這いよれ!ニャル子さん

這いよれ!ニャル子さんW(最終話:第12話)

▼最終話
木星帰りのあの人と言えば、そう、ノーデンス[ CV:島田敏 ]・・じゃなくて、シロッコだよ、シロッコ。ガンダムネタは王道だけど、やっぱりZとかのネタが多い気がする。どんだけおっさんホイホイなんだか。もちろん、ノーデンスとシロッコの中の人は同じです。

ニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]が帰るいって言い出したときは、さすがに最終話はシリアスで押してくるかと思ったけど、結局はいつも通りの平常運転って感じか。ご褒美が「頭ナデナデ」であそこまで頑張っちゃうんだから、やっぱりニャル子の真尋[ CV:喜多村英梨 ]への気持ちは本物ってことかな。

惜しいのは珠緒[ CV:大坪由佳 ]が結局のところ真尋をどう思ってるんだ?ってこと。まぁ既に分かってはいるけど、やっぱり珠緒の口から直接聞いてみたかった。珠緒メインのエピソードはもう少しボリューム多くても良かったかな。

▼さすがに息切れ
やっぱりこの手のギャグ主体のアニメは、もうすこし短期決戦にすべきだと思うんだよな。2期だからという理由にこだわらず、15分フォーマットでも良かったんじゃない?やっぱり1期ほどの勢いはなかったというのが正直なところ。

普通は新キャラでのテコ入れがよくある方法だけど、ニャル子の場合はメインのキャラクターが基本的に変わってないわけだし、ストーリーもニャル子が真尋を追い回すという以上の物はやっぱり存在してないわけで。安定のお約束ではあるけど、やっぱりそれだけだと2期は物足りなく感じてしまう。

▼主役はクー子?
ニャル子が真尋を追っかけ回す展開は変わらないながら、2期はもしかしたらニャル子以上にクー子[ CV:松木未祐 ]が目立ってた気がする。これまでは真尋に敵意しかなかったはずなのに、今期は妙にしおらしかったからなぁ。

そして俺の中ではそのクー子と同じくらい、珠緒も真尋争奪戦に全面参加だと期待してたんだけど。やっぱり珠緒は1歩引いちゃうのかなぁ。このあたりは原作でもそういう位置づけのサブヒロインなんだろうし、あまりその枠を飛び越えるようなエピソードは、オリジナルでも難しいかな。

▼作画も可愛さ重視
作画面でもやっぱり目立ったのはクー子だな。これまでニャル子に媚びるような表情が多かったんだけど、真尋との会話で自然に照れたりするクー子の表情は、かなり新鮮で、そして意外にも純粋な彼女の性格が良く表れてる。

水着回なんかもお約束のようにあったりしたんだけど、2期はますますキャラクターの素の魅力を引き出す作画だった。下手な小細工とかエロアイテムに惑わされない、しっかりとした画作りだと思う。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

這いよれ!ニャル子さんW(第11話)

あのチョコが何の害もない普通のチョコなワケがない。これはお約束中のお約束。だけど珠緒[ CV:大坪由佳 ]の告白は、なんだかんだ言っても珠緒の本心なんだろうな~。真尋[ CV:喜多村英梨 ]がそれに気づくワケもないけど。

あの幽霊屋敷はあのままオチなしで良かったのに、ツル子[ CV:山北早紀 ]の同人誌制作というオマケと、ついでにツル子がアイドルを辞める原因になった余市[ CV:羽多野渉 ]に惚れられるという、ショーもない展開が(笑)。

本来ならニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]の真尋への気持ちがどれだけ大切な物かってことに感銘を受けたい所なんだけど、ハス太[ CV:釘宮理恵 ]が「大事なところ」を連呼するもんだから、それが頭に残ってどうしようもない。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

這いよれ!ニャル子さんW(第10話)

ニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]を看病しろ!」って言ったあとの珠緒[ CV:大坪由佳 ]の仕草や表情が実に思わせぶりだよな~。まぁ珠緒が真尋[ CV:喜多村英梨 ]の事を好きってのは、もう周知の事実だけど。

今回は珠緒を中心としたストーリーの展開があるように臭わせておきながら、どうやらそれは次回らしい。珠緒の出番はここでお終い。そして今回のエピソードの見所も・・・ここでお終いかなぁ。ゲームに興じているところを不意に真尋に見つかったニャル子のアホ毛も面白かったかも(笑)。

だけどBパートの半分くらいを使ったボスミ=ゴ[ CV:玄田哲章 ]のくだりは・・。こういう中身のない展開をひたすらハイテンションで突破するのもこの作品の特徴だと思うんだけど、さすがにこれはどうだろう。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

這いよれ!ニャル子さんW(第9話)

あの掃除機[ CV:若本規夫 ]は結局使い捨てのネタだったのか(笑)。あれだけもったいぶっていたのに、敢えてスルーとは。まぁ結局の所、今回のエピソードもクー子[ CV:松木未祐 ]の大勝利だけどね。

今回に限らず2期はかなりクー子推しなのかなぁ。ニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]が良くも悪くも全然変わってないのに対して、クー子は随所で"女の子"な一面を見せてくれる。ギャップの演出を身につけてるんだよね。

しかも「もしかして真尋[ CV:喜多村英梨 ]の事も気になってるのか?」と思わせる素振りもあって、それがまたクー子の可愛さにも繋がってたり。

ところで、今回のイチオシはやっぱりニャル子の「濡れる!」なんだろうけど、俺的には「あンた、背中が煤けてますよ(by哭きの竜、ホントは煤けてるぜだけど)」に思わずニンマリしたわ。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

這いよれ!ニャル子さんW(第8話)

"目つきの悪い女"って誰のことかと思ってたんだけど、たぶん最後に貞子的な復活を果たしていたクー音[ CV:柚木涼香 ]・・・の事をを言ってたんだよな?もう1人の、なんだっけ?目線を合わせられない男的な説明のキャラは、結局誰のことだったんだ。

今回は「シャンタッ君[ CV:新井里美 ]って女の子(メス?)なわけ?」という今まで語られる事のなかった裏設定のエピソード。Wikipediaによるとクー子[ CV:松木未祐 ]のあの怪しいキャンディー効果という説もあるようだけど。

しかし人間の姿になれば、当然のように人間の言葉をしゃべれるものかと思いきや、やっぱり最後まで「ミー」としか言わない(笑)。まぁ今回のエピソードはそれ故に成立したところもあるような気がする。真尋[ CV:喜多村英梨 ]に携帯すら渡せないんじゃないか、間違って壊すんじゃないかとハラハラしたけどね。真尋が思ってたようなとんでもないオチではなくて、ちょっと良い話だった。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

這いよれ!ニャル子さんW(第7話)

ちょっとばかりシリアスな展開が続いていたので、ここらでお約束の水着回。それにしてもなんだろう。ニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]クー子[ CV:松木未祐 ]のこの空気感(笑)。今回の主役は間違いなくこの二人ではなかったな。

俺としては、ハス太[ CV:釘宮理恵 ]ルーヒー[ CV:國府田マリ子 ]っていう意外すぎるカップリングにビックリだわ。少なくともハス太の方は何の下心もなくルーヒーを誘ったんだけど、どうもそうとは受け取らなかったみたい(笑)。

珠緒[ CV:大坪由佳 ]もバイト中に真尋[ CV:喜多村英梨 ]と遭遇!っていうフラグは立てたんだけど、如何せん他のキャラが濃すぎてちょっと埋もれてたかなぁ。せっかく水着を見てもらえるチャンスだったのに、ずっとエプロンしてるし。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

這いよれ!ニャル子さんW(第6話)

ファミレスで真尋[ CV:喜多村英梨 ]に「帰れ」って言われた時のニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]の落ち込みは想像に難くないよね。さすがに真尋も言い過ぎたと思ったみたいだけど、なかなか上手く取り繕うことも出来なくて・・。

そんなニャル子を見てからの、あの涙。あれは堪えるわ。ニャル子が本気だって事が分かるからこそ、真尋にもやっぱり本気でニャル子の気持ちに向き合って欲しいと思うわけで。今の真尋にとっては、「分からない」っていうあの言葉に、嘘偽りは無いと思うけどね。

ニャル子もそれが分かったからこそ、機嫌を直してくれたワケだし、とは言えクー音[ CV:柚木涼香 ]はホントにあのまま放置で良いのかどうか・・。なんとなくまだ今回の騒動は終わってないような気がする。

ところで、クー子[ CV:松木未祐 ]と真尋で"クロコ"のくだりは突っ込まずにはいられないわ(笑)。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

這いよれ!ニャル子さんW(第5話)

いつもなら間違いなくニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]を風呂場から追い出す状況だけど、真尋[ CV:喜多村英梨 ]にどんな心境の変化があったのか、それとも開かない扉に覚悟を決めたのか。珍しくニャル子と一緒にお風呂。

ここまではいつもどおりのニャル子だけど、今回はニャル子もクー子[ CV:松木未祐 ]に一本取られただろ。実のところ、クー子も真尋のことが好き・・・というか、ニャル子が1番というだけで実は真尋のこともそんな嫌いじゃない気もする。

その騒動の元凶はクー音[ CV:柚木涼香 ]。1回限りのゲストキャラでお借り頂くのかと思ったけど、どうやらまだ居座るようで。クー音がいるかぎり、大人しいニャル子を見ていることには・・ならないだろうな。たぶん全力で追い出しにかかるはず(笑)。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

這いよれ!ニャル子さんW(第4話)

「恋愛の才能」って聞くと、天地無用!しか思い浮かばなかったんだけど、残念ながらそのパロディはなかったようだ。そしてどうやらそのサブタイトルは、珠緒[ CV:大坪由佳 ]に捧げられたもののようだ。

真尋[ CV:喜多村英梨 ]の事になると完全に舞い上がってるニャル子[ CV:阿澄佳奈 ]が、珠緒の気持ちに気づくはずもないんだけどね。それでも笑顔でいられる珠緒を見てると、なんかちょっと切ない気持ちに。

ツル子[ CV:山北早紀 ]のちょっと可愛そうな境遇には・・・これは切なくはならないな(笑)。「ホモが嫌いな女子はいません!」とか力説されましても。

ところで、「ジャミトフ(ハイマンさんですよね?)」はゼータ好きの俺には思いっきりツボだった。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (1)

這いよれ!ニャル子さんW(第3話)

アラオ猿[ CV:久保智史 ]・・っていうか、サイヤ人ですよね。ここはハス太[ CV:釘宮理恵 ]がシッポを切って倒すというオチかと思いきや、真尋[ CV:喜多村英梨 ]の消しゴムでした。

デスノート的には・・確か書いてから何分か以内だったら取り消せるんだっけ?まぁその辺の細かい設定は、当然無視だわな(笑)。結果的には、青年バージョンのハス太[ CV:関智一 ]が満を持して登場したのに、全く見せ場無しという設定の無駄使い。

やっぱりこのどうしようないノリがニャル子だなぁ。そして今期のOPですよ。最初は「そうは言っても1期のOPのインパクトには及ばないか」と思わせておいて、そろそろ中毒症状が出てきました。あと今回のEDのニャル子はエロい!あの網タイツは反則です。

這いよれ!ニャル子さんW(@テレビ東京) / アニメーション制作:XEBEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金