ローゼンメイデン

ローゼンメイデン(最終話:第13話)

▼最終話
原作はまだ連載中の作品ともなれば、こういう終わり方もやむなしか。ジュン[ CV:逢坂良太 ](まいた方)が1話のダメ人間から、まさかの店長候補でのお誘いにまで成長したんだから、驚くべき変遷だけどね(笑)。

真紅[ CV:沢城みゆき ]たちとも別れてしまい、これからどうなるのか?っていうところで、「まだまだ続きます!」と言わんばかりに引っ張り出され、そして雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]まで復活し・・。雪華綺晶、回復するの早すぎ。

斉藤さん[ CV:高森奈津美 ]とももう少し進展あってもよかったけどな~。ここでジュンが「劇団を手伝う」の選択肢を選べば、斉藤さんルート突入なんだろうけど、今のジュンではそれを選ぶ事は無いのかな。

▼前作を知らなくてもOK
アニメ1期の内容とは全然違うけれど、そこはやはり世界観を同じとする作品。前作を見ているといないとでは、感じ方が違うと思う。ただそれって「こういう違いがあるのか!」という発見があるだけで、そうじゃないとストーリーを楽しめないかと言えば、そうじゃない。

この作品の見所は、やっぱりジュンがダメ人間からそれなりに普通の人間に近づいていく成長の部分だよね。しかも中学生とか高校生ならまだしも、既に大学生となっている時点でいろいろ救いようがない・・。真紅ってもっと高飛車で人間なんて相手にしないって雰囲気だけど、実はそうじゃない。

1期だとアリスゲーム中心のストーリーだったけど、今回はジュンの心情描写が中心。そのせいか、真紅の心の内もより人間らしく感じられた気がする。

▼重苦しい世界観の中で
ジュンが陰々滅々とした日々を過ごす中で唯一の太陽、それはもちろん斉藤さん!あんまり恋愛要素もないし、マスターの女の子はどこか心に闇を抱えてるとあって、斉藤さんの存在はかなり異質だったわ。しかもすごく良い娘だし。

にもかかわらず、ジュンは明らかに最初は斉藤さんを「うるさいだけの女」くらいにしか見てないんだもんな~。それだけ自分の殻に閉じこもって他人を蔑んでいたら、そりゃダメ人間にもなっちゃうって。斉藤さんのおかげで、作品の方向性全体も上手くバランスしてたと思うし、サブキャラとしてはかなり重要な位置づけだったね。

▼グレードアップした作画
1話では「繊細な作画」と表現したけど、その印象は最後まで変わらず。だけど水銀燈[ CV:田中理恵 ]なんかはむしろ1期よりもその傲慢さが際立っているようにも感じたんだよね。

このあたりは3DCGを上手く取り入れつつ、ドールの表情とかを細かく密な画作りで仕上げていた結果かな。1期よりはるかに「大人のアニメ」って印象の画になっていて、落ち着いた色づかいのなかに真紅の赤が映える色彩設計も凄く良かった。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第12話)

あの舞台にあった人形はどうなっているのか。真紅[ CV:沢城みゆき ]の形をしていたはずのあの人形は―。ジュン[ CV:逢坂良太 ](まかなかった方ね)がなかなか目を開けないのがもどかしい瞬間。

ジュン[ CV:真田アサミ ](まいた方ね)の世界に真紅の身体が残っているのだから、仮に今の真紅のボディが壊れたとしてもそれほど問題にはならないと勝手に安心してたわ。ボディがなくても存在できるのは雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]くらいか。

これで一件落着ハッピーエンドな雰囲気なのに、その雪華綺晶の触手・・じゃなくてトゲトゲ(ツルか?)がまたモゾモゾと動き出している。あれだけ精神的なダメージを食らわせたはずなのにしぶといなぁ。そのせいでむしろ執念深くなってしまったんだろうか。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第11話)

水銀燈[ CV:田中理恵 ]を一方的に攻め立てるのは簡単だけど・・。どうもそんな気分にはなれない。アリスゲームというのは彼女たちにとって存在意義そのもの。それを否定されてしまったら、存在している意味がないってことになってしまう。

蒼星石[ CV:森永理科 ]だって、翠星石[ CV:桑谷夏子 ]に会ってしまえば再び離ればなれになるのは辛いはず。そんな状況での選択なんだから、蒼星石を尊重するべきなんだと思う。

そして忘れていた。真紅[ CV:沢城みゆき ]のボディにタイムリミットが迫っていることを。真紅の存在自体が消えてしまったわけじゃないと思いたいけど、足から崩れてく真紅の姿は、さすがにショッキングだわ・・。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第10話)

この状況になっても蒼星石[ CV:森永理科 ]のローザミスティカを返そうとしない水銀燈[ CV:田中理恵 ]。水銀燈らしいといえばらしいけど・・。

とはいえそこはケガの功名。翠星石[ CV:桑谷夏子 ]には悪いんだけど、今の状況はより冷静に事態を分析してくれそうな蒼星石がいてくれた方が頼もしいのもまた事実。ジュン[ CV:逢坂良太 ](まいてない方)と図らずも契約となったことで、雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]をしばらく黙らせることも出来たしね。

とは言え、真紅[ CV:沢城みゆき ]の仮のボディのタイムリミットが近づいているのも事実だし、一方で真紅はジュンとの契約を戸惑っている・・。だけどジュンが自分から進んで真紅を助けようとしているということだけを見ても、ジュンが変わってきたことの証拠。

あとは真紅の決断だけか。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン(第9話)

雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]が実体のボディにこだわる理由。あれだけ圧倒的な力があれば、実体があるかないかなんて気にする必要無いと思ってたんだけど、水銀燈[ CV:田中理恵 ]の挑発でそれが違うって事がよ~く分かった。

真紅[ CV:沢城みゆき ]の焦りもあって、俺も最初は雪華綺晶のボディが雛苺[ CV:野川さくら ]のそれなのかな、と思ったけど、そういえばかなり最初の方で蒼星石[ CV:森永理科 ]が・・・。

このタイミングで雪華綺晶を蒼星石のボディから追い出して、お帰り頂かないと真紅が危ないってことなんだよな?水銀灯がやたら自信満々に煽っていたからもっと互角に戦えるかと期待したけど、真紅を含めてみんな手も足も出ない状態なんだよな。

それに加えての翠星石[ CV:桑谷夏子 ]の存在。状況はあまり良いとは言えないな。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン(第8話)

ジュン[ CV:逢坂良太 ](まかなかった方)が何かに取り憑かれたように作っているドール。どうやら雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]が作らせているということで間違いないようだ。「8番目のドール」なんて思わせぶりな煽りもあったんだけど・・。

そしてジュンは真紅[ CV:沢城みゆき ]が今まさに消えてしまうという瀬戸際に立たされていることなんて知るよしもないんだろうな。もちろん、真紅がジュンにそのことを言ってないわけで、それで分かれてって方が無理な話だけど。

それが関係しているのかいないのか、斉藤さん[ CV:高森奈津美 ]の所属する劇団の舞台に付いてきた真紅。しかも小道具として出演ですか。普段の真紅からはちょっと考えられない行動だけど・・・。そのまま動かなくなってしまい、ジュンが必死に呼びかけて―的な光景が、目に浮かんでしまう。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第7話)

確かに「世界を変えろ!」みたいな事を言い出したあたりから、おかしいとは思った。だってあのジュン[ CV:真田アサミ ](まいた方ね)がそんな攻撃的な言葉で他人を煽るか?その種明かしは、あっさりこの7話であったわけだけどね。

あのメールはほぼ確実に雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]ジュン[ CV:逢坂良太 ](まかなかった方ね)に対して送りつけている物だろう。となると、ジュンが作っているあのドールは?

単純に考えるなら、実体を持たない雪華綺晶が収まるための"器"だろうか。だけど、既に今の状態で圧倒的な力を持っている雪華綺晶が、わざわざ人形の身体を欲しがるか?その答えはNoのような気がする。となると、ジュンに新たなドールを作らせる目的は、何なんだろう。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第6話)

待ち合わせ場所に現れた斉藤さん[ CV:高森奈津美 ]の仕草、あの右手を小さく振る感じが反則的に可愛くてノックダウンだわ。ジュン[ CV:逢坂良太 ]が羨ましすぎる。

ジュンが「現状を変えたい」って思った要因の1つが斉藤さんであることは言うまでもなく。真紅[ CV:沢城みゆき ]にしてみれば「まかなかったジュン」は所詮、枝葉の存在なんだろうけど、それをああもはっきり言われるとさすがにショックだよね。

そしてやっぱり切り札になるのは、今届いているあのドールか。ローゼンメイデンの中の誰かなのか、それとも盛んに言葉だけ出てくる「7体目」なのか。真紅に内緒で作り始めたわけだけど、どう考えても良い結果にはならなそう。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローゼンメイデン(第5話)

水銀灯[ CV:田中理恵 ]の破綻した性格はもう知っていたけれど、それ以上にめぐ[ CV:河原木志穂 ]が危険。長い病院生活のせいなのか、既に人として破綻してしまってみてる。

水銀灯にしてみれば、めぐをコントロールして契約したつもりなんだろうけれど、めぐの死に対する圧倒的な思いは、たぶん水銀灯ですら圧倒できるんじゃないだろうか?そんな危うさすら感じためぐでも、雪華綺晶[ CV:千葉知恵巳 ]の前では為す術なしか・・。

少しずつわかってきていたつもりだったけど、やっぱり雪華綺晶の力は今のところ圧倒的だってことが、これでイヤってほど分かった。たぶん今の真紅[ CV:沢城みゆき ]では歯が立たないって事もね。そんな状況なのに、あと6日・・とか言ってるし。

やっぱりあの届いたドールを組み立てる事になるんじゃないかと思うけどね。それが雪華綺晶に対抗するカギになってもおかしくない。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローゼンメイデン(第4話)

真紅[ CV:沢城みゆき ]と一緒にいた時間なんてまだまだ短いはずなのに、ジュン[ CV:逢坂良太 ]の態度が随分と変わってきた。明らかに良い方向にね。

だけどこんな良い状態がいつまでも続くはずもなく、真紅にとっては雪華綺晶[ CV:千葉千恵巳 ]という目の前の敵にどう対処するのかっていう難題が待ち構えている事になる。

未だに雪華綺晶の恐ろしさってのは分かってないけど、ジュンや真紅に絡まっているの白い薔薇のツルを見ると、じわじわと気づかないうちにいたぶられているようで、かなり気味が悪い。これもまた雪華綺晶っていうドールの性格なんだろうけどね。

ところで!もうこっちが本題と言っても良いくらいなんだけど、買い物中にばったり会った斉藤さん[ CV:高森奈津美 ]が可愛すぎてやばい。ここまでジュンとの接点が多くなってしまうと、おそらくあまり良くないことに巻き込まれてしまいそうで心配。

ローゼンメイデン(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金