦い、クリスを撃退したところでようやく落ち着いた。もしこれで未来が命を落とすような事があったら・・・。おそらく今の響は力を制御できなくなって、暴走したあげく自滅してしまうはず。

いじけモード突入だった[ CV:水樹奈々 ]もようやく復活の兆し。早く響と翼が"協力し合って"戦うところが見たいけれど、まずは未来の心のケアが先か。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第5話)

[ CV:水樹奈々 ]がまだ回復していないという理由もあるけれど、[ CV:悠木碧 ]と翼のすれ違いばかりだった展開から、ストーリーに動きが見えた。

何故か全裸で鎧の少女[ CV:高垣彩陽 ]をいたぶり、そして流ちょうな英語を喋るその人。その声は・・沢城みゆきだよな?それはつまり、シンフォギアの開発者であるはずの了子[ CV:沢城みゆき ]ってこと?

襲われた防衛大臣が持っていたはずの「極秘ファイル」のトランクを、何故か彼女は何事も無かったかのように持ってきた。そしてそこには、明らかに思わせぶりな血痕。英語で話していたということ、そしてシンフォギアが今のところ日本にしか無いという事実。彼女はどこか外国へその技術を転売でもしたいのか?

彼女の行動が単なる金目当てだとすると、それはそれであまり面白くない。ノイズの存在理由にまで深く踏み込むような"裏の顔"があったりすると、面白そう。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦姫絶唱シンフォギア(第4話)

[ CV:水樹奈々 ][ CV:高山みなみ ]の絆、そしてその原点。序盤のストーリーにおいては、翼が「奏に依存した心」を解き放てるかどうかは大きなポイントになると思う。その上で、二人の出会いは非常に重要なエピソードだ。

しかしそれを描くには、ちょっと回想シーンが短すぎるんじゃないの?奏が自らの復習のために力を求め、そして自分の身体をボロボロにしながら、ようやく手に入れた力。それがシンフォギアの力。それは分かったんだけど、なぜ翼がそこまで奏の存在にこだわるのか。単に今回の回想が敢えて情報量を少なくしているのか、それともホントにこれで全部なのか・・。

まだ4話目なので何とも言えないけれど、どうもストーリーに没入しきれない歯がゆい展開が続く。今回も回想の終わり方が余りに唐突。奏とのエピソードの余韻を、そのまま鎧の少女[ CV:高垣彩陽 ]3話では奏だと勝手に思い込んでいたけど、全然違った・・)とのバトルに繋げたかったんだろうけど、なかなかその思惑通りの演出にはなってない気がする。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金