緋色の欠片

緋色の欠片 第二章(最終話:第13話)

▼最終話
鬼切丸を"封印"するのではなく、"消滅"させてしまう。珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]の心からの願いは、しかしこれまでの珠依姫が思いも付かなかった奇策だったんだろうか。少なくとも、ババ様[ CV:久保田民絵 ]の口からは、聞いた事はなかった。

それに加えて、これまで散々痛めつけられてきた守護五家が、ついに珠依姫に力を借りて、ドライ[ CV:上田耀司 ]を打ち破った!これほどまでに歯が立たない正義の味方も珍しいってくらいに、一方的にやられてたからな~。これでようやく、一つ仕事を成し遂げたって感じかな。

EDの珠紀が帰ってくるエピソードは、俺はなくても良かったと思うけど。だけど珠紀の拓磨[ CV:杉田智和 ]へのプロポーズ!あれは最高に良かったわ。あのために必要だったといわれれば、まぁそれも納得の展開かもね。

▼乙女ゲーと侮るなかれ
突発的に流行ったゲームというわけではなく、このアニメ化まで歴史を積み重ねているだけあって、シナリオのクオリティはなかなかの物だと思う。決して、女性向けに媚びた内容だとも思わないし、男が見ても十分に恋愛物として楽しめる。

ヒロインが珠紀しかいないし、守護五家はイケメンばっかりなので、やはり第1期同様に「誰かに感情移入して」というほどの深さでは俺は楽しめなかった。それでも、珠紀と拓磨の恋模様の行方が果たしてどうなってしまうのか。そして鬼切丸をどう封印してくれるのか。この2つのテーマで、十分の作品の世界観を楽しむ事が出来たと思う。

▼珠紀と拓磨
1期では、まだ珠紀がアップアップで恋愛の"れ"の字も出てこなかったけれど、2期は一転して珠紀と拓磨の恋の物語に。当然、守護五家の誰かが意中の人なんだろうとは思っていたけど、あまりにも自然で珠紀が拓磨を好きって事に、ちっとも気づかなかった。

そしてこれは女性向け"一般"作品の良いところでもあるんだけれど、拓磨と珠紀の関係がとにかくプラトニック!この言葉が正しいのかどうか分からないけど、とにかくいやらしさとか下心のない恋愛。「そんなのフィクションだからでしょ?」と冷めた見方をしちゃ、もったいない。

こんな綺麗な恋愛がどこかにあるんだろうか?あったら素晴らしい!的な広い心で、是非楽しんでもらいたい。

▼今期も文句なしの作画
やっぱりキャラデザ・総作監:恩田尚之の力はハンパないと改めて実感。OPやEDのキャラクターの作画とかを見ていると、めちゃくちゃ上手いな~と、実感してしまう。作中もバトルシーンあり、珠紀と拓磨の逢瀬ありと、いろいろな場面が出てくるけど、いずれも文句なしの出来。

紅葉の森林の風景も相まって、綺麗な映像が心に残った作品だった。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第12話)

遂に珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]の珠依の力が覚醒!これで守護五家もロゴスに苦戦するようなことはないはず・・と思ったのもつかの間。そう簡単には問屋が卸さないと言うことか。

それでも真弘[ CV:岡野浩介 ]が因縁の対決でもあるツヴァイ[ CV:川原慶久 ]との決着を付け、拓磨[ CV:杉田智和 ]アイン[ CV:安元洋貴 ]から鬼切丸を引きはがした。

ドライ[ CV:上田耀司 ]が少しずつ孤立していく中で、格好良かったのがフィーア[ CV:大原さやか ]アリア[ CV:磯村知美 ]の命運も尽きたかと思ったところでのあの登場は痺れたね。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第11話)

あくまで第三者の視点で言わせてもらうならば、ババさま[ CV:久保田民絵 ]の悲劇は、自らが招いた報いだったと思う。それでも、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]の心には、そんな気持ちが微塵もないことは分かっている。

期せずしてアイン[ CV:安元洋貴 ]が鬼切丸を持ち去ってくれたことで、状況は少し好転したのかもしれない。珠紀や拓磨[ CV:杉田智和 ]の命を犠牲にせずとも、もしかするとアインを倒すことでその力を封印できるかもしれないから。

そしてこのタイミングで、守護五家が再び宝具と共に珠紀の元へ。これで部隊は整った。クライマックス間近にして、「愛の物語」としての要素が一気に濃くなってきただけに、珠紀と拓磨の恋が成就するのかも、楽しみだな。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第10話)

ババ様[ CV:久保田民絵 ]はどういうつもりなんだろう?珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]には拓磨[ CV:杉田智和 ]のために命を捧げろと言い、拓磨には珠紀のために死を覚悟しろと言い・・。

ここまで珠紀たちに冷たいと、もしかしてババ様とドライ[ CV:上田耀司 ]が裏で繋がってるんじゃないのか?と邪推したくなるほどだ。だけど俺には、自己犠牲の末に成り立つ愛なんて認めたくない。生きてこその愛のはずだ。

だからババ様の言葉には、別の意味があると信じたい。それはすなわち、二人がお互いを思う気持ちに命を賭けるだけの覚悟があるのか。それを問うているということ。そしてその覚悟こそが、鬼切丸の力を封印し、なおかつ二人の命を助ける方法に繋がるんじゃないかってね。

好意的に解釈しすぎだろうか。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第9話)

アリア[ CV:磯村知美 ]の支配は、決してその力に裏付けられた物では無かったということか。しかしこのタイミングで、ドライ[ CV:上田耀司 ]が裏切るとは。

そのドライのけしかけたアイン[ CV:安元洋貴 ]拓磨[ CV:杉田智和 ]が対峙し、[ CV:平川大輔 ]を再び味方に引き入れた守護五家が、おそらくドライ達と対峙する。

一見すると状況はさらに複雑になったようで、バラバラになりかけていた守護五家が、形はともあれ珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]のために戦おうとしている。ババ様[ CV:久保田民絵 ]の決意が、結果として守護五家を1つにまとめたことになるわけか。

それにしても、清乃さん[ CV:三森すずこ ]、23歳ですか・・・。はは・・。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第8話)

そういえば2期ではあまり出番のなかった狗谷遼[ CV:野宮一範 ]。なるほど、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]達の様子をうかがっていたのは、そういう理由からか。

真弘[ CV:岡野浩介 ]たちも決して今はババ様[ CV:久保田民絵 ]に従順ではないけれど、遼はそれ以上に珠紀と拓磨[ CV:杉田智和 ]の力になってくれそう。

しかしだ。結局のところ、珠紀が珠依姫の力に覚醒しない限り、拓磨は鬼切丸を使いこなせない状況には変わらない。拓磨との再会がそのきっかけになるかとも思ったけど、今のままだと拓磨が珠紀を守り切れるようにはとても思えないよなぁ。

後は[ CV:平川大輔 ]がどう動くか。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第7話)

神隠しと関係があったのは、拓磨[ CV:杉田智和 ]じゃなくて、美鶴[ CV:藍川千尋 ]の方だったか。なるほど、これで今まで美鶴がずっと憂鬱な表情をしていた理由が分かったよ。1人でずっと"影"としての宿命を背負ってきたのか・・。

ババ様[ CV:久保田民絵 ]も、よくまぁあっさりとこんな大事なことを言ってくれたもんだ。しかし裏を返せば、ババ様はもうその神隠しを終わりにして、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]と鬼切丸と共に、自分も死ぬ覚悟なんだろうな。

そしてまた、おそらくは珠紀がこれを受け入れてしまうだろうという気はしてた。「自分の命と引き替えに、大勢の人を助けることが出来る」っていわれたら、おそらく珠紀は断らない。拓磨を遠ざけたことが、結果としてその覚悟を強くするんじゃないかと思っていたけど、そこはむしろ逆効果だったかな?

ここまで1期から"恋愛"の要素があまり無かった緋色の欠片だけど、クライマックスはいよいよ愛の物語の様相だな。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第6話)

[ CV:平川大輔 ]アリア[ CV:磯村知美 ]の会話から、卓の狙いやアリアの思惑が垣間見えるかと思ったけど・・。いやいや、やはりそこはお互い探り合いってところか。だけどアリアがあそこまでリラックスしていたことは、特筆すべき事だよね。

ロゴスが半ば休戦状態のおかげで、守護五家と珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]の方は、なんとか助かってる感じ。ババ様[ CV:久保田民絵 ]がいったい何を考えているのか、未だによく分からないけどね。

それでも「贄の儀式」とか言ってるくらいだから、この鬼切丸を封印するために、誰かを犠牲にすることを考えているのは間違いない。いや、普通に考えるならそこで珠依姫の力ではなく、命をもって封印を・・・ってことになる。なんの光明もない、随分と重いストーリーになってきたな。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第5話)

美鶴[ CV:藍川千尋 ]慎司[ CV:下和田ヒロキ ]に対する気持ちは、もうずっと前から分かっていた。そしておそらく、美鶴は慎司が自分の兄(弟?)である事を知っていたんだろう。これまで何度となく苦悩の表情を見せていた理由は、こういうことだったのか。

その慎司がロゴスと通じていた理由を説明しようとしても、ババ様[ CV:久保田民絵 ]は全く取り合おうともせず。そして珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]から拓磨[ CV:杉田智和 ]を遠ざけて・・・。

たしかにこれなら鬼切丸も珠依姫である珠紀の存在も安全なのかもしれないけど・・。もう守護五家なんてとてもじゃないけど名乗れないくらい、完全にバラバラになってしまってないか?そしてそんな状況だからなのか、珠紀の拓磨に対する気持ちが初めて明かされる。

もっと早く彼女が拓磨に自分の気持ちを打ち明けていたら、拓磨は違った選択をしたんだろうか?だけどそれは結果的に、もっと拓磨を苦しめることになっていたかもしれないな。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緋色の欠片 第二章(第4話)

ババ様[ CV:久保田民絵 ]、厳しいな~。守護五家もバラバラになりかけているこの状況で、「あとはお前次第」と言われてもな・・。珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]だってどうして良いか分かんないだろうに。俺も全然分かんないよ。

そんな状況でも、少しずつ距離を縮めている珠紀と拓磨[ CV:杉田智和 ]。今回は遂にチューなのか?と期待させておいて、結局何も無しか。とは言え、1期の時もそうだったけど、珠紀の力の覚醒と拓磨は切っても切れない関係。そしてそれが突破口になりそうな雰囲気はあるんだけど・・・。

そしてロゴスに潜入しているに違いない[ CV:平川大輔 ]の方なんだけど・・・。祐一[ CV:浪川大輔 ]が何となくそれを悟ってしまったところを見ると、実は卓の目的はそう単純ではないのか?

このゴタゴタの発端を作った張本人だけに、その真意が早く知りたい。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金