まおゆう魔王勇者

まおゆう魔王勇者(最終話:第12話)

▼最終話
魔王[ CV:小清水亜美 ]の元の人格を取り戻すのにもっと苦戦するかと思ったのに、勇者[ CV:福山潤 ]が来たら一瞬じゃないですか。治療してもらえたから良いものの、腕をもっていかれたメイド長[ CV:斎藤千和 ]の立場が。

しかし人間界では、今まさに戦争が起ころうとしている状態であることには変わりない。魔族は魔族で、魔王がなだめてるつもりなのに戦う気満々。一方で女魔法使い[ CV:福圓美里 ]の伝えた天然痘の「予防接種」の技術。まだまだ大きく世界が動きそうなタイミングで、最終話か。

女騎士[ CV:沢城みゆき ]と魔王の勇者を巡る恋の駆け引き(?)ももうちょっと楽しみたかったなぁ。女騎士が「捧げた」とか言うから、俺も最初は魔王と同じ意味で理解したわ(笑)。

▼成長する経済
勇者に魔王となるとファンタジーな世界観がセットになっているのが普通だけど、この作品はむしろ逆。経済がどんどん高度化していき、戦争ですら経済活動がその勝敗を左右するようになってくる。

だからといって小難しい知識が必要なわけじゃなく、「これはもしかして、今の日本では普通の事がまさに生まれようとしているのか?」というレベルで理解出来れば、十分の楽しめる。魔王独特のマイルドな語り口のおかげで、上から目線の講釈を食らってるような嫌な気分にもならなかった。

▼名前のない登場人物
魔王や勇者に名前がないのは何で?普通、疑問に思うよね。作者に意図があるのか、単に名前を考えるのが苦手で・・みたいな何てことはない理由なのかは俺は知らない。

名前がないと登場人物の心情描写を楽しめないんじゃないかと思うんだけど、不思議と途中から平気になってくるんだよね。ただ、感情移入して楽しむのではなくて、第三者の視点で俯瞰しているような感じ。それはこの作品の経済システムが進化していくのと同様、シミュレーションゲームをプレイしているような感覚に近いかも。

▼絶妙なバランス
魔王の"駄肉"加減とか、女騎士のスレンダーなんだけどパワーのありそうな身体とか、基本的にはリアルなキャラクターのデザインで俺好み。剣と魔法のファンタジーながら、実はあんまり戦ってる映像のイメージがないんだよね。むしろ日常の生活の場面の方が印象的。

魔王と勇者が暮らす家の描写とか、食べ物や生活に必要な道具とか、そういう細かい所が大切な作品だけに、映像面でもそれが印象に残ってるのかもしれない。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおゆう魔王勇者(第11話)

OPのカットが途中からずっと気になっていたんだよね。床に散在する血と、腕を抑えるメイド長[ CV:斎藤千和 ]。そんなに長くないあの1場面が、しかし強烈に頭に残っていた。そして絶対に本編と無関係のはずがないとも思っていた。

きっと魔王[ CV:小清水亜美 ]が、今まさに起ころうとしている戦争を沈めるべく帰ってきてくれるはず。何となくそんな思い込みがあったんだけど、それはあっさりと打ち砕かれてしまったな・・。

勇者[ CV:福山潤 ]と魔王。やはり最後には戦うしかない宿命なんだろうか。戦争の行方も気にかかるけれど、この戦いの行方が、結果的にこの人間界の戦争にも大きく影響してくることは確実。

あとは勇者の無駄に素直でバカ正直な人柄に賭ける。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおゆう魔王勇者(第10話)

まだ作付けすら行われていない小麦に対して買い付けを行う―。今となっては珍しくもないこの先物取引という商取引のシステムが、こうして出来上がっていく。だけどこういうハイリスクな取引は、結果的に庶民にしわ寄せがいく。そういう一連の動きが、果たして戦争にどう影響するのか?

冬寂王[ CV:平川大輔 ]と冬の国に対しての宣戦布告は、メイド姉[ CV:戸松遙 ]の演説の時点から、避けられない流れだったが故、ここは誰かを責めても仕方ない。

あとは勇者[ CV:福山潤 ]の提案を受け入れた冬寂王が、果たしてどういう手段で犠牲を最小限に抑えつつ、中央の侵攻を防ぐのか。ここは1つ、魔族の手を借りるという方法もありか?さすがにそれはリスクが大きすぎるか。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおゆう魔王勇者(第9話)

人心を統治するための有力な手段の1つが宗教だと思う。それが生活に根付いている国でそんな事を言えば、それこそ"異端"として扱われるんじゃないだろうか。そんな世界でありながら、絶対的な力である教会に対峙できるだけの言葉を、メイド姉[ CV:戸松遙 ]から聞くことになるとは。

魔王[ CV:小清水亜美 ]の姿をして、しかし自分の身の上を語り出したときには、まさかこのまま魔王の替え玉としての立場を放棄して、最期に自分の言いたいことだけを言うつもりなのか?くらいに思ってしまった自分が情けない。

教会の使者[ CV:二又一成 ]を追い返してしまっただけじゃなく、冬寂王[ CV:平川大輔 ]が"紅の学士"を保護すると宣言してしまった以上、冬の国が孤立していくことはもう避けられないだろうな。

とは言え、仮に勇者[ CV:福山潤 ]が割って入っても、結果は同じだったはず。それなら国民が自ら選んだ今の結果の方が、ずっと良い。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まおゆう魔王勇者(第8話)

いつの世もそしていつの時代も、結局は"既得権"という難敵に人は苦しめられるわけか。魔王[ CV:小清水亜美 ]の提案で生活が改善してしまえば、これまで生きる事だけに必死だった一般庶民が力を付けてしまう。さらにはその庶民相手に暴利を貪っていた連中が、お役御免になってしまう。

確かにあり得る話なんだけど、フィクションでありファンタジーであるこの作品の世界でも、そんな人間の本質を見せられるとはね。だけどもし魔王がこの場にいても、教会の命令に従うという選択をしただろうな。だから勇者[ CV:福山潤 ]の選択は、部分的には正しいと思う。

だけどメイド姉[ CV:戸松遙 ]が身代わりってのはなぁ・・。魔王もあくまで渉外の支障にならないようにと置いていった指輪が、結果的にメイド姉を危険に晒すことになってしまうとは。でもたぶん、あの状況だとメイド姉が自分から「身代わりになる!」とか言い出しそうだったし。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおゆう魔王勇者(第7話)

水浴びでほぼ裸同然の格好を見られているはずなのに、それでもやっぱり勇者[ CV:福山潤 ]のベッドに潜り込むのは、恥ずかしがる女騎士[ CV:沢城みゆき ]。いや~、女の子ですな(笑)。魔王[ CV:小清水亜美 ]よりも、女らしいのでは?と思うくらいだ。

しかし、魔王ともしばしの別れとなると、それはやっぱり寂しいよね。なんだかんだで勇者はちょくちょく魔王の様子を見に帰ってきてたわけで、本当に何ヶ月っていう期間を魔王なしでホントに大丈夫なのか?まぁ勇者の方は女騎士が何とかするとして、冬越し村の方は?

そこでまさかのメイド姉[ CV:戸松遙 ]の出番!いや、「まさか」って言い方は失礼か。元々、かなり頭のいい人なんだろうなぁ。彼女だったら、魔王の代わり(あの指輪使用も含めてね)が十分に果たせそうだ。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まおゆう魔王勇者(第6話)

実に1年以上の時を経ての再会、ということになるのか。魔王[ CV:小清水亜美 ]女騎士[ CV:沢城みゆき ]にとっての勇者[ CV:福山潤 ]との再会は。

あまりに意表を突いた登場に、魔王の感激の表情も納得だけど、それ以上に女騎士の行動にはビックリしたわ(笑)。ついさっきまで、「戦いに身を投じる女」だったハズなのに、一瞬で「好きな人を待ち焦がれていた女の子」に変身してしまうとは。(ドレスはビックリするくらいに可愛かったけど。)

どうやら今回の勇者の目的は、敢えて人間と魔族の戦いを均衡させることにあったという理解で良い?内政に関する知識なら何となく理解出来るんだけど、戦場での知識となると、やっぱり俺には簡単には理解出来ない部分があるし、今回はけっこう頭を使った気分。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (2)

まおゆう魔王勇者(第5話)

勇者[ CV:福山潤 ]魔王[ CV:小清水亜美 ]、実に1年ぶりの再会だというのに・・。何とも淡泊というかプラトニックというか。確かにまだ「主従関係」から踏み出してはいないとはいえ、流石に踊っただけってのは。

勇者の場合は魔王を大事にしすぎるというか、自分が所有物だっていう意識が必要以上に高すぎて、なかなか男と女って関係には届かないように見えるんだよね。もちろん、当の本人は意識してるんだろうけど。どうせならメイド長[ CV:斎藤千和 ]にもっとお膳立てしてもらえば良かった。

戻る人あれば去る人あり。女騎士[ CV:沢城みゆき ]の方は勇者との再会を待たずに戦へ。魔王が女騎士に自分の正体を明かしたのは、ちょっと意外。しかもあんなにサラッと。それだけ、本心から友だちになりたい!って思ったんだろうけどね。

既に知っていたとはいえ、あの女騎士の態度は実に男らしい。あんまり褒め言葉になってないか?

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (2)

まおゆう魔王勇者(第4話)

勇者[ CV:福山潤 ]は今頃どこで何をしてるのかと思いきや、実はしょっちゅう帰ってきてるんじゃないか。しかもメイド長[ CV:斎藤千和 ]の話を鵜呑みにするなら、その武勇伝はことごとく女絡みばっかり・・。

だけど、本人も一応は魔王[ CV:小清水亜美 ]の気持ちは分かってるような口ぶりだったよな。もう1人、女騎士[ CV:沢城みゆき ]もまた、勇者の帰りを待ってるわけだけど、こっちにはたぶん気づいてないか。

まぁだけど、勇者の気持ちも分からなくはない。今回もどこまで見ていたか分からないけど、魔王と青年商人[ CV:神谷浩史 ]のあの駆け引きを見せつけられてしまったら、ちょっとやそっとの手柄じゃ釣り合わないよね。まして魔王はたった1人であの場に臨んでいる。

あれを見ちゃうと、気が引けるのも無理はない。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まおゆう魔王勇者(第3話)

馬鈴薯、すなわちジャガイモですね。商売っ気を前面に出すなら、魔王[ CV:小清水亜美 ]のように「作り方を広める」なんて事は絶対にしないわけで、"同盟"であればその栽培を独占して利益を上げることを考えるだろうな。

その同盟に、どうやら魔王は羅針盤を送りつけたらしい。ジャガイモの方は、まぁ魔王の性格と目的を考えると当然の行動だと納得できるんだけど、羅針盤の方は?少なくとも、魔王がこれからやろうとしている事の前で、彼らはちょっと気がかりな存在って事は分かった。

となると、敢えて関わらないようにするか、上手く利用するかってところで悩むわけだけど、たぶん魔王は後者を取ったんだろうな。それがどういう意味を持つのかは、まだよく分からない。だけど、これで自分たちの村の存在を、同盟という大きな存在に認知させることは出来たわけだ。

そんな戦略的な場面もあれば、魔王と女騎士[ CV:沢城みゆき ]の女の戦いも(笑)。この温度差が面白い。

まおゆう魔王勇者(@TOKYO MX) / アニメーション制作:アームス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金