黄昏乙女×アムネジア

黄昏乙女×アムネジア(最終話:第12話)

▼最終話
これが夕子[ CV:原由実 ]との永遠の別れになるはずが無い。だって、貞一[ CV:代永翼 ]の事を本当に好きになったのなら、貞一への未練でこの世に残るはずだよね?

半ば確信を持ってそう言える場面なのに、部室で過ごす夕子と貞一の最後のシーンは、ちょっと反則的に感動的。挿入歌の「レクイエム」がまた、反則的にこの場面にシンクロする。最後はノートを使った二人の会話。夕子が見えなくなったあの場面を連想させる、まさにクライマックス。

最後に夕子との再会。何てことは無いありふれた最終話らしいシナリオだけど、何よりも夕子の幸せそうな笑顔と、貞一の涙を見ていると、何も言う必要も無いじゃないか。敢えて二人が別れたままっていうシナリオも俺はアリだとおもうけど、この作品に限って言えば、ハッピーエンドでとにかく良かった。惜しむべきは、霧江[ CV:喜多村英梨 ]の見せ場が全く無かった所かな。

▼絶妙なバランス
夕子っていう愛らしい幽霊と、一方で背筋がゾクッとするような学校の怪談。最初は夕子の"可愛さ"の部分を前面に出しておきつつ、徐々にストーリーに確信である夕子の"闇"の部分に近づいていく。最初は幽霊出てくるけど全然怖くないな~と思っていたのに、気がつけば何か得体の知れない存在に恐怖を感じている。

最初は油断させておいて、しかし少しずつこの引きずり込まれて抜け出せなくなるような感覚。なにか恐ろしい事が起こりそう!と分かってはいても、目が離せない旧校舎の暗闇の先。まさにやみつきになるようなストーリーだった。

▼夕子もいいがしかし霧江も捨てがたい
この作品の二大ヒロイン、夕子と霧江。この際、ももえ[ CV:福圓美里 ]は置いておく。貞一としてはもちろん夕子推しなんだけど、霧江という女の子もこれまた実に魅力的だ。

貞一にクールに振る舞っておきながら、めちゃくちゃ恐がりな上に最後はひたすら泣くっていう、このギャップが実に可愛い。ボーイッシュな容姿とは裏腹に、じつはものすごく女の子っぽいところが俺のストライクゾーン。正直これは、甲乙付けがたい。貞一と霧江のエピソードも、もう少し見てみたかった。

▼どこかにありそうな風景
この作品を見ていると、行ったことが無い場所のはずなのに、この旧校舎、そして怪異調査部の部室は、まるで昔見たことがあるような、そして今でもすぐ近くにありそうな。そんな錯覚を覚えるくらいに、違和感のなく、スッと入ってくる舞台。

時には懐かしさと、そして時には不気味な雰囲気を上手く演出してくれた背景と、そしてなによりも夕子や霧江の魅力を増すこと無く引き出す作画。暗いシーンが多かっただけに、画面が明るくなったときの華やかさもより一層際立つ。TVシリーズとしては文句なしの出来でしょう。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第11話)

夕子[ CV:原由実 ]が影夕子を受け入れるエピソードが最終話では無いならば、その次の展開はあらかた予想が出来てしまう。そしてその通りであって欲しくないと願いつつも、鈴を拾い損ねた夕子の様子から、不安が先行してしまう。

何故、夕子がこの長い間、幽霊という形で学校に残り続ける事ができたのか?貞一[ CV:代永翼 ]を思う気持ちが、生きていた頃の"夕子"としての記憶と感情を取り戻させた今、貞一がかつて自分が命を賭してまで守ることが出来た女の子の孫だと分かった今、彼女がそこに残り続ける事が、果たして出来るんだろうか・・。

この流れは避けて通れないだけに、もしも夕子と貞一が別れの時を迎える事になるとしても、今回のような理不尽な、お互いの気持ちが伝わらないような状況にだけはなって欲しくない。そしてそのためには、貞一が自分の気持ちをもう一度夕子に伝える!これが絶対に必要なはずだ。

それにしても、霧江[ CV:喜多村英梨 ]はどうしちゃったんだろう。妙なポーズを決めたり、突然泣き出したり・・。元からこうだったっけ?もう少しクールなイメージだったのに。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第10話)

無我夢中で、目を背けたくなるような夕子[ CV:原由実 ]の現実に、しかし瞬きすら忘れて見入っていた。貞一[ CV:代永翼 ]だって、学校に向かった夕子に身に起こることが分かっていたはずだ。それでも叫ばずにはいられない。

それは俺も同じ心境だった。もしここで、貞一が過去に干渉することが出来るのなら、何か違う未来に繋げることが出来るなら。それがあり得ないと分かっているはずなのに、心の何処かでそれを願っていた気がする。ホラーとはまた違う恐怖感、夕子の体験をまさに追体験していたような、渾身のシナリオ。

夕子目線でのカットもまた、今回のエピソードへの没入度を高めてくれたよね。たぶん、ああいう不規則な上下左右の動きが多いシーンって、アニメで作るのは結構手間だと思う。それを惜しみなく見せてくれた今回の演出は、ストーリーとも上手くリンクしていて言うこと無し。

ちなみに、咳き込む村民の様子を見ると、おそらくここで言っている「疫病」は結核なんだろうと思う。差別やら偏見やらがあるので、なかなか作中で具体的な病名は出せないんだと思うけどね・・。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第9話)

夕子[ CV:原由実 ]の手を引いて、"影夕子"から必死に逃げる貞一[ CV:代永翼 ]。その光景に、そして貞一のその行動にはどうしても違和感を感じる。

そうじゃない、そうじゃないんだよ貞一。霧江[ CV:喜多村英梨 ]はそのことに、もしかしたら気づいてるんじゃないのか?今の貞一がするべき事は、"影夕子"から逃げることじゃない。それじゃあ夕子が記憶を切り捨てているのと全く同じ事。

つまり貞一は、記憶を切り捨ててしまった今の夕子も、そしてその切り捨てられた記憶の集まりである"影夕子"も、どちらも等しく受け入れなくちゃいけない。もし貞一が、本当に夕子の事を好きだって思ってるなら。今の貞一には、まだその覚悟はないんだろうか?

いや、貞一だったら絶対にそれに自分で気づけるはずだ。そのために、これから描かれるであろう夕子の過去を、目をそらさず全て受け入れないといけない。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第8話)

夕子[ CV:原由実 ]は、ホントに貞一[ CV:代永翼 ]を忘れていたんだろうか?

確かに、貞一をみる夕子の表情は、これまでの無邪気な笑顔とは全く違う。今までの夕子の性格を考えると、果たしてそこまで自分を演じることが出来るだろうか?そう考えると、確かに夕子の記憶はどこかへ切り離されてしまったと考えるべきだ。

一方で、ホントに貞一の事を覚えてないのに、ももえ[ CV:福圓美里 ]とのお昼ご飯を邪魔したり、ゴールに納まる寸前のボールをはじき出してみたり、そんなちょっかいを出すだろうか?となると、やはり夕子は貞一のことを忘れた訳じゃ無いと考えるべきだ。

そう、今回はまさにどっちとも取れる何とも悩ましいエピソード。こういう脚本って俺は好きだな~。そしてキャラクターや世界観がしっかりと出来上がっているこそのクオリティ。本当のところどうだったのか、是非とも夕子に聞いてみたい。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第7話)

貞一[ CV:代永翼 ]ももえ[ CV:福圓美里 ]が仲良くしているところを見て、ちょっとスネている夕子[ CV:原由実 ]だったら、珍しくも何ともない。だけど貞一の言うとおり、今回の夕子はどこかおかしかった。

学校の怪談とは違う今の夕子―。その理由はもうこれで明らかだよな。結局のところ、夕子はその自分の醜い感情を記憶と共に切り離しては、何年も何年も、同じようなことを繰り返してきたって訳か。ただ、「誰かを好きになる」ことが初めてっていうのは、"裏夕子"が言ってるんだから、そうなんだろう。

それでも、夕子が「進んで人柱になった」なんて、到底信じられるわけが無い。折れていた足から推測するならば、おそらく夕子が人柱にされたのは、誰かに貶められたからと考える方が自然。その結果生み出された強烈な感情が、今の裏夕子の元になっているとするならば、つじつまはあうような気がする。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第6話)

夕子[ CV:原由実 ]とのすれ違い様、桐島[ CV:小清水亜美 ]の口から出た「ありがとう」という言葉。まるで夕子に向けられたかのようでもあり、しかしならがあの状況からするとおそらくは貞一[ CV:代永翼 ]に向けた言葉のはずでもあり。

解釈によってどちらとも取れる、何とも心憎い演出。こういうシーンが、夕子をより謎めいた存在にしてくれるし、何よりも「どっちなんだろう?」という想像を巡らせて、「もしかすると、最初に怪異調査部の部室に入ったときから、夕子が見えていた?」とか、ストーリーを反芻して楽しめるんだよね。

今回はおそらく最初から「アカヒトさん」はいないだろうっていう想像がついていた。そして桐島が「襲われた」時から、おそらくそれが桐島の狂言であろうってことは容易に理解出来た。見えないはずの物に捕らわれる集団心理。結局の所、そういった物が「ウワサ」を呼び、そして人を追い込んでいく。これまでのストーリーとはちょっと最後に残る余韻の毛色が違うエピソードだ。

だけど霧江[ CV:喜多村英梨 ]が最後に見た方は・・・アレはどうみてもヤバそう。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第5話)

霧江[ CV:喜多村英梨 ]の苛立ちは、貞一[ CV:代永翼 ]への好意・・とはちょっと違いそうだな。自分とよく似た容姿の夕子[ CV:原由実 ]が、自分に無い"女"を武器にしていることが気に入らないんだろう。

それは結局、お化けやしきで霧江が見た物が自分自身だったことに通じるわけだ。確かに、霧江のどこか冷めたような性格は、敢えて自分をそういうキャラクターだと言い聞かせることによって、自分が持っていない物を見えなくしていただけにも思えてくる。

そんな霧江を助けてくれたのは、意外にも夕子であり、そしてなによりもももえ[ CV:福圓美里 ]。霧江とももえがここまで仲良くなるとは意外だったなぁ。ももえみたいになポジティブで前向きな性格のキャラは、霧江とは合わないかと思ったんだけどね。

自分自身の弱さをちゃんと認めつつも、前向きなももえに霧江も感化されたのかもしれない。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第4話)

これは一応、水着回ってことでOK?いつもはかなりスカートを短くしている霧江[ CV:喜多村英梨 ]がスク水、一方でロングスカートが似合うももえ[ CV:福圓美里 ]がフリルの着いたビキニ。いや~、女の子って分からないもんですな。

ちょっといつもと様子の違う夕子[ CV:原由実 ]を見ると、もしかしてこの合宿で何かが起こってしまうんじゃ無いか?っていう不安が先行する。貞一[ CV:代永翼 ]はそこまで深く考えてなかったみたいだけど、やっぱり気にはなっていたみたい。

だからきっと、貞一は夜の学校を夕子と思う存分楽しんだんだと思う。俺はその途中にも、何かおぞましい事件が起こるのでは無いか?とか、霧江が見たという憎悪の塊が明らかに近くにいるっていう緊張感で、心の底から二人を見て楽しむことは出来ず。

そして案の定。「一人になった人から狙われる」はずが、最初のターゲットは霧江とももえなのか?

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏乙女×アムネジア(第3話)

妖艶な夕子[ CV:原由実 ]の裸体が目を引きつけたかと思いきや、霧江[ CV:喜多村英梨 ]の視点から見た"幽霊"だったり、夕子の遺体の向こうになにやら封印されたほこらがあったり。この演出のがギャップに、いつもいつもハッとさせられる。ストーリーへの引きつけ方が上手いよね。

そしてその霧江は、1話を"別枠"と考えれば、今回が初登場であり、貞一[ CV:代永翼 ]との出会いのエピソードだった訳だ。最初はある種の上から目線で、かなり偉そうに貞一に忠告をしていた霧江なんだけど、そのビビリ方がなにせハンパない(笑)。

オフィシャルサイトで紹介されているキャラクターは、ここにももえ[ CV:福圓美里 ]の4人。夕子さんという存在の謎という大きなストーリーを追いつつも、夕子と貞一のラブコメがあったり、ももえと霧江という非常に特徴的なキャラクターとの絡みがあったり。

ここからがストーリーの本番という感じだけど、単純に貞一と夕子がイチャイチャしているのをニヤニヤもしてられない、この緊張感はクセになるな。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation