K

K(最終話:第13話)

▼最終話
AパートとBパートの間のCMで「続編決定!」と早々に告知されたもんだから、もしかしてこの最終話が尻切れで終わるのか?なんて心配もしたけれど、杞憂だったな。

[ CV:浪川大輔 ]が"無色の王"を倒すために、自分自身を犠牲にするんじゃないかっていう雰囲気は、何となく感じていた。妙に落ち着いて全てを悟ったような社の態度がそれだ。狗朗[ CV:小野大輔 ]とも示し合わせた上で、社の身体に移動させたことには、言われるまで気づかなかったけど。

しかし、これで本当に狗朗とネコ[ CV:小松未可子 ]以外は、社のことを忘れたまま全てが無かったことになってしまうんだろうか?菊理[ CV:佐藤聡美 ]ですら、社の記憶は全く無い。当たり前なんだけど、その当たり前が悲しく切ない。

続編は社や狗朗が出てこない話になりそうな気もするけど、どんな形になるにせよ、最後はハッピーエンドって言えるような展開になって欲しいね。

▼思い込みの愚
無色の王=社。これは誰もがミスリードされたんじゃないだろうか?確かに、ヴァイスマン[ CV:柿原徹也 ]の姿をした無色の王に、飛行船から突き落とされる社の場面は、今思えば違和感だらけ。

このミスリードこそが、この作品のストーリーの最大の見せ場。社がどうして多々良[ CV:梶裕貴 ]を殺したのか?っていう最大の疑問の答えが、そこにあるんだからね。このミスリードのおかげで、みんなが感じていたであろう疑心暗鬼と、社が感じていた不安を、同じように感じられた。

「謎が謎を呼ぶ」、言い得て妙だった。

▼硬派なキャラクター
ネコとか菊理とか、女の子のキャラクターもいるんだけど、「王の力」をめぐって自らの信念を貫こうとする[ CV:津田健次郎 ]宗像[ CV:杉田智和 ]のイメージは、やっぱり"硬派"だな。

それも単にひねくれて、社会にたてつくことが格好いいと勘違いしている痛い人じゃない。特に尊はなんかは無愛想なところが印象を悪くしてそうだけど、宗像との最後の戦いには、言葉を失ったね・・。

▼暗い映像?
ネガティブな意味では無くて、この作品のイメージというか、王が背負っている物の重さを表現する道具として、おそらくこの映像効果は狙い通りなんじゃないのか?まぁ俺の勝手な思い込みかもしれないけど、あくまで印象は「暗い映像が多かった」ってこと。

社やネコの無垢な笑顔と態度が、それと対照的で際立って目立ったってのもあるよね。あとバトルシーンのカメラアングルは、1話からずっと圧巻だった。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第12話)

[ CV:浪川大輔 ]が飛行船から突き落とされるあのシーンは、"無色の王"と"ヴァイスマン[ CV:柿原徹也 ]"の心と体が入れ替わっていたということで、ようやく納得できた。

今までずっと"無色の王"の物語も見ていたと思い込んでいたけれど、それは第一王権者・白銀の王を主人公とした物語だったわけか。となると、もう社が狙われる理由はないはずで、じゃあ本当の敵である無色の王を倒さなければ・・ということになるんだけど。

その無色の王は今、菊理[ CV:佐藤聡美 ]の中にいるんだよね。で、王を狙うと言うことは社か[ CV:津田健次郎 ]を狙ってくる可能性が高いだろうな。問題は、菊理の身体を傷つけずにどうやって無色の王を倒すかってこと。

身体を乗り移ろうとして、目から出てきた瞬間がチャンスなんだろうか。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第11話)

遂に[ CV:浪川大輔 ]の"無色の王"の力が発動した。あの瞬間、誰だってそう思うだろ。狗朗[ CV:小野大輔 ]はもちろん、あの場にいた全員が同じ考えだったはずだ。そして発動するであろうその"力"に身構えたはず。

ところがだ!社が名乗った名前は、まさかの「ヴァイスマン」ときた。それって・・・どういうこと?あのキツネ煙[ CV:柿原徹也 ]菊理[ CV:佐藤聡美 ]や社の身体を操っていたって事は見ての通りだったけど、それとヴァイスマンは関係あるのか?

さすがにこの状況は、ヴァイスマンを名乗る社にちゃんと全部説明してもらわないと、何が何だかって感じだ。ネコ[ CV:小松未可子 ]はもしかして、全部分かってたのか?いやいや、流石にネコにそれを期待してもダメか・・。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第10話)

宗像[ CV:杉田智和 ]の横を通り抜けた「ニャーン」の鳴き声と3つの影。その3つの影の中身は言うまでも無し。俺はてっきり、学園島から3人が逃げたのかとばかり思ってた。いやいや、そういえば9話で、墜落したヘリから逃げて戻ってきたってことか。

しかし、[ CV:浪川大輔 ]にしてみれば、わざわざ危険な状態の学園島に戻ってくる理由はなかったと思うんだけどな。例えそれがネコ[ CV:小松未可子 ]の力だったとしても、やっぱり"友だち"を見捨てることは出来ないか。

それにしても、[ CV:津田健次郎 ]多々良[ CV:梶裕貴 ]に対する思いの深さは、本物ってことが改めて思い知らされた。宗像自ら出向いても、決して折れることもなく。

この様子だと、社にどんな事情があったところで、出会った瞬間に殺されかねないぞ。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第9話)

1945年のドレスデン(ドイツです)で行われているあの実験。そこに現れたヴァイスマン[ CV:柿原徹也 ]。今、[ CV:浪川大輔 ]の周りで起こっている事と関連づけるなら、納得できる理由を見つけた気がする。

社の記憶にはない多々良[ CV:梶裕貴 ]を殺したという事実。これは紛れもなく、その実験の"成果"を応用した結果だろうな。つまり、主となる者がいて、その者が他人の意志に反して自由にコントロール出来るってことだ。

そのヴァイスマンが死んだ(ホントか?)ことで、王権者が一気に動き出した。中でも、これまで沈黙を守っていた[ CV:津田健次郎 ]。彼は何を目的にこれまでひたすら大人しくしていて、そしてこのタイミングで動き出したのか。

なんせ淡島[ CV:沢城みゆき ]の攻撃がまったく通用しないあの力。これはパワーバランスが大きく崩れるぞ。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第8話)

第一王権者、ヴァイスマン[ CV:柿原徹也 ][ CV:浪川大輔 ]多々良[ CV:梶裕貴 ]を撃ったあの事件にも、この男が関係しているとみて間違いなさそうだ。

となると、これは単なる王同士の権力争いなのか?それに社が巻き込まれただけ?とは言え、宗像[ CV:杉田智和 ]が権力を目的にヴァイスマンを拘束しようとしているとは思えないし、第二王権者の國常路[ CV:飯塚昭三 ]に至っては、その影も見えてこない。

それでも、社の疑いが晴れたわけじゃないんだよね。しかも社たちは、わざわざその第一王権者の元に行って、自ら真実を確かめようとしてるし。ホントにこの3人で大丈夫なのか?という心配以前に、飛行船をヴァイスマン自ら爆破!宗像はまるで想定内とでも言わんばかりに落ち着いてるけど、俺にはもう何が何だか。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第7話)

これでまた一つ、[ CV:浪川大輔 ]のよりどころがなくなった訳か。なるほど、その曖昧な記憶とどこにでも溶け込めてしまう存在感の理由は、ネコ[ CV:小松未可子 ]にあった訳ね。

だけど、これで全てが繋がった!という所までは行かなかった。何よりも、社(というか、これ自体が既に本名でも何でも無いって事が分かったけどね。)自身が、本当に王たらしめる存在なのか?そもそもどうして体育館の屋根をぶち破って落ちてきたのか?

肝心なのはその部分だし、どうして多々良[ CV:梶裕貴 ]を殺す必要があったのか?ってことにも、何の答えも出てきていない。ここからはネコの力とは無関係に、社が自分で思い出さないといけない出来事のようだ。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第6話)

なるほどね。[ CV:浪川大輔 ]の"存在"の危うさの理由が、少しだけ見えてきた気がする。決定的なのは、もちろん電話で菊理[ CV:佐藤聡美 ]と話したときだけど、それ以前に「常連なのに写真がない」というあの場面で、ピンときた。

そしてどうやら、ネコ[ CV:小松未可子 ]は社のその特性を知ってたみたいなんだよね。だから狗朗[ CV:小野大輔 ]が菊理に電話をするのを、必死で止めさせようとした。(まぁそこまでは良いんだけど、そのあとどこへ行った?)

もう1つ。今回のストーリーで印象に残った多々良[ CV:梶裕貴 ]の存在。これまで「社が殺した吠舞羅のメンバー」という印象しかなかったんだけど、多々良という人間の印象に上書きされた。

美咲[ CV:福山潤 ]たちの怒りも、また同時により強烈な物へと変わったような錯覚が。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第5話)

[ CV:浪川大輔 ]の存在が明らかになるのは時間の問題かと思ったのに、まさかの該当無し。美咲[ CV:福山潤 ]の問いに何故か社を知らないと答える菊理[ CV:佐藤聡美 ]。これって、どういうこと?

まぁどういうことも何も、つまり社がこの学校の生徒じゃなくて、やはり「無色の王」としての社が本当の社なんだろうってことになるよな。「端末を無くした」と言っているのも、最初から持っていなかったという理解もできる。あとは"今の社"の人格さえ、説明が付いてしまえば、全てが繋がる。

その社を追う美咲と猿比古[ CV:宮野真守 ]、因縁の対決!と言っても、過去のエピソードはまだ見せてくれてないので、あくまでも2人の会話だけがヒントだけどね。まぁ猿比古の人格が破綻気味なのは間違いない。

そして世理[ CV:沢城みゆき ]の実力の一端も見せてもらったぞ。彼女が本気で戦う所も是非見てみたい。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K(第4話)

どうも[ CV:浪川大輔 ]狗朗[ CV:小野大輔 ]に嘘を付いている・・って訳では無いように感じる。それでもどんなに12月7日のイベントを追っかけても、社の影は見えてこない。そればかりか、ロッカーには血まみれのシャツ・・。

じゃあ菊理[ CV:佐藤聡美 ]の携帯の写真は?まぁそれも、もし社が「無色の王」だったとするならば、物理的な距離の制約なんて、おそらく何の意味も無くなるんじゃないの?

だけど、最初に菊理が告白されたあの場面では、たしかにネコ[ CV:小松未可子 ]がいたのは確認できた。ネコはずっと社と一緒にいたと言っているので、それを信用するなら・・。といういろいろな状況を組み合わせても、まだ真実のヒントは見えてこない。

でもたぶん、あの事件の犯人は社なんじゃないか。それはずっと頭をよぎっている。

K(@TBS) / アニメーション制作:GoHands

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金