夜桜四重奏

夜桜四重奏-ハナノウタ-(最終話:第13話)

▼最終話
秋名[ CV:梶裕貴 ]には悪いけど、円神[ CV:関智一 ]との対決が一時休戦になって良かったわ。だってあのまま戦っていても、秋名には勝ち目があったようには見えなかったし。

2008年のアニメ化の時にはあまり意識してなかったんだけど、今回は円神の強烈なこだわりのおかげで比泉の「本家」と「分家」、そして元老院に「陰陽道」の存在を最終話でも強く意識させられた。円神の話を聞く限り、やはり秋名と円神はこうなる宿命だったと思うべきなんだろうな。

原作が継続中、かつ2回目の最初からのアニメ化という特殊な作品だけど、これは続編を作りますよ!という意味なのか?円神との決着は着いてないし、ヒメ[ CV:福圓美里 ]との関係も進展してないし、作品としてはまだまだこれからって感じだけどな。

▼俯瞰したストーリー展開
振り返ってみると、秋名にしてもヒメにしても、それぞれ主役のはずなのにあんまり印象がない。2人とも「桜新町」を構成する重要な要素ではあるけど、逆に言うとその1人でしかないとでも言うか・・。

その分、キャラクターへの感情移入はしづらかった。円神のこだわる分家と本家もどちらが良いとか悪いとかっていう印象もないし、人間と妖怪というこの作品の確たる要素においても、どっちが悪でも善でもないって感じ。だけどそれこそが、たぶんこの作品の世界観なんじゃないかと、今は思う。

そうそう、2008年のアニメ化と圧倒的に違う物があるとすれば、それはパンツの量だね(笑)。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第12話)

りら[ CV:茅野愛衣 ]が人間ってことは、じゅり[ CV:大久保藍子 ]が「死んだ」って言っていたのは嘘なのか?いや、じゅりが意図的に嘘をついていたようにはとても見えなかった。

にしても、じゅりはりらの事になるととにかく歯切れが悪いよなぁ。いつもの明るいサバサバした性格はどこへ行ってしまったのか。ヒメ[ CV:福圓美里 ]がじゅりが悪い!と言い切ってくれたのは痛快だったけどね。

しかしそのりらの後ろには円神[ CV:関智一 ]の影。となると、結局じゅりは、会えたばっかりの妹と戦って、そして再びの別れを経験しなきゃいけないってこと?これはなかなか重たい・・。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第11話)

りら[ CV:茅野愛衣 ]じゅり[ CV:大久保藍子 ]の妹って事実は、オフィシャルサイトに載っているから、最初から分かっていた事実ではある。だけど・・。

かつて、一応は本当の姉妹だったわけでしょ?りらのじゅりに対する歪んだ愛情は確かに半ば恐ろしさすら感じるけれど、それにしてもじゅりのりらに対する拒絶の態度にはちょっと困惑した。だって既にじゅりの中では「死んだ」ことになっているわけで。

それでもヒメ[ CV:福圓美里 ]の「もう1度会いたいか?」という問いかけには「No」なわけでしょ?それは本心からの、そして恐怖からの感情なのか、それとも憎しみとか嫌悪?じゅりの複雑そうな表情から、その真意はなかなか読み取れなかったな。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第10話)

じゅり[ CV:大久保藍子 ]は決してメインヒロインではないし、桜新町においてもサブキャラクターの位置づけは不動だと思う。だけどそのじゅりの過去のエピソードが、今回はなかなか見応えがあった。

ヒメ[ CV:福圓美里 ]は寝込んでいるはずなのに、この桜新町っていう場所にいる人がどんな思いで暮らしているのか。それをヒメという町長がどれだけ支えているのか。それが垣間見える良エピソードだ。

そしてもしかしたら最初で最後かもしれない、アオ[ CV:藤田咲 ]のマジ切れ!いや、ホントにマジ切れしてた?一応はみんな驚いた反応ではあったけど、どうしても可愛く見えちゃうんだよねぇ・・。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第9話)

これは凄いぞ!何が凄いかと言えば、もちろんじゅり[ CV:大久保藍子 ]のパンツ・・・ももちろん凄かったけど(笑)、そっちじゃなくて伊予[ CV:清川元夢 ]の圧倒的な強さ!

あの円神[ CV:関智一 ]が一時とは言え、完全にマジになってたからな。"元老院"なんて肩書きはお飾りの象徴だと思っていたけれど、この爺さんの実力はハンパじゃない。だけど結果として、これが円神の中の引き金を引いてしまったような感じだけどね。

その円神に"あの世"を見せられた秋名[ CV:梶裕貴 ]。あのまま帰ってこないんじゃないかと思うくらい、強烈なダメージだった。映像と音響効果も相まって、思わずゾクッとするような怖さを感じる場面だったな。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第8話)

秋名[ CV:梶裕貴 ]ヒメ[ CV:福圓美里 ]が妖怪だって分かっても、みんなヒメの事を避けたりはしないって言うけど、俺はちょっと違うと思う。既に桜新町では「妖怪か人間か」なんて概念は、たぶん関係ないんだよね。

ヒメは自分が妖怪だってことを隠していたことでちょっと自己嫌悪に入ってる気もするけど、ヒメの性格からして俺はあんまり心配してない。それよりもアオ[ CV:藤田咲 ]の方だよ。ギンの事があって、どれだけ落ち込んでるか心配だった。

そしてどうやらアオも自分の力でちゃんと立ち直ってくれたみたい。それも空元気とか、見てて痛々しくなるような状況じゃなくて、ちゃんと現実を受けて止めてる。これならもう大丈夫だ。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第7話)

最初にギンの姿を見たときは、まず「どうして!?」という疑問と半分の怒り。そして円神[ CV:関智一 ]の口から真実を告げられたときの絶望感。この二段構えのショックはダメージでかいわ。アオ[ CV:藤田咲 ]が受けた精神的なショックも相当なものだろうな。

ヒメ[ CV:福圓美里 ]秋名[ CV:梶裕貴 ]が刺された!(というより殺された?)と思い込んで完全にブチ切れ状態だったけど、もしそのまま円神を殺してしまったら?当然ながらギンも・・。

今回はひとまず乗り切ったけれど、この円神が吐き捨てていったおそらく事実と思われる七郷をめぐる事の顛末。特に秋名たちは聞かされていた事とあまりにも違う事に、どう感じているだろうか?これで秋名がチューニングという行為に戸惑いを感じることも事実だろうし・・。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第6話)

せっかくヒメ[ CV:福圓美里 ]秋名[ CV:梶裕貴 ]が必死になって守ったのに、どうしてそこで家を爆破する?あの瞬間は思わず固まってしまった。だって意味が分からなかったから。

なるほどあの建物が「地脈」を封じる1つの要素になっていたってことなのか。龍に好かれるって言葉の意味もここでその意味が繋がった。こうなるとヒメの反撃が一気に優勢に。そして恭助[ CV:小野大輔 ]の復活も心強い。

だけどことは[ CV:沢城みゆき ]の列車砲にはそれ以上にビックリしたわ。線路と併走してなにをするつもりなのか全然分からなかったけど、まさかあそこまでの物を物質化できるとは・・。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第4話)

消された記憶か。ヒメ[ CV:福圓美里 ]は自分が妖怪だって事実をいつまでもずっと、秋名[ CV:梶裕貴 ]たちには黙っているつもりだったんだろうか。決して誰もそんな事を喜ばないとは思うけど・・。

今は桜新町のことで頭がいっぱいのヒメだけど、少し冷静になるとまた自己嫌悪モードになるだろうな。「記憶を消してまで支えてくれている人を騙していた自分を、果たして以前と同じように町長として受け入れてくれるのか」っていう葛藤と戦う事になる。

ま、当然ながらそんなことは誰も気にしない・・と思いたいけど、どうだろう。ことは[ CV:沢城みゆき ]なんかは自分の過去の事を考えると、ちょっと複雑な心境になるのかもしれないな。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜四重奏-ハナノウタ-(第3話)

"町長"という役目に対して、おそらく自信が持てないヒメ[ CV:福圓美里 ]。「7号開花」という秋名[ CV:梶裕貴 ]が初めて語ったその事実。秋名にそのつもりがなかったとしても、ヒメには違った意味に取られるだろうな。

少々きなくさい雰囲気になってきた桜新町だけど、3話にして早くも今回は水着回だったんだよな。1話からパンツ大サービスだったし、水着なんて今更感が・・・と思ったけど、やっぱりそれはそれ、これはこれってことで。みんなの着てる水着にもやっぱり個性が出るよね。

アオ[ CV:藤田咲 ]のスク水(白)なんてまさにその典型なんだけど、ヒメには競泳水着も良いけど「学校の水着」にも是非チャレンジして欲しかったのに。だけど水着としての露出度は、絶対に競泳水着の方が大きいんだけどなぁ。それでもやっぱりイヤか。

夜桜四重奏-ハナノウタ-(@TOKYO MX) / アニメーション制作:タツノコプロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation