好きっていいなよ。

好きっていいなよ。(最終話:第13話)

▼最終話
最後のめい[ CV:茅野愛衣 ]の「好き・・・」がそのエコーと同じように、心に響いた。めいがどれだけ大和[ CV:櫻井孝宏 ]の事を好きで、そしてこれまでどれだけ多くの気持ちのすれ違いがあったかを見てきた。

めいが何も言わないまま、エンディングが始まってしまったから、「このまま自分の気持ちを伝えないのか?」っていう疑問がありつつ、まだ原作も続いてるようだしこれはこれでしょうがないかなって、半ば諦めてたところだったから、より強烈に刺さった。

しかし今回ばかりは、大和もかなりかっこ悪いところを見せてくれたな(笑)。単なるイケメン君じゃなくて、実は大和もめいのことになると全然余裕がないって事を、改めて分からせてくれた。まぁ知ってたけどね。まだこの2人のエピソードには前途多難が待ち受けていそうな気配が濃厚だけど、それはまた別の機会に見てみたい。

▼"恋"の物語
この作品のテーマは、恋愛の前者、つまり"恋"なんだよね。まだ愛までは届かないんだけど、「好き」って気持ちをどう伝えて良いのか、自分自身の心をどう整理して良いのか分からない。そんなもどかしい気持ちとのまさに戦いのストーリー。

少女マンガ原作ではあるけれど、男女問わずにこのストーリーのクオリティの高さには、納得じゃない?うわべだけの恋じゃなくて、めいや大和のその心の内、移り変わっていく気持ち。2人の人生の大きな転機に、自分も立ち会えたようなそんな満足感すら感じられる。

▼みんな欠点だらけ
大和やめいの大きな特徴って、やっぱりどこか短所があって、そしてそれがとっても人間らしいってこと。大和は今までが恵まれていた環境のせいか、最初のころはめいの気持ちを全然理解出来てなかったし、「分かろう」っていう気持ちもそんなに感じられなかった。

めいだってあまりにも卑屈になりすぎるせいで、かえって相手にも不快感を与えてしまう。特にめいの気持ちには、共感できる部分が多かったように思う。2人以外のキャラクターも含めて、どこか自分にもありそうなそんな欠点を持っている、愛すべき人間だった。

▼くどくない作画
少女マンガのキャラクターって、どうしても「くどい」って先入観があって、もちろん最近は全然そんなことないのは数多くのアニメを見てきて分かってるんだけど、それでも「これなら見られる」と思ってしまうのは、そういう理由からだろう。

この作品は、表情だけでキャラクターの心情描写を終わらせようとするようなことはしないけれど、それでもめいの照れた表情なんかは、抜群の可愛さだった。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第12話)

いや~、実に良い最終回・・・って、あれ、まだもう1話あるのね。嬉しいような、ちょっとおっかなびっくりなような。なんせ、大和[ CV:櫻井孝宏 ]めい[ CV:茅野愛衣 ]の関係が、ふとしたことから壊れてしまうんじゃないかって、毎回ビクビクしてるからなぁ。

12話でも、大和が連絡の取れなくなっためぐみ[ CV:寿美菜子 ]を探して飛び出していった時のめいの表情をみてたら、大和がいらぬ情けをめぐみにかけてしまうんじゃないかと、とにかく不安になった。

だけど今のめいと大和には、そんな俺の心配は余計だったかもね。めいを見つけた時の大和の笑顔、そしてめいの表情を見れば、お互いの心の繋がり、信頼関係がよ~く分かった。むしろ俺の方が疑心暗鬼になっていただけみたいだ。これはこれで良かったんだけどね。

最終話、できればそんな心配は一切要らない、おもわずにやけるラブラブエピソードをお願いしたい。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第11話)

せっかくのお泊まりデートに、まさかの[ CV:伊瀬茉莉也 ]乱入!いや~、さすがにそれは空気を読んでないんじゃないかと思いきや、俺は大和[ CV:櫻井孝宏 ]めい[ CV:茅野愛衣 ]にとっては、むしろ良かったんじゃないかって思った。

たぶん大和もめいの事を冷静に、ホントに大事に考えることが出来たと思うしね。だって高校生でしょ?好きな女の子と同じ部屋にお泊まりなんて、普通に考えたら我慢出来ないと思う。だけどそこに凪がいたから、踏みとどまれたかもしれないしね。

そしていよいよ、めぐみ[ CV:寿美菜子 ]が追い込まれてきたか。めぐみの場合は自業自得と思う気持ち半分、彼女の境遇を考えると、今まで本当の友だちと巡り会えなかった事が、なによりも不幸だったんじゃないかと思う気持ち半分だな。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第10話)

いよいよめぐみ[ CV:寿美菜子 ]がイヤな女になってきた。だけど彼女もまた、めい[ CV:茅野愛衣 ][ CV:前野智昭 ]と同じように、孤独な時間を過ごしてきた過去があるみたい。

だからこそ、その孤独がどれだけダメージになるか分かっているからこそ、あさみ[ CV:種田梨沙 ]愛子[ CV:内山夕実 ]をめいから遠ざける"作戦"に出たみたい。

しかしそんなめぐみを置いといても、大和[ CV:櫻井孝宏 ]の今回のめいへの態度はいただけないわ。このあたりがやっぱり恋愛初心者ってことなのか。だけど何となく分かる気もするんだよね・・。どうしても直接言えなくて、嫌みというか突き放したような言い方になってしまう気持ち・・。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第9話)

めぐみ[ CV:寿美菜子 ]が、少しずつその本心を抑えきれなくなってるな~。めぐみの場合、自分に自信があるのか、はたまた何かを"ダシ"にしないと誰とも話せないのか、そこんところがよく分からない。

だけど、大和[ CV:櫻井孝宏 ]を好きって気持ちが、徐々にめい[ CV:茅野愛衣 ]への負の感情に変わってきてる気がする。そのうち、「めいのワガママで、大和がモデルを続けられなくなった」的な事を、言い出してもおかしくないぞ。

そして大和の方は、珍しく[ CV:前野智昭 ]の言葉で動揺してたよな。そもそも海に対して負い目があるだけに、堂々と「めいが好き」宣言をされちゃうとな~。どうする、大和。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第8話)

愛子[ CV:内山夕実 ]のアシストも、こうなってしまったらもうアリだよね。だって今のめい[ CV:茅野愛衣 ]大和[ CV:櫻井孝宏 ]の関係は、もう二人だけではどうしようもなかったと思う。

めいの大和を思う気持ちがこれでもか!と伝わってくるからこそ、めいが自分を責めて責めて、そしてその気持ちを誰にも吐露できずに苦しんでいる姿は、もう見てるだけで辛い。毎週毎週、見たいと思いながらもこの作品の再生をちょっとためらってしまっていた。

しかも、ようやく二人だけの時間を作れたはずなのに、あの大和のつれない態度。うん、わかる。せっかく久しぶりに会えたのに、「気持ち悪い」って言葉にちょっとカチンときたんでしょ?だけどあの態度は、めいの心にダメージを与えるのは、あまりにも決定的すぎた。

それでも少しずつ距離を取り戻してくれる二人の心に、少しホッとした。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第7話)

つぶれそうになってるめい[ CV:茅野愛衣 ]に気がついてくれて、そして助けになってくれる。あさみ[ CV:種田梨沙 ]愛子[ CV:内山夕実 ]の、友だちの存在をこれほどめいが心強く思ったことは、無いだろうな。

二人とも「私が大和[ CV:櫻井孝宏 ]に言ってあげる!」って絶対に言わないところが、本当の友だちなんだと俺は思った。めいに自分の気持ちを自分の言葉でちゃんと大和に伝えさせる。それが俺もめいのためだと思う。

だけどな~。まさか校内であそこまで堂々とキスしてしまうとは・・。恐るべし、めい。自分の気持ちをどう伝えて良いか分からなくなった末の行動のような気がするけど、確かにこれなら大和も分かってくれる・・か?

めぐみ[ CV:寿美菜子 ]の事を好きになってる事は無さそうだけど、彼女が苦労して努力していることを知ってしまった以上、大和の性格からして放っておけないだろうしね。ちょっと心配だったんだけど、これで少しはめいの気持ちに気づいたか?

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第6話)

自分が心の底で本当に思っていることを、なかなか表現できないめい[ CV:茅野愛衣 ]を見ていると、どうにも切なくなってたまらない。性別も年齢も全然違うはずのめいに、どうしてこうも感情移入して見られるんだろうか?

大和[ CV:櫻井孝宏 ]にめいのことをもっと分かってあげて欲しいと思うのは、無理なことなのか?たぶん無理なんだろうな・・。今の大和には、めいのような境遇の女の子が何を考えているか、まだまだ理解するには時間がかかるんだと思う。

そして北川めぐみ[ CV:寿美菜子 ]だ。どー見てもこの女はキャラ作ってるよな。「読モ」という立ち位置がそれをカモフラージュしているのかもしれないけど、大和を落とそうと狙ってるのは間違いなさそう。

スタジオで泣き出しためいを見るのも、そして嬉しそうに写真に写る大和を見るのも辛い・・。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第5話)

めい[ CV:茅野愛衣 ][ CV:伊瀬茉莉也 ]は、似たもの同士だからわかり合えた。もちろんそれもあるだろうけど、そんな単純な事じゃないと思う。

めいも自分で言ってたけど、以前のめいなら、たぶん大和[ CV:櫻井孝宏 ]がいなくなった後に、凪の元へ行こうなんて絶対に思ってないし、思ったとしても行動してない。それだけ、めい自身の人に対する接し方が変わってきたんだと思う。

ところで。めいの飼ってるネコ。マシュマロだっけ?なんというか、一言でいうと可愛くない(笑)。家で飼ってるネコって外に出るのを嫌がる事が多いらしいから、ネコバッグに収まってお出かけしてくれるだけでも、実は大人しくて聞き分けの良いネコなのかもしれないけど。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きっていいなよ。(第4話)

気がつけばめちゃくちゃ夢中で見てた。今回のエピソードはかなりグッと来たわ。とにかくめい[ CV:茅野愛衣 ]を必死に応援してた気がする。気がつけば30分があっという間に終わった。

早川[ CV:梶裕貴 ]って男が、これまた実にムカつくヤツで、どうして大和[ CV:櫻井孝宏 ]はめいをこんなクソみたいなヤツに会わせるんだ!と、大和にも腹が立った。だからめいが早川の番号をあっさり消してくれたときは、「ざまぁw」と思わずガッツポーズ。もちろん、心の中でね。

たぶん愛子[ CV:内山夕実 ]との関係を大和に問いただせば、大和は本当の事を言うと思っていた。めいには「大和とHした」という愛子の言葉に、確信があったんだと思う。そして同じように、大和は本当の事を言ってくれるっていう確信もね。

愛子とのギクシャクはもっと長く続くかと思ったけど、愛子が本気で大和を好きだったからこそ、おそらくめいの気持ちも理解出来たんだろうな。友だち・・・は無理そうだけど、しばらくは。

好きっていいなよ。(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ZEXCS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金