RAINBOW

RAINBOW 二舎六房の七人(最終話:第26話)

▼最終話
最後はやっぱりこの人。マリオ[ CV:小栗旬 ]のボクシングにかける思い。それはアンチャン[ CV:小山力也 ]との友情の証。残念ながら与えられた時間が1話分しかなかったので、あっさりと手術を決断したマリオが、これまたあっさりとデビュー戦で勝利。ちょっとあっけない展開ではあったけど、マリオとアンチャンの笑顔。そして残りの5人の眼前に広がる未来。この作品として描きたかったことを描ききり、そしてフィナーレを迎えた。

▼二舎六房とアンチャン
作品の前半を占める二舎六房でのマリオとアンチャンの物語。そこには石原[ CV:石田康嗣 ]佐々木[ CV:土師孝也 ]という絶対的な悪が存在していた。加えて法という秩序が行き届いていない戦後の混乱期。そんな絶望的な状況にも関わらず、希望を失わずに生きていく。作品として描こうとするテーマはものすごく大きな物に見えたし、実際にそうだった。普通ならそこで一発逆転だろ?思わぬ助けが入るんだろ?そんな予定調和をことごとく裏切る展開。作品としての完成度の高さを感じた内容だった。

▼二舎六房を出て
作品の後半。二舎六房を出た後の物語。俺はこの後半の内容がこの作品の評価を大きく分けるんじゃないかと思う。ストーリーとしては確かに面白かった。一方で、前半に見られたような作品の世界観に大きく共感したり恐怖を感じたり、そして怒りを感じたりすることは無くなっていた。"友情"というテーマを描こうと力みすぎた結果、単なる綺麗事、予定調和のストーリーに成り下がってしまった。原作に沿ったストーリー展開なんだろうけれど、ここは思い切って13話、1クールで二舎六房を出るまでの物語にした方が良かったのでは?俺の中では後半1クールは残念ながら蛇足に感じられた。

▼DR MOVIEパワー
日テレの深夜アニメでお馴染み、マッドハウス制作のDR MOIVE(@韓国)制作協力(グロス請け)のコンビによる絵作り。もう何度もこのブログでも書いているけれど、DR MOVIEの制作能力は日本の大手アニメスタジオ並。演出や作画監督も含めてDR MOVIEによる制作が可能で、作画レベル、動画レベルのいずれもトップクラスの品質。もちろんマッドハウスがコントロールしているという理由もあるのかもしれないけれど、今作においてもその実力を遺憾なく発揮。日本のアニメスタジオもこれに負けずに頑張って欲しい。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RAINBOW 二舎六房の七人(第25話)

杉老人[ CV:滝口順平 ]の家出、お茶汲みとして働くリリィ[ CV:山像かおり ]の姿を見た瞬間の、スッポン[ CV:朴ロ美 ]の激しい怒り。あの怒りは、本気で心の底からリリィを家族だと思っていなければ、決して出てこない感情だっただろう。

あのスッポンの怒りを見たら、リリィも自分が選択しようとしていた道が誤りだったということを、改めて実感したに違いない。マリオ[ CV:小栗旬 ]にとっても、スッポンという存在に頼もしさを感じたはず。もちろん、それは今までだって分かっていたことではある。時間が経過し、時代が大きく変わっている戦後。それでも変わらないスッポンの仲間を思う気持ち。改めてスッポンの凄さを実感した。

そんなスッポンの病気。アメリカ軍での検査結果では「異常なし」とのことだったけれど・・・。明らかにおかしいよな?だってあれだけ苦しんでいたはずなのに、全く何の異常もないという診断結果には疑問を持たざるを得ないぞ。ただの風邪であそこまでの症状が出るとは思えない。当時の医療水準が分からないので断定は出来ないけれど、アメリカは何かを隠しているという気がしてならない。

※21話からのエントリーの話数が間違っていたので全て修正しました。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RAINBOW 二舎六房の七人(第24話)

リリィ[ CV:山像かおり ]のため、30万という金を必死で作り出そうとするスッポン[ CV:朴ロ美 ]。そして進行する病。既に何かのフラグを立ててしまっているようにしか見えない。スッポンのそれは、決して男女の恋愛とは違う。仲間に対する情。この一言に尽きる。

そんなスッポンの気概を知ってか知らずか、リリィはスッポンのために再びアメリカ軍基地へ。将校[ CV:ジョージ・カックル ]に捨てられたという惨めさと恥ずかしさ。普通に考えれば、もう二度と基地には近づきたくなかったはず。そして将校のことを知る人間には絶対に会いたくないはず。そんな様子はみじんも感じさせず、気丈にふるまうリリィ。この人も実にたくましい人だ。

そこへ登場した男気のあるアメリカ兵、ジェフリー[ CV:ブライアン・バートンルイス ]。こいつの登場は流石にちょっと出来すぎではあるけど、マリオ[ CV:小栗旬 ]たちの「仲間」という言葉、気持ちを少なからず理解しようとする男気。これがスッポンの症状の改善に少しでも繋がれば良いけれど・・・。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RAINBOW 二舎六房の七人(第23話)

スッポン[ CV:朴ロ美 ]ですら思わずたじろいでしまう眼光鋭いじいさん、杉老人[ CV:滝口順平 ]。二舎六房の仲間の中では、おそらく最もたくましく生きて行けそうな、そして酸いも甘いもかみ分けていそうなスッポンが、思わず住所を教えてしまったこの老人。

期せずして金貸しの商売を手伝うことなったんだけれど、それよりもスッポンの体に起こっている異変の方が心配。スッポンの性格からすると、自分の病気を誰かに相談する何てことは絶対に出来ない。もしマリオ[ CV:小栗旬 ]キャベツ[ CV:脇和弘 ]に相談したら、本気で自分のことを心配してくれる。そしてそれ故に迷惑をかけてしまう。スッポンはそういう男だと思う。

広島で被爆、黒い雨を浴びているスッポンの症状はいわゆる"原爆病"だろうか。画面の演出からすると、心臓にきてるのか?果たしてあとスッポンがどれだけ健康で商売を続けられるのか分からない。そんな自分の体の心配をよそに、将校[ CV:ジョージ・カックル ]に騙されたリリィ[ CV:山像かおり ]の生活を引き受けようとする。

誰かがスッポンの心の痛みと苦しみ、そして病気に気づいてあげないと。このままでは心も体もボロボロになってしまう。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RAINBOW 二舎六房の七人(第22話)

エリ[ CV:川上麻衣子 ]は来ないはず。来るはずがない。そう思っていたはずなのに、バレモト[ CV:藤原啓治 ]が銀杏の木の下にたどり着いたとき、気がつくとバレモトのエリを待つ気持ちとシンクロしていたような気がする。いや、正確にはバレモトとは違って確信は全く無かった。だから、エリが診療所から抜け出した時、これはもう間違えないのでは・・?という確信が生まれ始めていた。

まさかエリが向かった先がバレモトではない、別の男の元だったとは。しかも、その男と心中・・。自暴自棄になり、生きる事の希望を失ってもおかしくない状況。バレモトが銀杏の木を見上げたとき、芽吹いていた新芽が「生きろ!」と言っているように見えた。後からバレモトがその心境を説明していたけれど、その説明を待つことなく、俺も同じメッセージを受け取ったぞ!

思い返せば、エリも随分と酷い嘘をついていた訳だし、バレモトの気持ちを知りながらもて遊んでいたことは間違えない。それなのに、あの銀杏がエリからのポジティブなメッセージかのように感じてしまった。う~ん、なんとも微妙な心境。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAINBOW 二舎六房の七人(第21話)

端から見ていると、いくらでも疑いの気持ちが芽生えてくる。バレモト[ CV:藤原啓治 ]にとって女郎屋の部屋で体を重ねるだけの関係のはずのエリ[ CV:川上麻衣子 ]。なぜそんなに入れ込めるのか?金もない権力もない。そんな自分に、本当にエリが着いてきてくれると思っているんだろうか。

それでもバレモトにとってはそんな事は関係ないんだろうな。人を好きになるってのは、結局そういうことなんだよね。バレモトにとっては、今までの人生で初めての経験なのかもしれない。こうなると周りが見えなくなるだけじゃなくて、周りが何を言ってもたぶんダメ。スッポン[ CV:朴ロ美 ]もそれを悟ったんだと思う。ヘイタイ[ CV:黒田崇矢 ]みたいに殴ってでも止めようとしてくれる友達がいるだけ、バレモトは恵まれてる。

となると、あとはエリの本心が知りたい。普通に考えれば、おそらくバレモトは騙されている。金を巻き上げられないだけマシかもしれない。しかし待ち合わせの時間に待ち合わせの場所に行けば、そこにはエリが待っている可能性は低い気がしてならない。下手をしなくても半殺しに合う可能性だってある。家族を裏切って、友達を裏切って商売女に熱を上げてるバレモトのだらしなさを見ていると、それも良い薬と思う気持ちと、ここまで覚悟を決めたバレモトの恋が報われて欲しいと思う気持ち。なんとも複雑な心境だ。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAINBOW 二舎六房の七人(第20話)

これまであまり脚光を浴びていなかったキャベツ[ CV:脇和弘 ]のストーリー。明らかに人が良すぎるキャベツ、いつの世も正直者は馬鹿を見るというのが常。ましてや時代が時代、このままキャベツにも転落の人生が待っているのかと思った。昭和の激動の時代、人情という言葉がまだ生きていた時代。こういうヤクザがいても良いよね。

嘘がつけないキャベツの性格が故に、スッポン[ CV:朴ロ美 ]みたいに、姑息にしぶとく生きていくという選択肢は想像の範疇を大きく超えてるんだろうな。田中[ CV:古谷徹 ]有藤[ CV:てらそままさき ]が、常識のあるヤクザで良かったよ、ホントに。

ところで、メグ[ CV:豊口めぐみ ]はやっぱり水商売を続けるらしい。ジョー[ CV:羽染達也 ]も認めている様子をみると、ひとまず体を売るような仕事はしてないってことで良いよな。良かった良かった。なんせあの可愛さだ、バレモト[ CV:藤原啓治 ]がデレデレなのも無理はない。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAINBOW 二舎六房の七人(第19話)

ステージに間に合わなかったジョー[ CV:羽染達也 ]の浴びせられる山内[ CV:小山茉美 ]の罵詈雑言。残酷な言葉、確かにそのとおりではあるけれど、自らあの場所に残る判断をジョーが下したのも事実。決して山内の肩を持つようなことはしたくないけれど、悲しいかなこの状況では山内の言葉の方が説得力がある。

それでも、例えそんな状況でも。メグ[ CV:豊口めぐみ ]に歌声を届けられたことが、結果としてジョーには最高のステージだった。もしあの満員の観客を前にジョーが歌っていたとしたら、果たしてメグはジョーに声をかけただろうか?確かにジョーは歌手として成功への一歩を踏み出していたかもしれないけれど、今のジョーの心にある充足感は無かったと思う。

今や里親とも疎遠になっていると思われるメグは、これでジョーと共に生活することになるだろうか?それであれば、おそらく今の水商売は辞めるんじゃないだろうか。いや、そうであって欲しいと願っていることに気づく。普段着の質素な雰囲気を見てれば、今のメグが等身大のメグなんだと改めて実感する。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAINBOW 二舎六房の七人(第18話)

ちょっと小柄な背丈。セミロングで綺麗な金髪のストレートヘア。その後ろ姿を見て、もうピンと来た。振り返ったメグ[ CV:豊口めぐみ ]のその美しさに、思わず見とれてしまう。あの幼いながらに利用されてでも生きようとした幼い少女が、ここまで"女"に成長していたとは。それでもしかし、里親の元で生きる事を選んだはずのメグが、水商売にという疑問も。

キレイ事が通用しない世界の物語ということは理解していたはず。それでもメグがオヤジの誘いを頑なに拒否していた様子を見て、思わずホッとする。メグが今までどんな生活をしてきて、そして今どうやって生きているのかを想像するのはたやすい。それでも、どこかでメグは自分の身体を売ってでも生きていくという選択をしていないんじゃないか?という勝手な希望を抱いている自分がいる。

ましてや、このタイミングでジョー[ CV:羽染達也 ]との再会の舞台が用意されてしまうとは。向かうところ敵無しか?と思われたマネージャーの山内[ CV:小山茉美 ]も、力ずくで来られては万事休すか。何とかジョーとメグの再会を見届けたいけど、すれ違いも覚悟しないとダメか。

ちなみに、ジョーの歌は羽染達也本人が歌ってるって事で良いんだよな?相変わらず屍姫から演技の進歩はゼロだけど、歌はなかなか上手いな。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAINBOW 二舎六房の七人(第17話)

マリオ[ CV:小栗旬 ]が遂に思い切った行動に出たか・・。アンチャン[ CV:小山力也 ]の存在が大きすぎて、節子[ CV:貫地谷しほり ]には手が出せないかと思っていたけど、やっぱりマリオも男だ。好きになってしまえば、そんなことを考えている余裕は無い。

節子は自分のような女を好きになってはダメだとマリオに言っていたけど、確かに俺もそれは正しいと思うな。だってお見合いとはいえ結婚相手が決まっていて、それなのに頭の中ではアンチャンの事を忘れることが出来なくて、そんな心境なのにマリオに好きと言われ、身体を許してしまうなんて。じゃあ、節子の行動が正しくないのか?そう言われると、否定は出来ない。やっぱ人を好きになるってそういう事なんだよな。理屈じゃない。

そんな青春まっただ中のマリオとは対称的に、またもや悲劇的な道をたどろうとしているような気がするのはジョー[ CV:羽染達也 ]。少年院ではオッサンに犯され、今度は年増のオバサンにオモチャにされ・・・。慰み物にされるこの運命、もはやジョーには避けてとおる事の出来ない道なんだろうか。

RAINBOW 二舎六房の七人(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation