夏雪ランデブー

夏雪ランデブー(最終話:第11話)

▼最終話
エピローグとも言うべき最後の締め。一気に時間が流れて、しばらくの間、置いてけぼりを食らってしまった。しかも亮介[ CV:中村悠一 ]六花[ CV:大原さやか ]の言葉はないまま。

[ CV:福山潤 ]が自由に街中を飛び回っているってことは、彼をあの店に縛り付けていた物が消えたって事。それが何かは、言わずもがな。それでも、まだ亮介には篤が見えてるのかな?いやいや、その前に亮介と六花のプロポーズの場面は?

いろいろ知りたいことは山ほどあるんだけど、でもそれは「はい、こうなりました」と見せられるよりも、おそらくこれまでの彼らの振る舞いから、「きっとこんなだったんだろうな」と想像するのも、きっと楽しい。そしてこの作品は、それを楽しめるだけの素材を最後にたくさん用意してくれたんだと思う。

▼異端のラブストーリー
これは俺の勝手な感想だけど、普通に亮介と六花の、2人の恋の物語の作品だったとしても、十分に面白かったと思う。まぁ何の障害も無く2人がただくっつくだけのストーリーじゃあどうかとも思うけど、それでも敢えて"幽霊"を登場させているところが、とにかく異端だ。

とは言え、篤が幽霊だっていう事実は、時折ふっと頭の中から消えてるんだよね。"決して実ることのない恋"と向き合っている青年。そんな設定に勝手に置き換えちゃってる。フィクションらしい、そしてアニメだからこそのストーリーだと思うけれど、俺はそんなに違和感なく受け入れられたかな。

▼登場人物をじっくりと
亮介と六花、そして篤。ミホ[ CV:冬馬由美 ]オフィシャルサイトでは"キャラクター"としてカウントされているけれど、恋愛模様には絡まないので実質3人だよね。

最初から最後まで、とにかくこの3人の心情描写を掘り下げているだけあって、はまる人にはとにかくどっぷりと作品の世界観に浸れる。俺は基本的に亮介の視点で見ていたんだけど、それでも生前の篤と六花のエピソードとか、思わずグッと来ちゃう。誰の気持ちにも正解はないが故、俺も一緒に頭を悩ませていた。

▼違和感の無い映像
アニメの場合、どうしても背景とかプロップ(小物)とかの描写が非現実的すぎて気になったり、誇張された人間の表現が時に行きすぎだったりすることも多々ある。この作品にはそれがない。

個性のない映像という言い方もあるかもしれないけど、俺はむしろ「出しゃばらない映像」だと思うね。つまりこの作品のストーリーやキャラクターを最大限に引き立たせる作画がどういうものか?それをちゃんと理解した上で、丁寧に映像化した作品だと思う。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏雪ランデブー(第10話)

遂に亮介[ CV:中村悠一 ]が、、かつての[ CV:福山潤 ]よろしく、空中を浮遊するようになってしまったか・・。それはつまり、篤が何かアクションを起こさない限り、亮介が戻れないことが確定ってことでしょ?

しかし変わり果てた自分の姿を見たときの亮介の反応が、実に面白かった!しかも六花[ CV:大原さやか ]が海に行ったことから、その夜のお泊まりまでちゃんと説明してくれるおまけ付き。

真実を知った六花の反応は、ちょっと意外だった。篤との再会を喜ぶところまでは良しとして、その次に自分の「好き」っていう気持ちに対する戸惑い。確かにそうだ。亮介の身体に入った篤の心。それは篤でもないし、亮介でもない。存在しない人に恋をしてしまった六花の気持ちは、このまま再び悲しみの底に沈むことになるのか・・。

ところで、篤入りの亮介と、浮遊霊と化した亮介の会話。それは中村悠一の一人芝居みたいな感じではあるんだけど、こういう場面でこそ声優の力量が出るよね。改めて感心させられた。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雪ランデブー(第9話)

[ CV:福山潤 ]も、ここで六花[ CV:大原さやか ]に会うとは思ってなかったんだろう。そしてもちろん、亮介[ CV:中村悠一 ]の身体にいる自分の存在を、六花にアピールするつもりもなかった訳で。

だけど六花がもう篤の存在を認めてしまった。だけどこれ、どうするんだろ・・。篤は亮介の身体が"死"を迎えるまで、ずっとそのまま居座るつもりなのか?六花はホントにそれを望んでいる?こうして篤の存在を知らしめてしまった事で、結果的に六花は2度目の別れを経験する事になるんだろうな・・。

しかしその亮介の方は、実にもどかしい!これでようやくこの童話世界から脱出かと思いきや、ついに身体まで王子に入れ替わり?しかしこうなると、酒の勢いとはいえ篤に身体を貸したことを後悔するよなぁ。結果として六花への自分の気持ちを整理できたってことはあるかもしれないけども・・。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雪ランデブー(第8話)

やっと亮介[ CV:中村悠一 ]が目を覚ましたか!もしあのまま六花[ CV:大原さやか ]の容姿をした何かと一緒に[ CV:福山潤 ]を待ち続けても、たぶん自分の身体は二度と帰ってこなかっただろうな。

その篤は、自分の遺品を全て持ち出し、果ては亮介の容姿で現金を下ろし(これはたぶん後で大変な事になる)、何処かの山に登ろうとしている?その目的は、六花に自分の事を忘れさせるつもりなのか、それともそのスケッチブックに書き続けている"作品"を完成させることなのか。

普通なら六花が亮介(篤)の居場所が分かるわけ無いんだけど、今の六花はたぶん良い具合に混乱している。まさに六花の言った言葉通り、「誰だか分からないけど、好きな人を追いかけている」状態。それが花のアレンジだったり、無くなった植木鉢だったりと、直接見えないもんだから尚更。

今度六花が亮介と会うときは、果たして中身はどっちだろう。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雪ランデブー(第7話)

あれだけ六花[ CV:大原さやか ]から亮介[ CV:中村悠一 ]を遠ざけようとしていたはずの[ CV:福山潤 ]。それがまったく逆の結果になってしまった。

だけど篤にしてみれば、今、六花の瞳に映っている男がかつての自分ではなくて、亮介の姿をしているという事は、たぶんもう何の意味もない。そこにあるのは、六花に対する篤の気持ちだけ。"亮介"の姿をした男が時々見せる篤を思わせる振る舞いに、六花はかなりとまどってるみたい。

まぁそれも当然だよね。そして最後の一撃は、店内に並べられた花のオブジェ。六花はこれで再び篤への気持ちにかられるのか、それとも亮介に対する気持ちが強くなるのか。亮介の本体は未だによく分からない世界をさまよっているみたいだけど、これってもしかして、最後まで元に戻らないってことは無いよな?

名実共に「恋人」になったはずの2人なんだけど、未だに亮介はたぶん何も知らない。そこからもう一度やり直すって、できるんだろうか?

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏雪ランデブー(第6話)

六花[ CV:大原さやか ]は、もしかして今の亮介[ CV:中村悠一 ](中身は[ CV:福山潤 ])に、ダンナの面影を感じているんだろうか?それが思わぬところでの告白に繋がったのか?

もしそうだとするならば、篤の思惑はまるで逆の方向に向かってしまったことになるんだけど・・・。だけど、篤の態度も、最初に亮介を追い払おうとしていた頃とはかなり変わってきてる気がするんだよね。六花と亮介を遠ざけようとしてるわけじゃなくて、六花に六花自身の気持ちを見つめ直させようとしているような。そんな感じ。

一方で亮介は、そんなことなど知るよしもなく。自分の身体に戻った時、あの髪の毛とメガネには絶対驚くだろうなぁ。そもそもそれ以前に、六花の告白に篤がどう答えるのかによって、戻ってみたら六花との距離が遠ざかっていて・・なんてこともあり得るわけだ。

誰が正解とも言えないこの3人の関係が、ますます面白くそして混沌としてきたな。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏雪ランデブー(第5話)

やっぱりというか、案の定というか。[ CV:福山潤 ]亮介[ CV:中村悠一 ]の身体に入ってるって意味のね。)の行動は、六花[ CV:大原さやか ]の好感度アップに見事貢献!

あの髪型とメガネ、意外と亮介には似合ってるというか、今までのボサボサで野暮ったい雰囲気よりはずっと良い気がする。そして六花のご飯をご馳走になり、ついにはお風呂ですよ!お風呂!まぁ六花が裸になるわけじゃなくて、単に背中を流すだけなら何も間違えは起こるはずもなく・・・。

というか中身が篤なんだから、起こらないよな?絶対大丈夫?今、六花の家で起こっている事を、どうやら亮介の方は全然見えてないみたいだし、たぶんその間の記憶も亮介には無いんだろう。もしお風呂に入っているところで、亮介が不意に元に戻ったら?

しかし、六花も何故に背中を流したがる?背中フェチなのか?

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏雪ランデブー(第4話)

亮介[ CV:中村悠一 ]だって、分かっていたんだよな。六花[ CV:大原さやか ]を花やしきに連れて行けばどうなるか。彼女が[ CV:福山潤 ]のことを、まだ好きだってことも、当然理解はしていた。

だからといって、二人きりでのデートが楽しくないはずがない!とはいえ、六花も30歳なわけで、そりゃもういい大人ですよ。亮介の思う「デートが楽しくて仕方ない!」っていう感覚と、六花が思うデートの楽しさは、やっぱり違うんだよね。それを考慮しても、やっぱり六花はずっと篤との思い出をなぞっていたんだけども。

しかし、このタイミングで篤に身体を貸しちゃうわけか。篤は当然のように六花が好きなんだから、六花に変なことをするわけがない。むしろ、これって六花にとっては亮介の行動と映るわけだから、結果的に亮介の株を上げることになるのでは?

亮介がそんな事実を知ったら、絶対に嫌がると思うけれど、篤がどう行動するのか興味深いな。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雪ランデブー(第3話)

亮介[ CV:中村悠一 ]の持ってきた花やしきの入場券。新聞勧誘のおっちゃんにもらった?まぁそんなわけが無いよな。ミホ[ CV:冬馬由美 ]から見せられたあの写真。あの六花[ CV:大原さやか ]の笑顔は、やはり亮介の心に深く刻まれたようだ。

それでも、病床の六花が思い出すのは・・・[ CV:福山潤 ]との思い出?だけど、そのきっかけは亮介の「2番手でも良い」って言葉なわけで。今まさに、六花の心は"揺れてる"状態かな。だけど、涙と共につぶやいた「会いたい」って言葉は、間違いなく彼女の本心だろう。

じゃあ六花の笑顔を見たいがために、亮介が篤に身体を貸すのか?いやいや、流石にそれは無いか。今の篤に、もしできたとして、身体を貸したりしたら、たぶん亮介が警戒しているとおり、二度と返ってこないと思う。篤にとって、そのくらいの嘘は六花に触れて、そして話をして、自分の気持ちを伝えることができるんだったら、どうってことないはずだ。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雪ランデブー(第2話)

自分が六花[ CV:大原さやか ]を幸せにする。自分が六花を守ると言いながらも、何もすることが出来ないもどかしさ。六花を1人にして誰も寄せ付けないことが、本当に彼女の幸せなのか?

そんなこと、誰から言われなくても[ CV:福山潤 ]は分かってるんだろうけどね。彼女を縛り付けるだけ縛り付けて、そしていざと言うときに自分は手を触れることすら出来ない。そうは言ってもだ。じゃあ六花が亮介[ CV:中村悠一 ]に寝取られる所を、安穏とみていられるのか?そんな訳ないよね。

それにしても、亮介も亮介で、やっぱりあんまり器用じゃないよなぁ。自分の気持ちを伝えているつもりなんだろうけど、どこか亮介の言葉や態度には、卑屈さを感じてしまうんだよね。六花に言うつもりで無かったとしても、「旦那のことなんか忘れさせてやる」なんて・・。それは絶対に禁句だろ。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation