となりの怪物くん

となりの怪物くん(最終話:第13話)

▼最終話
まだ原作は連載中?実に最終話っぽくない、悪く言えばまとまりのない内容だけど、これで最終話なんだよな?[ CV:鈴木達央 ][ CV:戸松遙 ]の関係は、もう少し違う形になるかと踏んでたんだけど、結局このままかぁ。

それにしても、ヤマケン[ CV:寺島拓篤 ]と話をしているときの、雫の隙のなさはすごいわ(笑)。ヤマケンが話を膨らまそうとしても、それを許さない食い気味のリジェクト。良くも悪くも、ヤマケンは常識人なんだろうなぁ、この辺が。そんな雫の拒否もお構いなしに突撃してくるのが、春なんだけどね。

そしてあさ子[ CV:種崎敦美 ]の恋も、実る気配がないままだったな。三沢[ CV:樋口智透 ]はあさ子の告白を・・・たぶん理解したと思うんだけど。このあたりも曖昧なままで終わってしまったのは残念だ。

▼ヒロインが恋しないラブコメ
少なくともこのテレビシリーズの範囲では、「雫が春に恋をした」とまでは言い切れないんじゃないかと、俺は思ってる。春を単なる友だちとは思ってないのは確かだし、何度か「好き」と言ってる事も確かなんだけどね。だけど雫の心がそれを「恋」と認識しない限りは、それは恋じゃない。

雫の実に複雑なようで、しかし意外と単純なそんな心情の変化が、この作品の真骨頂。一生懸命に「いつもの自分」を演じようとするんだけど、どうしても春の存在がそれを邪魔してしまう。そこで自分の気持ちと行動のギャップにおそらく悩んでいるらしい雫の反応は、恋に悩むラブコメのヒロインはちょっと毛色が違うよね。

▼春&雫も良いけれど
この作品、春と雫以外の周りを固めるキャラクターたちも、実に個性的で、そしてむしろ2人よりも時にはラブコメしちゃってるから、それが面白い。言わずもがな、俺はあさ子がすっかり気に入っちゃったよ。

まぁたぶんそんな事を言う男には、あさ子は冷たい視線で睨んでくるんだろうけど(笑)。それとは違って、春とか雫と一緒にいるときのあさ子の底抜けに明るい印象を受ける正確は、とにかくテンションが上がるよね。ひたすらクールな雫というヒロインもあってか、彼女の存在はとにかく印象的だった。

▼華やかな映像
制服が赤系ってこともあるけど、画面全体の雰囲気がとっても明るくて、ポップな印象を受ける作品。これはおそらく、春の性格というか、曇りのない春の心の内と自然にリンクしてるんじゃないかって思うくらい。キャラクター自体は少女マンガ的なデザインだけど、アニメとして動いている映像には、全然違和感ない。

男も女の子も必要以上にチャラくないけど、それでも今風の高校生って感じで、画作りとキャラ作りが上手く両立できていたと思う。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第12話)

あさ子[ CV:種崎敦美 ]はてっきり三沢[ CV:樋口智透 ]に自分の気持ちをどう打ち明けたら良いかっていうレベルで悩んでるとばかり思ってたわ。あさ子にとって、"恋愛"っていうこと自体が、素直に受け入れられないくらい、コンプレックスだってことか。

しかしな~。それを意識してないときのあさ子は、いつも明るくて元気で、何よりも飾り気のないその笑顔が凄く魅力的なのに。ぼっちの年末にかかってきた[ CV:戸松遙 ]からの電話に大泣きしちゃうくらいに、自分の感情に素直なのにね。やっぱり恋愛って難しい。

そのあさ子が、まさかあっという間に三沢に告白までたどり着いてしまうとは、ちょっと驚いた。というか、あれは告白って事で良いんだよな?例えうまくいってもいかなくても、あさ子には「人を好きになる」ってことの素晴らしさを分かって欲しいな。

最終回目前なのに、雫と[ CV:鈴木達央 ]の影が薄い、だけど心に染み入る良いエピソードだった。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第11話)

[ CV:戸松遙 ]が言うほどに、雫と[ CV:鈴木達央 ]がすれ違っているようには見えないけど・・・。いやだけど、お互いに好きって気持ちを伝えた割には、ちっとも距離が縮まった感じがしない。

そういうところをヤマケン[ CV:寺島拓篤 ]は見透かしてる・・・ってほど、雫のことも春のことも、ヤマケンが理解出来てるようには見えない。最初は春への対抗心だけで、雫の事はそれほど気にしてないのかと思ってたけど、ちょっとした仕草にドキドキしてるところを見ると、ヤマケンも本気のはずだ。

そんな状況だけど、相も変わらず雫はマイペースなんだよな~。それが春の焦りと苛立ちに繋がってる気がしなくもない。だって、水筒にスパゲティを入れて持ってくるとか、普通はあり得ないだろ(笑)。流石にあれは俺も一度も見たことないぞ。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第10話)

[ CV:戸松遙 ][ CV:鈴木達央 ]じゃ、あさ子[ CV:種崎敦美 ]の気持ちにはぜーーーったいに気づかないだろうと思ってたけど、ササヤン[ CV:逢坂良太 ]はあっさりだったな~。

それもやっぱり、ササヤンが千づる[ CV:花澤香菜 ]を好きってことに繋がるんだろうな。今のササヤンが千づるに片想いしてる気持ちと、あさ子の(たぶん)片想いには、どこか通じるところがあるのかも。

そしてそれは春の・・・と言いたい所だけど、遂に、というか雫が2度目の春への告白!今度こそは心の底から「好き」って気持ちだってことで良いんだよな?前にみたいな、思わず勢いで言っちゃった!っていう場面でもないし、少なくともこれで二人は彼氏と彼女?少なくとも、冬休み中はそうもいかないみたいだけど・・。

それにしてもあさ子企画のクリスマスパーティが、いろんなところで可愛そうすぎて困る(笑)。ドンマイ、あさちゃん。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第9話)

あさ子[ CV:種崎敦美 ]の超ハイテンションの理由は、ほぼ間違いなく三沢[ CV:樋口智透 ]だよなぁ・・。しかしこの恋は、どう考えても実らないというか、あさ子の涙に暮れる姿しか想像出来ない・・。

そしてヤマケン[ CV:寺島拓篤 ]だ。こちらはこちらで、[ CV:戸松遙 ]に惚れたか。[ CV:鈴木達央 ]の事ですらオーバーフローしてる雫が、もしヤマケンに告白でもされたら?それこそ熱暴走しちゃんじゃないだろうか。

そんなわけで、最初の頃のクールな雫からはだいぶ印象が変わってきたんだけど、それでもあさ子のブログへのあまりに冷静で、そしてあっさりと自分の本名を書いてコメントしちゃうあたり、実に雫らしくて良いじゃないか(笑)。あさ子が肩を落としている様子が目に浮かぶようだ。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第8話)

たぶん千づる[ CV:花澤香菜 ]は、今回のことで[ CV:鈴木達央 ]を避けることはないと思うけど・・・。それにしても優山[ CV:中村悠一 ]と鉢合わせしたときの春は、あまりにも異常だ。

そんな放っておけない一面も含めて、[ CV:戸松遙 ]にとって春は「そばにいて欲しい」存在のはずなんだけどね。あさ子[ CV:種﨑敦美 ]への相談の仕方も、雫にっては初めてのことでどうして良いのか分からない。そんな手探り感が伝わってくる。

ところで、今回はカフェ的な出し物のために千づるは髪をしばってたみたいだけど、俺は断然、いつもの自然なセミロングの髪型の方が、良いと思います!これだけは自信を持って言える。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第7話)

[ CV:戸松遙 ]の「[ CV:鈴木達央 ]の事を好きにならない」宣言は、たぶん本心だと思うし、彼女が嘘を付いてるわけじゃないと思う。思うんだけど・・・どうみても、無理しちゃってるんじゃないの?

千づる[ CV:花澤香菜 ]の事だって、明らかに意識してるわけだし、いきなり「彼女」じゃなくても、普通の友だちとか、それこそあさ子[ CV:種崎敦美 ]たちと一緒に遊びに行くとか、もう少し歩み寄っても良いのに。

そして明らかに天然タイプの春に対して、いかにもなオーラを放つ賢二[ CV:寺島拓篤 ]。この寺島拓篤ならではの鬱陶しいしゃべり方、賢二のキャラに実にピッタリ(笑)。こいつは・・さすがに雫を好きって事は無いよな?

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第6話)

いや~、今回は笑った。そして突っ込んだ!千づる[ CV:花澤香菜 ]ってもっとジメジメした性格かとも思ったんだけど、弾けると想像以上に面白いじゃないの![ CV:鈴木達央 ]に「金玉ついてんのか!」なんて、まさかのまさかだ(笑)。

だけど彼女の不安というか、自分を追い込んで卑下してしまう気持ちはよ~く分かる気がする。一生懸命に自分を低くして、そうしておくことで何があっても「自分は所詮、その程度の人間」という納得を勝手にしてしまう。端から見ると、それは偏屈な性格にしか見えないのかもしれないけどね。

そんな"待ち"の千づるにとって、たぶん春みたいな相手との壁を一切無視して、ずけずけと入り込んでくる性格は相性が良いんだと思う。だって千づる自身が、そういう友だちを求めてるよね?

しかしその2人の絡みを見た[ CV:戸松遙 ]の反応は、ちょっと意外だったなぁ。ヤキモチや春への気持ちを敢えて封印して、勉強一直線とは。ホントに良いのか、それで。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

となりの怪物くん(第5話)

千づる[ CV:花澤香菜 ]が完全に[ CV:鈴木達央 ]にほれてしまった!当の本人が自分から気づくことは到底無さそうだけど、同じ女の子だし、流石に[ CV:戸松遙 ]は気づいただろ。

そのオドオドした性格とメガネのせいでおそらくは地味な人って事になってるんだろうけど、いやいや、全然可愛いですから。メガネを取って髪型を変えれば・・とかそういう次元じゃなくて、背も高くてスラッとしてるし、普通に女の子として可愛いと思うんだけど。

となるとこれで春と千づる、そして雫の三角関係が・・とはならないような気もする。そこはやはり千づるが人を好きになってどう変わるのかにかかってるだろうな。それよりも、優山[ CV:中村悠一 ]の方が雫に興味がある?おそらく雫よりも春の気を引きたいんじゃないかって気はするけど、こっちは油断ならない感じ。

春のことになると、雫の気持ちとか全部無視して、何でもやりそうな気がする。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの怪物くん(第4話)

優山[ CV:中村悠一 ]の存在が、[ CV:鈴木達央 ]の過去に暗い影を落とした3話に続いて、今回も春の"影"が気になった。

一見すると脳天気な性格なんだけど、それって単にバカな訳じゃなくて、春の過去の経験から行き着いてしまったものなんじゃないんだろうか。なんとなくそんな気がしてしまう。何て言ったら良いのか、自分自身を敢えて道化に見せて、そして傷つく事を避けている?

う~ん、なんかちょっと違うような。だけど[ CV:戸松遙 ]がおそらくそういう状況に動じないのに対して、春はものすごくそういうプレッシャーに弱いことは間違いなさそう。

距離が縮まってるようで、やっぱり今回もあまり縮まってないような、微妙で絶妙な関係のままか。

となりの怪物くん(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金