翠星のガルガンティア

翠星のガルガンティア(最終話:第13話)

▼最終話
チェインバー[ CV:杉田智和 ]が最後にストライカー[ CV:藤村歩 ]に向かって吐き捨てたセリフ。「このブリキ野郎」。このセンスと格好良さには脱帽だわ。そしてチェインバーがおそらく自分を犠牲にするであろう予感は、何となくしていた。

果たしてチェインバーにそんな感情があったかどうかは定かではない―というよりも、まずなかっただろうとは思うけど、レド[ CV:石川界人 ]が自らの意志でガルガンティアを守る、ストライカーと戦うと決めたという事実は、ものすごく嬉しかったんじゃないかな~。俺は嬉しかったけどね。

最後はユンボロから普通に出てきただけのレドが、妙に格好良く見えて、そして頼もしくも見えた。確かにチェインバーの力が無くなった今の方が絶対的な行動力は落ちてるんだけど、そんなことはあまり気にならない位だったね。

▼異文化コミュニケーション
アニメ作品の主人公って、あまりにも違う世界に飛ばされても意外と2話目にはすんなりと馴染んじゃうものだけど、レドはそう簡単には心を許さなかった。そしてこれがある意味で"普通"なんだと思う。

俺から見るとエイミー[ CV:金元寿子 ]たちが嘘を付いているとも思えないし、友好的な態度だってことは疑いようがないんだけど、そもそも"友好"という事を理解しないレドには、それが意味をなさない・・。

そういう状況でも、最後はレドがガルガンティアを守るために戦ったっていう事実が、それまでに積み上げてきた物の意味を物語ってるよね。途中、もどかしい思いもあったけど、レドが自分の選択が間違っていないと自身を持ってくれたことが一番嬉しかったかも。

▼一致団結しないガルガンティア
ピニオン[ CV:小西克幸 ]みたいな自己中の男もいれば、リジット[ CV:大原さやか ]のように真面目過ぎて苦しんでる人もいる。ガルガンティアって決して日和見主義者の集まりじゃないんだよね。

それがまた、この作品のテーマである人とのコミュニケーションや繋がりってことも難しさと大切さをリアルにしてくれる。決して誰かの言うことが正しいとか間違ってるとか、そういう簡単な解釈だけじゃ片付けられないもんなんだよね。

▼リアルな洋上生活
3DCGを駆使したバトルシーンも見所だけど、俺が感心したのはガルガンティアを始めとした船の生活空間がとにかくリアルだってこと。いや、リアルというと実際にそういう物があることになってしまうのでちょっと違う。

それこそ今はあまり見なくなった"駅前商店街"をそこに再現したかのような、あの何とも言えない密度感。こういうところで育っているからこそ、エイミーみたいな純粋な女の子になれるってことがそれだけで伝わってくる。この生活感は俺は特に気に入ったね。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第12話)

クーゲル[ CV:小野友樹 ]はいつから死んでいたんだろう。もしかすると地球に来たときには、もう死んでいたのかもしれない。だとすると、あれだけの人を扇動してきた犯人は、ストライカー[ CV:藤村歩 ]ってこと?

確かに、人を人とも思わないあの徹底的なやり方は、今思えば違和感はあったけど・・。だけどチェインバー[ CV:杉田智和 ]が同じ状況に置かれたら暴走するだろうか?もしかすると、あのマシンの中には、判断できる人間がいなくなったときの行動がプログラムされているのかも。

レド[ CV:石川界人 ]がどういう判断をするのかは注目だったけど、クーゲルへの反抗を決めたときのレドには鳥肌だった。レドの決意が垣間見えるあの力強い瞳には、ゾクッときた。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

翠星のガルガンティア(第11話)

クーゲル[ CV:小野友樹 ]が最初から自身の偶像化による支配を意図していたかどうかは分からない。だけどチェインバー[ CV:杉田智和 ]の言うとおり、結果としてはそれが多くの人を従える力になっている。

言ってみれば宗教そのものだと思うけど、どうもクーゲルの思想には簡単に同意できない、イヤな感じがするよね。おそらくレド[ CV:石川界人 ]もその空気を感じ取っているはずだ。ヒディアーズの起源を知ってしまった今なら、尚更ね。

そしてこれは何となくそんな予感がしていた。たぶんクーゲルはガルガンティアを何らかの理由を付けて攻撃させるんじゃないかって。そして案の定。いや、まだ正確にはクーゲルのいう"啓蒙活動"が何を意味しているのか分かってないけど、そのあたりは言わずもがなか。

レドは果たしてどういう結論を出すつもりだろうか。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第10話)

今のレド[ CV:石川界人 ]のダメージは、そんな簡単に払拭できないかと思ったけど・・。チェインバー[ CV:杉田智和 ]の説得で意外と正気を取り戻していたような気がする。そしてこのタイミングで"友軍機"だ。

だけどどうだろ。あの雰囲気は明らかに友軍っていう感じじゃないよな。なにか威圧的な雰囲気を感じるし。ピニオン[ CV:小西克幸 ]も相当に調子に乗ってるけど、あれはどう見ても何か良くないフラグを立ててるとしか思えない。

ところで、そのピニオンの部下らしい女の子、マイタ[ CV:徳井青空 ]。青い髪のショートカットに、ベローズ[ CV:伊藤静 ]みたいなショートパンツとタンクトップのあの子。どうにも気になる。サブキャラにしておくのはもったいない。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第9話)

地球の海の底に眠っていたあの映像が示す事実はただ一つ。レド[ CV:石川界人 ]がひたすらにその殺戮に執念を燃やしている"ヒディアーズ"という存在は、かつて地球で人間によって生み出された生命体であるって言うこと。

しかももっとタチが悪いのは、単にイカやらタコやらを改良して・・って話じゃなくて、人間を遺伝子レベルで操作して生み出され、そして人類と対立する構図になってしまったと思われる事だ。つまり未知の生命体と戦っていたハズのレドが、実は人類同士で殺し合いをさせられていたってことになる。

それにしても、チェインバー[ CV:杉田智和 ]の解析能力は凄まじいな。過去の記録媒体とやらを持ち帰ってしばらく解析するんじゃなくて、その場で中に入っているデータまで復元してしまうとは。これには恐れ入った。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第8話)

フェアロック[ CV:手塚秀彰 ]の死―。その波紋の大きさを見ていれば、彼がガルガンティアにとってどれほどの人物であったのか、それは言うまでもないだろう。しかもそれが、レド[ CV:石川界人 ]エイミー[ CV:金元寿子 ]の別れに繋がるとは。

エイミーがレドに付いていく・・・可能性がないのは分かっていた。エイミーにとってベベル[ CV:寺崎裕香 ]と離れるっていう選択肢はそもそもあり得ないしね。だけどエイミーが言っているとおり、このままレドをピニオン[ CV:小西克幸 ]と行かせてしまったら、それこそ戦う道具に逆戻りだぞ。

そしてフェアロックを引き継ぐことになったリジット[ CV:大原さやか ]。彼女自身というよりも、これでガルガンティアがどうなってしまうのかって方が心配。彼女の厳格な性格は、たぶん平時には彼女を追い込む結果になりそうな気がする。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第7話)

この調子でレド[ CV:石川界人 ]もガルガンティアにますます馴染んでいけるかな~とか、ちょっと甘かったか。海賊の討伐に続いて、今度はガルガンティアの人間にとって"神格"であるクジライカを殺してしまった。

今回は俺はどっちかと言えばレドの方に組したいかなぁ。文化の異なる世界において宗教的なものほどやっかいな事柄はないと思う。それをレドに分かれってほうが無理があるし、チェインバー[ CV:杉田智和 ]の解析が正しいなら、ヒディアーズとクジライカは無関係ではないんでしょ?

だからエイミー[ CV:金元寿子 ]にしてもベローズ[ CV:伊藤静 ]にしても、もう少しレドの言い分も聞いてあげて良いと思うんだけどなぁ。一方的にレドに自分達のやり方を押しつけるのも、ちょっと違うと思う。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

翠星のガルガンティア(第6話)

レド[ CV:石川界人 ]が進んで自分から何かやろうとしているのを見ると、どうしても不安でハラハラするこの焦燥感がなんとももどかしいんだよね。何か失敗するんじゃないか、またやらかすんじゃないか・・。

結果的に今回も魚を大量にミンチにしちゃったけど、レドはレドでまだまだやる気を失ってないし、ピニオン[ CV:小西克幸 ]たちもレドをとがめたり遠ざけたりしないんだよね。

特にレドが異なるコミュニティ、文化というバックグラウンドを持っている事を考えると、ガルガンティアの懐の広さは大したもんだと思う。なかなかレドが溶け込めない、そして役にも立てないこの状況だと、レドを異物として排除してもおかしくないのにね。

あとエイミー[ CV:金元寿子 ]の衣装はかなりエロいです。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第5話)

何となく分かってはいた。実はエイミー[ CV:金元寿子 ]はかなりスタイル良いんじゃないのかって。何にしてもあの水着はちょっと反則(笑)。サーヤ[ CV:茅野愛衣 ]メルティ[ CV:阿澄佳奈 ]も、布面積が小さすぎる(笑)。

何はともあれ、今はこの平和な時間にホッとする。レド[ CV:石川界人 ]が自分から進んで仕事を探そうしてるって事実には、ちょっと驚いたけどね。言葉も片言だけどかなりしゃべれるようになってきてるし。

さて、じゃあレドに向きそうな仕事って何だろう?エイミー達のようなメッセンジャーって感じじゃないし、あの体つきを考えるとやっぱり力仕事かなぁ。いざ、海賊との戦闘でもなれば間違いなくレドとチェインバー[ CV:杉田智和 ]の出番なんだけど、早々あっては欲しくないし。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翠星のガルガンティア(第4話)

ベベル[ CV:寺崎裕香 ]の言葉には、思わず俺もハッとした。銀河同盟がヒディアーズとの戦いに勝ったら、人間はどうなってしまうのか?レド[ CV:石川界人 ]は必要のない存在になるのか?

あの問いには、さすがにレドも答えを出せなかったし、チェインバー[ CV:杉田智和 ]であっても、答えられなかったんじゃないかと思う。だけどベベルもエイミー[ CV:金元寿子 ]も、よくレドとちゃんとコミュニケーションできるよね。

エイミーにとって家族、ベベルは何よりも生きがいなんだと思うけど、レドは「非効率」って言葉でそれをあっさり否定してくれるんだもんな。一見すると冷徹・・とも思うけど、レドにとってはそれが当たり前の世界で生きてきたんだって思うと、一概に否定は出来ないか。

そういう違う世界で生きてきたエイミーとレド。やっぱりエイミーのコミュニケーションスキルは凄いと思うわ。

翠星のガルガンティア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金