あの夏で待ってる

あの夏で待ってる(最終話:第12話)

▼最終話
ここへたどり着くまでに積み重ねてきた。海人[ CV:島崎信長 ]イチカ[ CV:戸松遙 ]のモノローグ。その内容から、二人の別れは避けられない瞬間。そしてその時が遂に来てしまった。

柑菜[ CV:石原夏織 ]が振り返りざま空を見上げ、そして海人が窓から空を見つめる。これはもしかして?そんな希望を抱かせつつ、最後は映画の上映。あれ、音が入ってる?元々、檸檬[ CV:田村ゆかり ]の撮っていた映画は、無声だよな?

画面に映るイチカが羽織っているのは、紛れもなく七海[ CV:久川綾 ]のお土産!あくまで間接的に描かれるハッピーエンド。ラブストーリーとしては少し古くさい手法だと思うけど、そこが逆に俺的にはツボだったな~。

そして個人的には、檸檬の残した映像で涙をこさえきれなかった柑菜を見ているのが、やっぱり辛い。やっぱり柑菜の中では、まだ海人は「好きだった人」にはなってないんだ。このあたり、Blu-ray特典のドラマCDとか、もしくは後日談OVA的なフォローは?何故か値段の高い6巻に期待。

▼王道ラブコメ
黒田洋介と羽音たらくが手がける青春ドラマ。イチカの宇宙人設定と、檸檬という反則キャラのおかげで、ちょっとぶっ飛んではいるけれど、やっぱりこの作品はラブコメ。最近はその設定に大きく依存したシナリオの作品も多いけれど、この作品はそれよりもキャラクターの内面をより深く描いている。

俺が「面白い!」と思えるラブコメ作品は、主人公やヒロインの誰かの視点に没入して、その世界観が楽しめるかどうかが基準になっている。この作品の場合、俺がすっかりやられてしまったが柑菜だ。海人と柑菜のハッピーエンドがあり得ないと分かっているからこそ、より一層、柑菜に感情移入してしまった。

▼郷愁を誘う風景
この作品の時代設定は、作中ではそれほど明確にされていないけれど、おそらく15年~20年くらい前ってことになるんだと思う。海人の暮らす田舎の風景に、自分の中には全く無いはずの郷愁の思いを感じてしまう。

J.C.STAFFの制作としては、近年あまり多くなかった写実的な風景(というかおそらくトレース)と、キャラクターのアニメ的な色彩設定も、何故か違和感なく見る事が出来てしまう。これも映像クオリティの高さがなせる技って事かな。

▼シリーズ10周年
「おねがい」シリーズが世に放たれて10周年の今年。Blu-rayのリリースやイベントの開催で盛り上がる中、敢えて明確にはされていないけれど、この作品がそれを記念して制作されているという一面があることは、最終話で海人とイチカが木崎湖にたどり着いたことからも、100%確実。

「おねがい」シリーズに相当な影響を受けて、何度も木崎湖に行って、その度に思うところがあって。今度の木崎湖への旅は、また違ったものなりそうだ。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (2)

あの夏で待ってる(第11話)

その地図の示す見覚えのある湖の形。イチカ[ CV:戸松遙 ]エミカ[ CV:堀江由衣 ]の記憶に残る「イメージ」の場所。それはおそらく、いや、間違いなくあの場所だ。

哲朗[ CV:萩原秀樹 ]美桜[ CV:阿澄佳奈 ]、そして柑菜[ CV:石原夏織 ](哲朗と美桜がくっつきそうなので、残念ながら余りになりそうな・・・)がここまでお膳立てしてくれて、イチカも「どうしようもない」とは言えないよね。

しかしそれにしても、檸檬[ CV:田村ゆかり ]がいろいろ反則すぎる(笑)。イチカに羽織らせたシートとか、イチカの生体反応を出す謎の装置とか、どう考えてもエミカが用意した物じゃ無いだろう。くわえてあの車。あの屋根は何が入ってるのかと思ったら、なんかすげーアームが出てきてますけど。

イチカと海人[ CV:島崎信長 ]の恋と、この檸檬のトンデモ設定と、まぁ良い具合に絡んでストーリーが盛り上がってきました。最終話、車の行き着く場所は果てして俺の思う場所なんだろうか。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの夏で待ってる(第10話)

まるでイチカ[ CV:戸松遙 ]海人[ CV:島崎信長 ]の二人と、柑菜[ CV:石原夏織 ]たちとで、違う時間を過ごしているかと思うような、そんな感覚だ。

9話では、柑菜に心を奪われていたけれど、改めてイチカと海人のイチャラブを見せつけられると、思わずニンマリしてしまう。そして檸檬[ CV:田村ゆかり ]のステキなプレゼント(笑)。宇宙ではアレは使わないんでしょうか。どうなんでしょうか。

そして、柑菜の止まった時間が、再び動き出した!柑菜がイチカの背中を押したように、柑菜の背中を押したのは、やっぱり哲朗[ CV:萩原秀樹 ]だろうな。"傍観者"を気取っていた哲朗が、ようやく振り絞った勇気。格好良くは無いけれど、たぶん柑菜は「哲朗らしい」と思ったはずだ。

だからこそ、いつもの笑顔と明るさで、海人に自分の気持ちをストレートに伝えた柑菜。気がつけば、俺の方が柑菜の涙を引きずっているような気がする。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (1) | トラックバック (1)

あの夏で待ってる(第9話)

人を好きになるって、そういうこと。その気持ちが必ず成就する訳じゃない。そう、それは自分のリアルな体験として分かっている。心が繋がった瞬間の嬉しさも、そして自分の思い通りにならない切なさも。俺には、柑菜[ CV:石原夏織 ]の涙を最後まで見続ける事が出来なかった。

海人[ CV:島崎信長 ]イチカ[ CV:戸松遙 ]のために、好きな人のために一生懸命な姿を見た時の、柑菜の心。自分の"好き"っていう気持ちはこんなに大きいのに、それが海人に決して届く事は無い。柑菜の心に痛みが、まるで自分の事のように感じる。

そんな柑菜の心を、イチカも感じたはずだ。自分の正体を明かし、それでも尚、この地球に留まることを選択した理由。イチカが分かってなかったハズがない。海人に気持ちを伝えれば、結果としていずれやってくるであろう"別れ"という、大きな大きな痛み。

果たして俺は、その瞬間を目をそらさずに見ていられるだろうか。その自信は今のところ無い・・。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる(第8話)

沖縄で美桜[ CV:阿澄佳奈 ]の下敷きになった時ってことか。何かりのん[ CV:日高里菜 ]が落ち着かないと思っていたけれど、イチカ[ CV:戸松遙 ]が覚悟を決めなければならないときが、遂に来てしまったか。

しかし、イチカ視点で海人[ CV:島崎信長 ]とのキス未遂を回想とは・・・。やってくれる。海人のキスを拒めない、そこまでに海人のことを意識しているイチカの気持ちと、しかし本当の自分の事を未だに隠し続けているというイチカの気持ち。イチカの心が、その狭間で揺れる。

当然海人はそんなイチカの迷いは知らないし、それに加えて柑菜[ CV:石原夏織 ]の気持ちも―、いやそれは知っているのか。海人がどうするのが正しいのかは、俺にも分からない。だけど結局、海人自身は柑菜の気持ちと向き合うことからは、やっぱり逃げてるんじゃないかって思う。

檸檬[ CV:田村ゆかり ]の超作為的な肝試し。取り残された柑菜が、あまりにも不憫でいたたまれない。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる(第7話)

海人[ CV:島崎信長 ]の告白に返事をした訳ではないけれど、それでも海人のキスを拒むことの出来ないイチカ[ CV:戸松遙 ]―。

イチカが既に海人を好きってことは、まぁ見てれば分かる。分かるけれど、イチカ自身がそれを口にすることは無いし、何か大きなきっかけがあって、急に好きになった訳じゃない。強いて言えば、佳織[ CV:茅野愛衣 ]と沖縄で出会ったことが、自分の気持ちを強く意識する転機だったか?

海人の方は一目惚れに近い一方で、徐々に海人に惹かれていくイチカの心。恋愛がテーマの作品においては、これはやっぱり重要な要素。7話の最後で、イチカの気持ちがモノローグながら初めて語られる・・・と思わせて、まだ引っ張る!

まだストーリーが中盤という事もあるし、「過去を振り返る」形で所々に挿入されるイチカと海人のモノローグからは、やがて二人が同じ場所で同じ時を過ごすことが出来なくなる事態を暗示させる。それ故、今のこの瞬間が、二人の最高の時なんじゃないかと思うと、少し切ない。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる(第6話)

イチカ[ CV:戸松遙 ]柑菜[ CV:石原夏織 ]の二人だけでも、かなり参っていたのに、まさか沖縄で佳織[ CV:茅野愛衣 ]という新たな出会いがあるとは・・・。

哲朗[ CV:荻原秀樹 ]の危うい一言のせいで、それこそもっとギクシャクするんじゃないかと思っていたけど、今はまだ柑菜がその事実を知らないことが幸いしているみたい。海人[ CV:島崎信長 ]も何とか平静を保っていたのに、この状況はとてもじゃないけど落ち着いてなんかいられないよなぁ。

しかし意外だったのは、思っている以上にイチカが海人を好きになってるってことだ。もちろんそれなりに意識してるのは分かっていたけれど、海人と佳織が二人きりでいるところに躊躇せずに割って入ってた。あれはイチカ本人も驚いているみたいだったけど、俺も相当に驚いた。ここは影から様子を伺うのが定石、と勝手に思っていた。

それと同時に、なんとなく哲朗の心も穏やかじゃないのが伝わってくる。何で柑菜の気持ちを海人に言ったのかも、実はまだよく分かってないしね。千春[ CV:井口裕香 ]とは流石にくっつかないだろうけど・・・。

ところで、美桜[ CV:阿澄佳奈 ]は夜になると何で全裸に見えるのか不思議だったんだけど、ホントに全裸だったらしい(笑)。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる(第5話)

わざわざベランダから上がり込んできた哲朗[ CV:萩原秀樹 ]。そうですか、それを言っちゃいますか・・・。自分の好きな人、つまり柑菜[ CV:石原夏織 ]が悩んでいるのを見て、いてもたってもいられなくなったのか?

海人に柑菜のことを言えば、柑菜が自分を見てくれると思ったのか?それとも、柑菜の気持ちを海人に分からせたいという一心からなのか。どちらにしても、柑菜がこの事実を知ったらどう思うのか?哲朗だってそんな事は分かってたんだろう。それでも言わずにはいられないほど、柑菜がショックを受けているってこと。

確かに、柑菜の気持ちも分かる。だって海人とイチカ[ CV:戸松遙 ]のあの雰囲気、もう単なる先輩と後輩では決してない。姉弟とも違う。俺も見てていたたまれないと思ったくらいに、あの二人の間にはもう入り込む隙間が無いようにすら見えた。

哲朗の今回の行動が果たしてどんな結果を生むのか。そして檸檬[ CV:田村ゆかり ]はどうして全部知ってるのか(笑)。ちょっと重くなりそうな雰囲気だな。

12020801さて、本日はOP主題歌の発売日。ただいまヘビーローテーション中です。カップリングの「向日葵」も作詞が川田まみ、作・編曲がC.G mixと超豪華ラインナップ。これは買い。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの夏で待ってる(第4話)

イチカ[ CV:戸松遙 ]海人[ CV:島崎信長 ]のモノローグがオーバーラップし、そしてEDへ―。イチカと海人の夏が始まる。これまでのストーリーをプロローグにしてしまうかのような展開に、ちょっと鳥肌。

そしてイチカの言葉がちょっと重い。この夏の思い出は、決して楽しいことばかりじゃない。そこには心がチクチクと痛むようなエピソードもあって、そして二人の言葉からは、まるで将来の二人は同じ場所にいない事を示唆している。

イチカが海人の告白もどきに悩んでいた理由が、その言葉に重なってくる。こうなるとイチカと海人がどうなるのか、もちろん先が見たいと思うと同時に、今のこの瞬間をずっと続けて欲しい・・っていう気持ちも。このもやもやした感じ、作品の世界観にシンクロしているような錯覚。良質のラブコメ作品だからこそ、感じてしまうところでもある。

ところで、哲朗[ CV:萩原秀樹 ]が「誰の味方なの!」という真奈美[ CV:大浦冬華 ]の言葉に「正義だ!」と返したのが、ちょっと格好良かった。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる(第3話)

これぞラブコメ!王道中の王道!最近はキャラクターに一癖も二癖も付けたがる作品が増えてきた中、やっぱりこの作品は純粋なる恋愛ストーリーを心待ちにしているラブコメ好きには、ドストライクと言って良さそうだ。

それにしてもイチカ[ CV:戸松遙 ]海人[ CV:島崎信長 ]は実によく似ている。お互いに明後日の方向に妄想し始めるあたり、そっくり。だけどあのイチカの「言っちゃダメ・・」は、俺も海人と同じ・・とまでは言わないが、好きと言わせないって意味だとばかり。

とは言え完全天然のイチカのおかげで、海人がイチカを好きっていうことは、おそらくイチカも認識しただろう。だけどイチカは今のところ海人を恋愛対象とは思ってないはず。そして柑菜[ CV:石原夏織 ]はイチカが好きで、哲朗[ CV:萩原秀樹 ]は柑菜が好きで、美桜[ CV:阿澄佳奈 ]は哲朗が好きで・・・。

ストーリーはイチカと海人が中心に展開するとは言え、やはりこの複雑な人間関係が今後どうなっていくのか。全員がハッピーエンドという選択肢はおそらくあり得ない。時には心痛むストーリーもあるだろうけれど、そういう面も含めて、次回が待ち遠しい作品だ。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation