TIGER&BUNNY

TIGER&BUNNY(最終話:第25話)

▼最終話
こんな事で虎徹[ CV:平田広明 ]が死ぬわけがない!という視聴者の期待にお応えして、思いっきり白けた復活の合い言葉と共に虎徹が帰還。ま~分かってはいたけれど、最後の最後まで虎徹の空気のよめなさ加減は、もう芸術の域ですな。

そんな虎徹の復活以上に驚きだったのは、ブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]の反応だ。「心配させないでよね!」的なツンモード発動かと思いきや、まさか大泣きして虎徹に抱きつくとは・・。これは一気に二人の中も進展か?と期待をさせつつ、ブルーローズと虎徹の絡みはここでお終い。

しかしストーリーそのものは、何とも微妙な終幕となった。最後は自らの力自らの記憶と、そして人格すら消してしまったマーベリック[ CV:福田信昭 ]。そのマーベリックもルナティック[ CV:遊佐浩二 ]に殺され・・・。

新聞など随所のインタビューで監督が「2期あるかもよ」的な発言をしていたとは言え、これは意外とスッキリ終わりそうだと思っていただけに、未だ全容の見えないウロボロスと、そして「バツイチ子持ちを落とす100の方法」なる指南書を熟読していたカリーナ。2期に向けた仕込みも万全だ。

ところで、サマンサおばさんは無事救出されたんだろうか?

▼古典的なヒーロー物
この作品のストーリーは、日本のアニメ的というよりは、B級ハリウッド映画的なそれに近いような気がする。裏の裏をかく心情描写や世界観を深く描き出すための演出とか、そういう精緻な技法にはたよらず、ひたすら直球勝負!TIGER&BUNNYの場合、これがドンピシャだった。正義と悪の構図がはっきりしていて、世界観もすぐに頭に入ってくる。このわかりやすさが良い。

▼ストーリーと絡み合うキャラクター
そんな直球ストーリーと、そしてそこらに居そうな普通のおっさんサラリーマン虎徹と、イケメンヒーローバーナビー[ CV:森田成一 ]。これがまた絶妙な組み合わせ。正義をひたすらに貫き通す虎徹の生き様は、誰が見ても"格好いい"と思うし、虎徹が活躍してくれるとスカッとした気分になれる。フィクションの世界に生きながら、虎徹にはものすごく親近感を感じた。

▼商業的な成功
放送開始当時、その目新しい広告手法から「果たして商業的にどうなるか?」という疑問があった。結果として、この作品はおそらく商業的に成功した部類に入るはず。初回生産分がそんなに多くなかったとは言え、Blu-rayの1巻はかなりの長期にわたって品切れだったし、ヒーローたちへのスポンサードもかなり問い合わせがあったと新聞記事で読んだ。

だからといって、決してスポンサーに媚びるようなストーリーにはなっていなかった点には好感が持てる。今回は実験的な意味合いが強かったとは思うけれど、こういう新しい資金集めの方法にチャレンジした作品が成功してくれると、アニメーション業界の未来も少し明るくはならないだろうか?

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第24話)

虎徹[ CV:平田広明 ]バーナビー[ CV:森田成一 ]のピンチを、そしてとらえたヒーロー達の疑心暗鬼をほくそ笑むロトワング[ CV:宮本充 ]。そのロトワングを鋭く睨みつけるのは、[ CV:日高里菜 ]だ!

この状況を打開してくれる1つのきっかけが、彼女になるのは間違いないと思っていた。ポイントは、楓が今現在持っているNEXTの能力が、誰の能力なのかって事。誰の能力で、どんな方法でこの状況を好転させられるだろうか?いろいろな考えを巡らせていたところで、彼女が正解を教えてくれた。

しかも楓のブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]の能力の使い方が上手い!力業に頼るんじゃなくて、まずは自分の自由を確保。虎徹の娘とは思えないくらい、頭が切れるじゃないか。

H01破壊のため自らもダメージを負った虎徹。定石では、虎徹が死んでいるはずもないと思いたいけれど、どうも無事で済んでいる様子は無い。マーベリック[ CV:福田信昭 ]もまだ全然焦っている様子は無いし・・。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第23話)

もう虎徹[ CV:平田広明 ]だけではバーナビー[ CV:森田成一 ]を元に戻すことは、無理だろうか・・。そんな諦めムード漂う中、虎徹が口にした「バニーちゃん・・」という、バーナビーの愛称!これが決め手になるとは。

奇しくも、俺が21話の感想とかで「名前を呼べ!」と勝手に盛り上がっていた記憶回復術が、こんなところで効果を発揮するとは。そしてもう1つ。ブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]ですら記憶操作の前には見抜けなかった、あのニセタイガー。やはり中身はロボットか。

となれば、もしやマーベリック[ CV:福田信昭 ]斉藤さん[ CV:岩崎ひろし ]が手を貸しているのか?ここで登場したのが、ロトワング[ CV:宮本充 ]。なるほど、こういう形でストーリーが繋がるか。

アンドロイドタイガーはかなり手強そうな雰囲気だけど、ここは久々のコンビ復活。タイガー&バーナビーにスカッと決めてもらいたいね。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第22話)

これは完全にやられた・・。[ CV:日高里菜 ]のNEXTとしての能力は、[ CV: ]分かっていたはずなのに。勘のいい人なら、マーベリック[ CV:福田信昭 ]が楓の肩に手を置いた21話のあの場面で、ある程度先が読めたんじゃないか?

虎徹[ CV:平田広明 ]ベン[ CV:宝亀克寿 ]に偉そうに言い放った"秘策"が空振りなのは予定通りだっただけに、今回の楓の活躍は大きかったな~。俺は楓が出てきてもむしろ虎徹の足手まといになるのでは?と思ってたくらいだ。

それでもだ。虎徹の説得作戦にブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]が反応してくれたじゃないですか!虎徹の「うれしかったぜ。」の一言で、完全にノックアウトだな、これは。

これでようやく対マーベリックでヒーロー一致団結と思いきや、まだバーナビー[ CV:森田成一 ]が残ってる。そしてニセタイガーの中身は?俺はあのタイガーは人間入ってないと思うんだけど。どうだろ。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第21話)

俺も最後の砦だと思っていたベン[ CV:宝亀克寿 ]も、既にマーベリック[ CV:福田信昭 ]の手に落ちているのか?ヤキモキさせる演出だったけど、まずは虎徹[ CV:平田広明 ]が落ち着いて話が出来る相手がいて、ホッとした。

虎徹と対峙したブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]が、もしかしたらもう少しで?という所まで説得できたんだけどなぁ。後一押し。俺は名前(カリーナ)を呼んであげれば、もしかして?とず~っと思っていただけに、「呼べ!呼んでくれ!」と思わず力が入ってしまった。

そして、流石にこの状況になれば、虎徹もマーベリックに騙されたと気づいたみたい。何よりも救いだったのは、仕事を辞めて家に帰る、帰らないで険悪になっていた[ CV:日高里菜 ]が、虎徹を信じてくれたこと!もちろん、虎徹はまだ知らないんだけど、勝手に一人で勇気づけられて盛り上がってました。

しかしだ。まさか楓がそのままシュテルンビルトに来てしまうとは。いざとなったときの楓の行動力、恐るべし。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第20話)

マーベリック[ CV:福田信昭 ]がコーヒーに仕込んだ薬。もちろん、虎徹[ CV:平田広明 ]がこれに気づくわけもなく、口をつけることなくスルーできたのはホントに偶然だと思った。しかしだ、まさかあのピンバッジが本当に自分の物だと思って拾っていたとは・・・。しかもよりによってその事実をマーベリックへご報告。こりゃダメだ・・・。期待した俺がバカだった。

しかも虎徹がコーヒーに口をつけなかったが故、マーベリックはさらに大胆な作戦に打って出てきた。虎徹以外のヒーロー全員、しかも世間までが虎徹を"殺人犯"として追い立てる事になるとは。虎徹のあまりに脳天気な性格が招いた結果とは言え、本人は未だに事態を飲み込めてないみたいだし、先行きが不安。

とは言え、俺的にはこの状況を虎徹が相談できる心当たりがある。そう、虎徹の元上司、ベン[ CV:宝亀克寿 ]だ!もし虎徹がベンに相談するという方法を思いついたとしたら、おそらく彼なら虎徹の足りない脳みそを補ってくれると思うんだけど。

後は[ CV:日高里菜 ]なんだよなぁ。虎徹の味方になってくれると信じたいけど、ヒーローだったこと自体知らないわけだし。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第19話)

バーナビー[ CV:森田成一 ]の記憶に、"いい人"として残り続けていたマーベリック[ CV:福田信昭 ]。もうあとはコイツくらいしか疑わしい人間はいないぞ?ジェイク[ CV:藤原啓治 ]にシュテルンビルト全体を人質にされたときだって、冷静な判断で事を収めていただけに、安全パイとばかり思っていたが・・・。

バーナビーの記憶がおかしいってことは、これまでのストーリーから自明の展開だけど、マーベリックがNEXTだったとは。バーナビーが「記憶がおかしい」という事を告げたとき、「他に知っている人は?」という聞き方をしたあたりから、明らかに怪しくなってきた。ヒーローで稼ぐことを覚えたマーベリックが、バーナビーを殺してしまう事は考えにくかったとは言え、このままバーナビーが踊らされ続けるのを見ているのは辛い。

そして心配なのは、そのバーナビーの告白を聞いてしまっている虎徹[ CV:平田広明 ]。こちらも命を狙われる可能性は・・・・どうだろ?バーナビーと比べてその存在感が薄い虎徹の場合、必ずしも安全と言い切れないだけに心配だ。

バーナビーにヒーローを辞めようとしていた事が知られ、険悪なムードのまま。[ CV:日高里菜 ]には愛想を尽かされたまま。このまま虎徹が終わるはずがない!たぶん。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第18話)

ジェイク[ CV:藤原啓治 ]バーナビー[ CV:森田成一 ]の因縁のエピソードは終幕したと思っていたのに、意外な展開に。あの状況でクリーム[ CV:根谷美智子 ]が嘘を付いているとは考えづらい。

一度は[ CV:日高里菜 ]のためにヒーローを辞める決意をしていた虎徹[ CV:平田広明 ]だけど、この状況では言い出せない。とは言え、俺は虎徹が本当にヒーローを辞めるつもりだったのか?ってことに、ちょっと疑問があるけどね。やっぱり誰かに止めて欲しい、ってのが本音じゃないのか?

もしもだ。もしも、楓が虎徹の仕事がワイルドタイガーだって知ったとしたら?この先のストーリーの展開として、その時の楓の反応と、そして楓と虎徹の関係がどうなるのか?ってあたりを、是非とも見せて欲しいな~。もちろん、家族の絆がより深まる!っていうエピソードとしてね。

それにしても、カリーナ[ CV:寿美菜子 ]はすっかりツンデレが板に付いてきたな。めんどくさいとか言われてるけど(笑)。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第17話)

え~、虎徹[ CV:平田広明 ]ヒーロー辞めちゃうの?そんでもって、[ CV:日高里菜 ]がまさかのNEXTって・・・。いつもとんでもない展開に驚かされるTIGER&BUNNYだけど、今回は相当にビックリしたわ。

しかし実家に帰っても、虎徹の心中が穏やかじゃなかった事はよく分かった。ヒーローというプライドを持っていた仕事を続けられないかもしれないという恐怖感。しばらく会っていなかった楓に、どう接して良いか分からないという焦燥。それでも、最後に何とか楓に救われた感じだな。

とは言え、虎徹が辞めると言い出したとして、果たして今のバーナビー[ CV:森田成一 ]が素直に受け入れるかなぁ?最初の頃なら「どうぞ、ご自由に」とか言い放ちそうだけど、今の二人の関係を考えると、そんなにドライな対応はできないはず。カリーナ[ CV:寿美菜子 ]も、止める気がするな。

家庭と仕事。まぁ分かりやすい構図だけども、虎徹の場合は仕事の内容が内容だけに、そんな簡単に割り切っているとはとても思えないな。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER&BUNNY(第16話)

ユーリ[ CV:遊佐浩二 ]がどうして"ルナティック"として、犯罪者を葬っているのか?正義を極端にこじらせた結果の愚行、くらいにしか考えていなかった。父親の暴力、それだけならまだしも、その父親が伝説のヒーロー、レジェンド[ CV:小杉十郎太 ]

方や虎徹[ CV:平田広明 ]というヒーローを生み、方やルナティックというNEXTを生んでしまったレジェンド。この妙にリアルで、そして人間くさいシナリオは、TIGER&BUNNYの一番の見所だよね。ましてや、能力減退というレジェンドと同じ道を辿ろうとしている虎徹。彼の苛立ちに対してどんな声をかければいい?もし彼がレジェンドの真の姿を知ったら?

バーナビー[ CV:森田成一 ]ジェイク[ CV:藤原啓治 ]への復讐で自分を見失っていたとき、さりげなく助けになっていたのは間違えなく虎徹だ。だからこそ、今回の虎徹のピンチ。ここはバーナビーのコンビ愛に期待したいな。

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST | 11eyes | 30歳の保健体育 | AKB0048 | AMNESIA | Angel Beats! | Another | Aチャンネル | BLOOD-C | BRAVE10 | BROTHERS CONFLICT | BTOOOM! | B型H系 | C3 | CANAAN | COPPELION | D.C.III | DARKER THAN BLACK | DEVIL SURVIVOR 2 | DOG DAYS | Fate/Zero | GA | GJ部 | GOSICK―ゴシック― | K | kiss×sis | NEEDLESS | No.6 | PandoraHearts | PSYCHO-PASS | R-15 | RAINBOW | RDG | Rio RainbowGate! | ROBOTICS;NOTES | STAR DRIVER | STEINS;GATE | TARI TARI | THE IDOLM@STER | TIGER&BUNNY | ToLoveる | true tears | UN-GO | WHITE ALBUM | WHITE ALBUM2 | WORKING!! | ZETMAN | 「C」 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あのはな | あの夏で待ってる | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | うさぎドロップ | うぽって!! | うみねこのなく頃に | うみものがたり | えびてん | えむえむっ! | おおかみかくし | おちんこ | おとめ妖怪ざくろ | おにあい | おまもりひまり | かなめも | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | この中に1人、妹がいる! | こばと。 | これはゾンビですか? | さくら荘のペットな彼女 | ささみさん@がんばらない | ささめきこと | さよなら絶望先生 | さらい屋五葉 | さんかれあ | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | それでも町は廻っている | たまこまーけっと | たまゆら | だから僕は、Hができない。 | ちはやふる | ちゅーぶら!! | つり球 | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | となりの怪物くん | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | のだめカンタービレ | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はたらく魔王さま! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | へうげもの | まおゆう魔王勇者 | ましろ色シンフォニー | まよチキ! | まりあ†ほりっく | みつどもえ | みなみけ | めだかボックス | もしドラ | もっとTo Loveる | ゆるゆり | よくわかる現代魔法 | よんでますよ、アゼザルさん。 | れでぃ×ばと! | アウトブレイク・カンパニー | アクエリオンEVOL | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アニメ・コミック | アマガミSS | アルカナ・ファミリア | イクシオン サーガ DT | インフィニット・ストラトス | エウレカセブンAO | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ! | カーニヴァル | ガリレイドンナ | ガンダムUC | ガールズ&パンツァー | キディ・ガーランド | キューティクル探偵因幡 | キルミーベイベー | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | クロスゲーム | グイン・サーガ | ココロコネクト | ゴールデンタイム | サーバント×サービス | シャイニング・ハーツ | シャングリ・ラ | ジャイアントキリング | ステラ女学院高等科C3部 | ストライクウィッチーズ2 | ストライク・ザ・ブラッド | セイクリッドセブン | セキレイ~Pure Engagement~ | ゼロの使い魔 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ソードアート・オンライン | タユタマ -Kiss on my Deity- | ダンガンロンパ | ダンスインザヴァンパイアバンド | ダンタリアンの書架 | ティアーズ・トゥ・ティアラ | テガミバチ | デッドマン・ワンダーランド | デュラララ!! | デート・ア・ライブ | トータル・イクリプス | ドラゴンクライシス! | ハイスクールDxD | ハヤテのごとく!! | ハヤテのごとく! | バカとテストと召喚獣 | バクマン。 | バスカッシュ! | パパのいうことを聞きなさい! | ビビッドレッド・オペレーション | ファイト一発!充電ちゃん!! | ファントム | フォトカノ | フラクタル | フリージング | ブラック★ロックシューター | ブラッドラッド | プリンセスラバー! | ベン・トー | ペルソナ4 | ポリフォニカ | マギ | マクロスF | マケン姫っ! | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ヨルムンガンド | ラストエグザイル | ラブライブ! | リストランテ・パラディーゾ | リトルバスターズ! | レベルE | ロウきゅーぶ! | ローゼンメイデン | ワタモテ | 世界でいちばん強くなりたい! | 世紀末オカルト学院 | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 亡念のザムド | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伝説の勇者の伝説 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 俺ガイル | 俺修羅 | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 八犬伝 | 刀語 | 初恋限定。 | 劇場版 | 勇しぶ | 化物語 | 君と僕。 | 君に届け | 咎狗の血 | 咲-Saki- | 問題児たちが異世界から来るそうですよ? | 四畳半神話大系 | 坂道のアポロン | 境界の彼方 | 境界線上のホライゾン | 変ゼミ | 変態王子と笑わない猫。 | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 夏色キセキ | 夏雪ランデブー | 夜桜四重奏 | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 好きっていいなよ。 | 妖狐x僕SS | 学園黙示録 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍鬼 | 心霊探偵八雲 | 怪盗天使ツインエンジェル | 恋と選挙とチョコレート | 恋愛ラボ | 惡の華 | 戦う司書 | 戦国BASARA | 戦国コレクション | 戦国乙女 | 戦場のヴァルキュリア | 戦姫絶唱シンフォギア | 放浪息子 | 断裁分離のクライムエッジ | 新世界より | 新番組 | 日常 | 日記・コラム・つぶやき | 星空へ架かる橋 | 最終回 | 未来日記 | 東のエデン | 東京マグニチュード8.0 | 東京レイヴンズ | 機動戦士ガンダムAGE | 武装神姫 | 氷菓 | 海月姫 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料II | 琴浦さん | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 男子高校生の日常 | 異国迷路のクロワーゼ | 真剣で私に恋しなさい!! | 真面目アニメネタ | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神様のメモ帳 | 神様はじめました | 神様ドォルズ | 絶園のテンペスト | 緋弾のアリア | 緋色の欠片 | 織田信奈の野望 | 翠星のガルガンティア | 聖剣の刀鍛冶 | 聖痕のクェイサー | 脳内コメ | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 蒼き鋼のアルペジオ | 蒼天航路 | 薄桜鬼 | 裏切りは僕の名前を知っている | 謎の彼女X | 貧乏神が! | 輪るピングドラム | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 逆境無頼カイジ | 這いよれ!ニャル子さん | 進撃の巨人 | 銀の匙 | 鋼殻のレギオス | 閃乱カグラ | 閃光のナイトレイド | 電波女と青春男 | 青い花 | 青の祓魔師 | 革命機ヴァルヴレイヴ | 魔乳秘剣帖 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア | 黒執事Ⅱ | 黒子のバスケ | 黒神 The Animation