ROBOTICS;NOTES

ROBOTICS;NOTES(最終話:第22話)

▼最終話
海翔[ CV:木村良平 ]たちが、君島[ CV:森川智之 ]に負けるわけがない。最後はみさ希[ CV:井上喜久子 ]を助けられるはず。

そうは思っていても、やっぱりこのクライマックスの戦いとロケット発射をめぐる攻防には緊迫感があった。特に海翔なんて、あんなに人工的に"スローモー"を使いまくって、ホントに大丈夫なのか?と見てて痛々しいくらいだったしね。だけどそれと同じくらいに、[ CV:山本彩乃 ]が大活躍だったけど(笑)。

心残りなのは、海翔とあき穂[ CV:南條愛乃 ]の関係かなぁ。ゲームの方はマルチヒロインのエンディングなだけに必要以上に深く掘り下げるのは止めたんだろうか。だけど二人は「彼氏彼女」の関係になったはずなんだから、もう少しイチャイチャさせてあげても良いのに。

▼シナリオのクオリティ
この先どうなるんだというワクワク感。一言で言えば足りない。どうしてもSTEINS;GATEと比べてしまう。STEINS;GATEの方は、ストーリーが気になって「寝なきゃいけないのに、ゲームを続けてしまう」だけの魅力があった。

それに対してROBOTICS;NOTESの方は、シナリオの展開も読みやすい。所々に謎はちりばめられているんだけど、STEINS;GATEの時に感じたそれとは、やっぱり異質だったかな。ゲームも途中でプレイを止めてしまったけど、アニメの方も残念ながらお勧めというレベルにまで達していない。

▼旧世代の主人公
確かに一昔前のADVゲームの主人公ってこんな感じのキャラばっかりだったよね。何ごとにもやる気が無くて、世の中を冷めた目で見てて、その割には周りに可愛い女の子ばっかりいて・・。

それを悪いとは言わないけど、海翔のダルそうにゆっくり喋るあの口調だけは、どうしても最後まで受け付けなかったわ。聞いてるだけで凄く疲れてくる。ヒロインも「この子視点で!」という入れ込みのレベルまで達しなかったし、キャラクターの魅力という点でも、STEINS;GATEには届いてない。

▼ロボの魅力とは
ロボットがテーマの作品ながら、ロボットアニメにありがちな格好いいロボットは基本的に出てこない。ROBO-ONEのロボは小さいし、"ガンつく"は不格好でスピード感もないし・・。

おそらくアレを格好いいと思えるのは、ストーリーとのリンクがあってこそなんだよね。その点はやっぱりストーリーのクオリティの問題だわな。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第21話)

物語のスタートに挿入されていた海翔[ CV:木村良平 ]の操縦シーンとストーリーが、こうして繋がった。これからやろうとしていることの危険さを考えれば、"ガンつく1"は遠隔操作に改造されていると勝手に思ってたんだけど・・。

やっぱり誰かが中に乗らないとダメということになると、海翔の決めた覚悟の大きさの意味が、俄然違ってくる。これまではありがちな「やる気の無い主人公」だったはずの海翔が、突然に熱血漢に目覚めたような唐突さはあったにしてもね。

しかもこの場で、あき穂[ CV:南條愛乃 ]がフラグを立てようとしているのをあっさり遮っての告白!これもこれで急に男らしく、というよりも自分から何かのフラグを立てに行ってるじゃないの。なんかすっかり海翔がたくましくなっちゃったな~。

良いことなんだけど、何か寂しい(笑)。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第20話)

みさ希[ CV:井上喜久子 ]がどうしてあき穂[ CV:南條愛乃 ]海翔[ CV:木村良平 ]を突き放すような態度を取ったのか。そして君島[ CV:森川智之 ]に荷担する理由は何なのか。

これまでのストーリーから、俺は勝手にみさ希が君島を盲信しているがためと思い込んでいた。だけどそうじゃなかった。少しホッとした。みさ希がロボットにかけた情熱は、おそらく完全に消えてしまったわけではなさそうだから。

そして同時に、そこまでみさ希が追い込まれてしまったのかと思うと、やっぱり悲しい。そんなみさ希に希望をもってもらうためにも、そしてロボットへの情熱を完全復活させてもらうためにも、"ガンつく1"を再び動かして欲しい。

ゲームの、そしてアニメの冒頭に描かれていたロボットの操縦シーンと、もうすぐ繋がるはずだ。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第19話)

あんまり考えたくはなかったけど、薄々感じてはいた。みさ希[ CV:井上喜久子 ]から感じる血の気のなさと孤独感は、決して嘘じゃなかったってこと。今やみさ希は、君島コウ[ CV:森川智之 ]というテロリストの片棒を担ぐ存在に他ならない。

君島コウの目的は、地球上の人類を消滅させることにあるのか?それとも混乱がもたらすカオスを望むだけのマッドサイエンティスト?自身をネット上という安全な場所に待避さえ、それでも尚なにがやりたいのか。それがまだ見えてこないよね。

しかし振り返ってみれば、アネモネ号事件の時からずっと、海翔[ CV:木村良平 ]あき穂[ CV:南條愛乃 ]は利用され続けてたって事か・・・。なんか悔しいよね!みさ希はいったいいつから、君島コウの危険な思想に傾倒していたのか。

できることなら、シュタゲのように過去に戻って世界線を変えたい気分だ。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第18話)

みさ希[ CV:井上喜久子 ]あき穂[ CV:南條愛乃 ]を突き放してきた理由と、澤田[ CV:三木眞一郎 ]がみさ希に銃口を向けた理由は、おそらく関係があると思う。

みさ希がやろうとしてることは、たぶんエグゾスケルトン社にとっては隠しておきたい"何か"なんだと思う。そしてそれが知れれば、おそらくあき穂たちにも危害が及ぶと判断した。そうだとするならば、これまでのみさ希の行動と、この万博での行動のつじつまがあう。

というより、俺がみさ希を悪人にしたくないが故に、一生懸命に考え出した理由ってとこかな。だってそうじゃないと、あき穂があまりに可愛そうだよね。ようやく万博出展にまでこぎ着けた(端折りすぎだけど)にも関わらず、既にガンヴァレルは憎しみの対象。さらにみさ希とも会えず・・。

ところで、あき穂は絶対に髪の毛を下ろしてる方が可愛い。間違いない。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第17話)

それでも、瀕死の重傷が最悪のパターンだと思っていた。瑞榎[ CV:本田貴子 ]がHUGの暴走の犠牲になってしまうなんて、俺の選択肢ではあり得なかった。

そのショックがあまりに大きすぎて、ロボ部の廃部理由が全然分からなかったわ。もしかして、海翔[ CV:木村良平 ]が瑞榎を止められなかったから、その責任を取れっていう横暴なのか?と、このあたりで思い出した。そうだ、[ CV:細谷佳正 ]が・・。

結果的に、昴は重傷というレベルで済んだ。と言うべきだろうな。それでもこのダブルパンチは流石に鬱展開すぎるだろ。最後はあき穂[ CV:南條愛乃 ]が立ち直ってくれたから何とか救われたけど、序盤の落ち込み方は、ちょっとハンパじゃなかったな。

そして遂に本丸、澤田[ CV:三木眞一郎 ]が直々にお出ましと来たか・・。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第16話)

あの強い風は、絶対に何かの伏線に違いないと思っていたんだよね。そこへきて、ようやく動き出した"ガンつく2"の歩行試験。このままじゃ風に煽られて危ないのは明白だったんだけどなぁ。それでも、もしロボットが壊れてしまっても、そこは最悪作り直せば良いだけ。まだ実験段階なんだしね。

ところがだ。あの状況じゃあ、[ CV:細谷佳正 ]がどうなったかは分からない。スケルトン構造が幸いして、その空間に上手く逃れてくれれば良いけど、もしそうじゃなければ確実に死んでるぞ・・・。おそらく大丈夫だと思いたい。

こちらは自然現象故、防げない事故ではあったけど、もう一方の瑞榎[ CV:本田貴子 ]の方は、さすがにヤバいか?岩の上に落ちて助かった・・的な構図だったけど、普通なら海に落ちた方がまだ安心だけどなぁ。あの高さで岩に叩き付けられたら、それこそ無事じゃ済まない。

しかもその原因は、お馴染みのあの不気味なトーンが奏でる「かごめかごめ」。その後のアナログモデム的なピーガー音で、HUGが暴走したとしか思えない。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第15話)

思わずゾッとした。海翔[ CV:木村良平 ]愛理[ CV:釘宮理恵 ]の言われるがままにやってきた君島コウ[ CV:森川智之 ]の家。その廃墟は・・・。

そう、紛れもなくフラウ[ CV:名塚佳織 ]がガンヴァレル最終話の映像から抜き出した、サブリミナルカットの場所だよね。ここでガンヴァレルと君島コウが一気に繋がった。それも相まって、しばらく背筋がゾクゾクしてたわ。

加えて、その地下に眠る棺のような箱。これもまた、見た瞬間に「人が入ってる!」と直感した。もしや、死んだはずの君島コウがいるのか?とおも思ったけど、愛理の"本体"の方か。それも可能性としては、あるのかなと思ったんだよね。愛理が「家に帰る」と言い出したあたりから、なんとなく。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第14話)

数多いるゲームのヒロインの中でも、フラウ[ CV:名塚佳織 ]に関しては、「攻略出来なくても構わない」ひとりだと思ってたんだけどなぁ。今回のフラウは反則だわ。何よりも、あのキスはずるい(笑)。

外出するときは何とも形容しがたい異様な髪型をしているフラウだけど、俺はどう見ても部屋にいるときの普通に下ろしてる髪型の方が良いと思うんだけど。まぁそのへんの微妙すぎるセンスがあってこその、フラウなんだろうけど・・。それがまさか、あそこまで海翔[ CV:木村良平 ]に夢中になるとは。

今回のロボット暴走は、結果的に海翔のおかげで防がれたわけだけど、みさ希[ CV:井上喜久子 ]の異様に落ち着き払った態度は、やっぱり引っかかるよね。こうなることを知っていた上に、この混乱を防ごうともせず、しかし歓喜するわけでもなく。ただ淡々とみているだけ。

これだけの惨事をほとんど感情を表に出さずに見ているって事が、下手に歓喜されるよりもむしろ不気味だ。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBOTICS;NOTES(第13話)

「ロボットの反乱」と聞くとあまりにもSFな世界観を想像してしまうけれど、「太陽嵐」という自然現象が、結果としてそれを引き起こす。途端にリアリティが増す。なによりも、「もしかするとそれを誰かが画策したんじゃないか?」とさえ、思えるくらいにね。

種子島からは関東で何が起こっているのか、テレビの映像越しでしか分からない故、まだ全てを判断できる状況ではない。加えて、どうして今回の件に絡んでフラウ[ CV:名塚佳織 ]のツイぽが乗っ取られたのか。それはおそらくキルバラが絡んでいるはずなんだけど・・・。

そしてエグゾスケルトン。これまでのみさ希[ CV:井上喜久子 ]澤田[ CV:三木眞一郎 ]の会話から察するに、今回の事態はおそらく彼らの想定していた範囲のはず。

何となくエグゾスケルトンが「悪巧みをしている」とすり込まれていたけれど、もしかして彼らはこの事態を打開するための秘策を持ってたりする?もしそうだったら、ちょっと嬉しいっていう願望込み。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金